Create issue ticket

考えれる503県の原因 末梢性多発神経障害

  • 運動失調

    脳卒中後の片麻痺による筋トーヌス(骨格筋が常に保持する一定の緊張度)の亢進や、パーキンソン病で認められる筋固縮(筋硬直)や、糖尿病多発神経炎の末梢感覚障害などにおいては運動が円滑に行われず不安定で、失調を呈する。しかし運動失調を起こす最も代表的な疾患は小脳疾患であり、様々な障害が引き起こされて、結果的に運動失調を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    自律神経の傷害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。 症状の現れ方は、傷害される末梢神経の分布により、多発末梢神経障害と単末梢神経障害に分けられます。多発末梢神経障害では手足、特に両足のしびれが多くみられます。[nukada.jimdo.com] また、末梢神経障害は、全身の末梢神経多発的に生じる「多発末梢神経障害」と、主に一つの神経に生じる「単末梢神経障害」とに分類されます。「多発末梢神経障害」の原因は、 糖尿病 などによる全身の代謝性疾患、薬剤・重金属などによる中毒性疾患や感染の疾患、及び遺伝や特発(原因が不明)のものなどがあります。[saiseikai.or.jp] 多発骨髄腫治療薬 ボルテゾミブ(商品名ベルケイド)やサリドマイドも末梢神経障害が多い薬剤として知られています。 e. その他の要因 ・がんのタイプ:肺がん,乳がん,卵巣がん,前立腺がん,多発骨髄腫やホジキンリンパ腫などでは,病気自体でも,また治療(上記の抗がん)によっても末梢神経障害を引き起こす可能性があります。[clinicalscience.info]

  • 多発性神経炎

    末梢[まつしよう]神経が障害される病気で、手足に運動障害や、しびれや痛みなど感覚障害が起こります。1本の末梢神経障害される単神経炎のほかに、左右対称に、系統的に障害される 多発神経炎 と、複数の末梢神経障害される 多発単神経炎 があります。[cocokarada.jp] 多発神経炎(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝疾患などにより手や足の末梢神経障害を生じる病気である。多発ニューロパチーとも称される。多発性神経炎と多発性神経根炎に分けることもある。 主に次のような原因がある。 中毒ヒ素や鉛、薬品(医薬品や農薬等)などによるもの。アルコールの慢性中毒によるものもある。[ja.wikipedia.org] 神経炎は,(1)単神経炎(単一の末梢神経障害),(2)多発神経炎(2本以上の神経障害),(3)多発神経炎(左右対称で四肢末梢優位の症状を呈する,多数の神経のびまん性の障害)に分類される。[kotobank.jp]

  • ニューロパチー

    自律神経の傷害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。 症状の現れ方は、傷害される末梢神経の分布により、多発末梢神経障害と単末梢神経障害に分けられます。多発末梢神経障害では手足、特に両足のしびれが多くみられます。[nukada.jimdo.com] G629 B26E 8 多発神経障害 G629 KTD1 9 反復多発神経炎 G629 LVD6 10 末梢神経炎 G629 QUDA 11 末梢神経障害 G629 VB2H[dis.h.u-tokyo.ac.jp] この状態を末梢神経障害(ニューロパチー)といいます。 慢性 ( まんせい ) 炎症 ( えんしょうせい ) 脱髄 ( だつずいせい ) 多発 ( たはつ ) 根 ( こん ) 神経炎 ( しんけいえん ) (CIDP)や 多巣 ( たそうせい ) 運動 ( うんどう ) ニューロパチー(MMN)はこの末梢神経が障害される病気です。[nihon-pharm.co.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) Charcot-Marie-Tooth病 周期性四肢麻痺 糖尿病 性神経障害 単神経炎 多発神経炎 むずむず[ja.wikipedia.org] パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症 進行性核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄筋萎縮症[ja.wikipedia.org]

  • 自律神経性ニューロパチー

    自律神経の傷害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。 症状の現れ方は、傷害される末梢神経の分布により、多発末梢神経障害と単末梢神経障害に分けられます。多発末梢神経障害では手足、特に両足のしびれが多くみられます。[nukada.jimdo.com] 全身末梢神経症 特発ニューロパチー その他の多発)ニューロパチ シ ー スモン 薬物誘発多発ニューロパチー アルコール多発ニューロパチー 中毒ニューロパチー 多発神経障害 末梢神経多発神経多発ニューロパチー 反復多発神経末梢神経障害 他に分類される疾患における多発)ニューロパチ シ ー[scuel.me] また、末梢神経障害は、全身の末梢神経多発的に生じる「多発末梢神経障害」と、主に一つの神経に生じる「単末梢神経障害」とに分類されます。「多発末梢神経障害」の原因は、 糖尿病 などによる全身の代謝性疾患、薬剤・重金属などによる中毒性疾患や感染の疾患、及び遺伝や特発(原因が不明)のものなどがあります。[saiseikai.or.jp]

  • 不眠症

    (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) Charcot-Marie-Tooth病 周期性四肢麻痺 糖尿病 性神経障害 単神経炎 多発神経炎 むずむず[ja.wikipedia.org] パーキンソン病 大脳皮質基底核変性症 進行性核上性麻痺 多系統萎縮症 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄筋萎縮症[ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気

    末梢神経障害は、一つの末梢神経にのみ障害がみられる場合を単神経障害、非対称に複数の末梢神経障害がみられる場合を多発単神経障害、左右対称でいわゆる手袋靴下型に障害がみられる場合を多発神経障害といいます。[neurology-jp.org] しびれを引き起こす主な病気 障害部位 疾患 ① 大脳、脳幹、脳神経 脳梗塞、脳出血、脳腫瘍 多発性硬化症、脳炎、三叉神経痛など ② 脊髄、脊髄神経根 脊椎症、脊椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症 脊髄梗塞、脊髄動静脈奇形、脊髄動静脈瘻 多発硬化症、脊髄炎 亜急性連合性脊髄変性症、HTLV-1関連脊髄症など ③ 末梢神経 単神経障害[neurology-jp.org]

  • 緊張性尿失禁

    中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮癌、直腸癌術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp] 原因としては,中枢神経系(例,脳卒中,脊髄外傷,脊髄髄膜瘤,筋萎縮性側索硬化症),末梢神経(例,糖尿病,アルコール依存性,ビタミンB 12 欠乏性の神経障害,椎間板ヘルニア,骨盤内手術による損傷),またはその両方(例,パーキンソン病,多発性硬化症,梅毒)が関与する場合がある。[msdmanuals.com]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    自律神経の傷害では、立ちくらみ、排尿障害、発汗異常、勃起不全、下痢・便秘などがおこります。 症状の現れ方は、傷害される末梢神経の分布により、多発末梢神経障害と単末梢神経障害に分けられます。多発末梢神経障害では手足、特に両足のしびれが多くみられます。[nukada.jimdo.com] E104 G632 A2FU 11 1型糖尿病多発ニューロパチー E104 G632 VDLN 12 1型糖尿病末梢神経障害 E104 G632 M3S3 13 2型糖尿病神経痛 E114 G632 ELRG 14 2型糖尿病多発ニューロパチー E114 G632 D05D 15 2型糖尿病末梢神経障害 E114 G632 SJ71[dis.h.u-tokyo.ac.jp] ページトップ 末梢神経障害 1)末梢神経障害による症状 最も多く見られるのは、末梢神経多発神経障害による症状です。多くは、左右対称に見られ、足先から徐上に範囲が広がります。現れる症状は、足先のしびれ、異常知覚、足の痛みなどです。[totucare.com]

さらなる症状