Create issue ticket

考えれる4県の原因 末梢の血管減弱

  • 大動脈縮窄症

    本症の高血圧の成因には,大動脈縮窄部位からの動脈反射波の増大 798),799) ,上半身の末梢血管抵抗の増加や大動脈のWindkessel作用のなどの機械的因子に加え,RA系や交感神経系の関与も知られている 800) 。[minds.jcqhc.or.jp]

  • クロニジン中毒

    交感神経刺激剤 アドレナリン等 相互の薬剤の効果がする。また,血管収縮,血圧上昇をきたすことがあるので注意すること。 非選択性のβ遮断剤により末梢血管のβ受容体が遮断された状態でアドレナリンなどの交感神経作動薬が投与されると,α受容体を介する血管収縮作用のみがあらわれる。 また,徐脈は副交感神経の反射によるものである。[info.pmda.go.jp] 交感神経刺激剤 アドレナリン等 相互の薬剤の効果がする。また、血管収縮、血圧上昇をきたすことがあるので注意すること。 非選択性のβ遮断剤により末梢血管のβ受容体が遮断された状態でアドレナリンなどの交感神経作動薬が投与されると、α受容体を介する血管収縮作用のみがあらわれる。 また、徐脈は副交感神経の反射によるものである。[maruho.co.jp]

  • 二次結節性多発動脈炎

    本症の高血圧の成因には,大動脈縮窄部位からの動脈反射波の増大,上半身の末梢血管抵抗の増加や大動脈のWindkessel作用のなどの機械的因子に加え,全身の血管リモデリングの進行やRA系・交感神経系の関与などが知られている。[minds.jcqhc.or.jp]

  • ドブタミン

    (相互作用) 併用注意:β遮断剤(塩酸プロプラノロール等)[本剤の効果の末梢血管抵抗の上昇等が起こる恐れがある( 機序 本剤のβ受容体刺激作用が遮断され、α受容体刺激作用が現れる恐れがある 危険因子 β遮断剤投与中の患者及び最近にβ遮断剤の投与を受けていた患者)]。[medical.nikkeibp.co.jp] 相互作用 併用注意 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 β遮断剤 プロプラノロール塩酸塩等 本剤の効果の末梢血管抵抗の上昇等が起こるおそれがある。 機序:本剤のβ受容体刺激作用が遮断され、α受容体刺激作用があらわれるおそれがある。[meds.qlifepro.com]

さらなる症状