Create issue ticket

考えれる605県の原因 末梢性筋障害

  • ビタミンB12欠乏

    目次 1 歴史 2 症候 3 脳血管障害 4 認知症疾患 5 変性疾患 6 脱髄疾患 7 運動ニューロン疾患 8 末梢神経障害 9 感染疾患 10 疾患 11 神経・筋接合部疾患 12 機能性疾患 13 脚注 14 関連項目 15 外部リンク 歴史 [ 編集 ] 「神経学」は「Neurology(脳神経など 臓器 としての神経学)」[ja.wikipedia.org] (ALS) 脊髄萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) Charcot-Marie-Tooth病 周期性四肢麻痺 糖尿病 性神経障害 単神経炎[ja.wikipedia.org] 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症 進行性核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 萎縮側索硬化症[ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    目次 1 歴史 2 症候 3 脳血管障害 4 認知症疾患 5 変性疾患 6 脱髄疾患 7 運動ニューロン疾患 8 末梢神経障害 9 感染疾患 10 疾患 11 神経・筋接合部疾患 12 機能性疾患 13 脚注 14 関連項目 15 外部リンク 歴史 [ 編集 ] 「神経学」は「Neurology(脳神経など 臓器 としての神経学)」[ja.wikipedia.org] (ALS) 脊髄萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) Charcot-Marie-Tooth病 周期性四肢麻痺 糖尿病 性神経障害 単神経炎[ja.wikipedia.org] 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症 進行性核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 萎縮側索硬化症[ja.wikipedia.org]

  • 酒害

    ビタミン欠乏障害は、全身のさまざまな神経で起こります。 アルコール末梢神経障害は、手足の末梢にしびれ感、痛み、脱力、萎縮を起こします。ビタミンB1の欠乏で起こるウェルニッケ脳症では、無欲状態になり、眼球運動障害(眼があまり動かなくなる)、眼振(眼球がリズミカルに動く)、失調性歩行(酔ったようにふらふら歩く)が起こります。[alcoholic-navi.jp]

  • 緊張性尿失禁

    原因としては,中枢神経系(例,脳卒中,脊髄外傷,脊髄髄膜瘤,萎縮側索硬化症),末梢神経(例,糖尿病性,アルコール依存性,ビタミンB 12 欠乏性の神経障害,椎間板ヘルニア,骨盤内手術による損傷),またはその両方(例,パーキンソン病,多発性硬化症,梅毒)が関与する場合がある。[msdmanuals.com]

  • 寒冷暴露

    臨床的には [8] 、 細胞機能の低下・酸素消費量の低下 エネルギー産生の低下 臓器機能低下 血漿成分の血管外漏出 蛋白成分の低下 尿細管再吸収低下・低比重尿の増加(colddiuretics) 血液濃縮 細胞膜Na/K ATPaseの活性低下 Naの細胞内移行とKの細胞外移行(電解質異常) 組織血液低還流、末梢循環障害による代謝 アシドーシス[ja.wikipedia.org] 、乳酸上昇 症状としては [8] 、 筋肉代謝系 軽度低体温では骨格は戦慄( シバリング )する 中等度低体温では戦慄は消失 高度低体温では筋は硬直する 神経系 感情鈍磨から昏睡状態へ 呼吸系 頻呼吸から徐呼吸・呼吸停止へ 循環系 頻脈から徐脈・心停止へといずれも抑制的に働く。[ja.wikipedia.org]

  • ニューロパチー

    NCNP病院の診療科・専門疾病センター 末梢神経障害・ニューロパチーではどのような検査を行うのですか? 血液検査や電気生理学的検査(末梢神経伝導検査、体誘発感覚電位、針電図)が一般的に行われます。中枢神経から末梢神経が枝分かれする部位での障害が疑われる場合には、脳や脊髄のMRIを撮像します。[ncnp.go.jp] 抄録 糖尿病性ポリニューロパチーは(1)上肢より下肢優位の, (2)左右対称性の感覚障害を特徴とし,診察では(1)アキレス腱反射の低下・消失と(2)振動覚低下の確認が重要である.臨床的に明らかな筋力低下・萎縮,自律神経症状は,進行期の徴候と理解すべきである.糖尿病神経障害は緩徐に進行する末梢神経変性疾患であり,無症候期から顕性化の予防に[jstage.jst.go.jp] 神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com]

  • 慢性アルコール依存症

    ビタミン欠乏障害は、全身のさまざまな神経で起こります。 アルコール末梢神経障害は、手足の末梢にしびれ感、痛み、脱力、萎縮を起こします。ビタミンB1の欠乏で起こるウェルニッケ脳症では、無欲状態になり、眼球運動障害(眼があまり動かなくなる)、眼振(眼球がリズミカルに動く)、失調性歩行(酔ったようにふらふら歩く)が起こります。[alcoholic-navi.jp] ,痙麻痺,失調,振戦,硬直なども出現する.血中ナイアシン値は低下する.治療にはナイアシン,ビタミン剤を投与する. d)Marchiafava-Bignami病:アルコールに関連して脳梁の中心部の脱髄壊死を生じ,病変は前交連,後交連,半卵円中心,皮質下白質,中小脳脚へと左右対称性に広がるが,脳梁の上下最外層や灰白質は侵されない.成因は不明[kotobank.jp] 赤血球中トランスケトラーゼ活性が低下する.治療はVB 1 を投与する. c)ペラグラ(pellagra):アルコールによるニコチン酸欠乏で起こる.顔面,手・足背など日光露出部に紅斑,色素沈着,皮膚肥厚(ペラグラ疹)を認める.下痢,舌炎,胃液分泌欠乏などの胃腸症状や貧血に続いて健忘,譫妄,錯乱,幻覚,妄想などの精神症状,ときに認知症を認める.末梢神経障害[kotobank.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    、記憶障害(物忘れ,認知症),脊髄障害末梢神経障害疾患、髄膜脳炎、多発硬化症、重症筋無力症、多発筋炎、脳血管障害、頭痛、てんかん、不随意運動 呼吸器内科 呼吸器内科 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺繊維症等びまん性肺疾患、呼吸不全、肺炎及び呼吸器感染症、睡眠時無呼吸症候群、肺癌(内視鏡診断・化学療法)、胸膜中皮腫、禁煙支援 消化器内科[hosp.kobe-u.ac.jp] 白血病・悪性リンパ腫・骨髄腫・成人T細胞白血病など)に対する治療、造血幹細胞移植(骨髄移植、臍帯血移植など) 血液内科 血液内科 出血・血栓性疾患(紫斑病・凝固異常)、難治性貧血(再生不良性貧血、溶血性貧血) 感染症内科 感染症内科 感染症全般、結核、エイズ、輸入感染症、予防接種など 脳神経内科 脳神経内科 パーキンソン病、脊髄小脳変性症、萎縮側索硬化症[hosp.kobe-u.ac.jp]

  • 末梢神経障害

    NCNP病院の診療科・専門疾病センター 末梢神経障害・ニューロパチーではどのような検査を行うのですか? 血液検査や電気生理学的検査(末梢神経伝導検査、体誘発感覚電位、針電図)が一般的に行われます。中枢神経から末梢神経が枝分かれする部位での障害が疑われる場合には、脳や脊髄のMRIを撮像します。[ncnp.go.jp] ・視神経脊髄炎などの中枢脱髄疾患,神経感染症,小脳失調症,高次脳機能障害,運動ニューロン疾患,末梢神経疾患そして疾患の12領域を抽出し,それぞれ1冊単位の独立したモノグラフとしました.ただし,各巻相互に統一性を持たせるため,編集骨格は神経内科診療の現場で遭遇する疑問・課題を,諸疾患の診療ガイドラインで一般化した「Clinical Questions[chugaiigaku.jp] 2.重症無力症 重症無力症では、末梢神経と筋肉のつなぎ目である、神経接合部が障害されます。この疾患には先天と後天性の2つのタイプがあります。先天性は、神経筋接合部のアセチルコリン受容体の欠損や異常により起こります。後天性は、アセチルコリン受容体に対する抗体が産生され、受容体の機能が低下することで起こります。[animalhospital.gifu-u.ac.jp]

  • むずむず脚症候群

    目次 1 歴史 2 症候 3 脳血管障害 4 認知症疾患 5 変性疾患 6 脱髄疾患 7 運動ニューロン疾患 8 末梢神経障害 9 感染疾患 10 疾患 11 神経・筋接合部疾患 12 機能性疾患 13 脚注 14 関連項目 15 外部リンク 歴史 [ 編集 ] 「神経学」は「Neurology(脳神経など 臓器 としての神経学)」[ja.wikipedia.org] (ALS) 脊髄萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) Charcot-Marie-Tooth病 周期性四肢麻痺 糖尿病 性神経障害 単神経炎[ja.wikipedia.org] 脊髄小脳変性症 ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症 進行性核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 萎縮側索硬化症[ja.wikipedia.org]

さらなる症状