Create issue ticket

考えれる13県の原因 末期腎疾患発生

  • 下部尿路感染症

    逆流性症は小児期から若年者の末期障害の原因として5-6%を占めることが知られている重要な疾患です。家族内発生が25-50%と高いことも特徴です。[jspu.jp]

  • 口臭

    他には、肝硬変や不全の末期には、疾患特有の口臭が発生します。 口臭をともなう疾患 1 虫歯 虫歯は、主に歯垢の中にいる細菌が、口の中に残った食べかすを栄養にして増殖し、その際つくりだした酸が歯を溶かしてしまうことで起こります。まず、歯の変色がみられ、次いで冷たいものや熱いものを口にするとしみるような痛みを感じます。[takeda-kenko.jp]

  • 腹水

    やうっ血性心不全による肝類洞圧の上昇が腹水発生の要因となる.末期不全に伴う腹水の発現機序としては透析療法に伴う慢性水負荷に伴う肝うっ血,腹膜透過性亢進,腹膜リンパ管灌流障害,低アルブミン血症などの複合要因が考えられる. c)心臓性腹水:うっ血性心不全では肝類洞圧が上昇し,門脈圧が亢進する.さらに,心拍出量の低下のために有効循環血液量が減少[kotobank.jp] 一酸化窒素(NO)などがある.また,交感神経系,エンドセリン,NOなどに共通する刺激因子として腸管由来のエンドトキシンの意義が見直されてきている. b)腎性腹水:ネフローゼ症候群では低アルブミン血症による膠質浸透圧の低下に伴い,全身性浮腫とともに腹水をきたすことがあり,小児患者にその頻度が高い.成人では膠質浸透圧の低下だけではなく,合併する肝疾患[kotobank.jp]

  • X連鎖知的障害 - 精神病 - 巨精巣症候群

    CAKUT の最も重篤な症例(両側性無形成症、形成不全、異形成、閉塞性尿路症、および逆流性症)は小児末期不全 (ESRD) の主な原因となる。本疾患発生学的基準で3つの主要なカテゴリーに分類することができる。すなわち ...[kegg.jp]

  • 低位肛門直腸奇形

    CAKUT の最も重篤な症例(両側性無形成症、形成不全、異形成、閉塞性尿路症、および逆流性症)は小児末期不全 (ESRD) の主な原因となる。本疾患発生学的基準で3つの主要なカテゴリーに分類することができる。すなわち ...[kegg.jp]

  • 側方髄膜瘤症候群

    CAKUT の最も重篤な症例(両側性無形成症、形成不全、異形成、閉塞性尿路症、および逆流性症)は小児末期不全 (ESRD) の主な原因となる。本疾患発生学的基準で3つの主要なカテゴリーに分類することができる。すなわち ...[kegg.jp]

  • 肝性口臭

    他には、肝硬変や不全の末期には、疾患特有の口臭が発生します。 口臭をともなう疾患 1 虫歯 虫歯は、主に歯垢の中にいる細菌が、口の中に残った食べかすを栄養にして増殖し、その際つくりだした酸が歯を溶かしてしまうことで起こります。まず、歯の変色がみられ、次いで冷たいものや熱いものを口にするとしみるような痛みを感じます。[takeda-kenko.jp]

  • 正常なストマチンの遺伝性水晶細胞増多症

    ネフロンの傷害(insult to the nephron)がまず糸球体に生じると、タンパク尿が発生する。そして最終的にはタンパク尿が、残存するネフロンに損傷(damages)を引き起こす。しかし、末期疾患(end-stage renal disease:ESRD)として発見されるまで、初期の糸球体傷害に気付かずに経過する可能性がある。[monolis.com]

  • ヒルシュスプルング病 - 爪発育不全 - 異形症

    CAKUT の最も重篤な症例(両側性無形成症、形成不全、異形成、閉塞性尿路症、および逆流性症)は小児末期不全 (ESRD) の主な原因となる。本疾患発生学的基準で3つの主要なカテゴリーに分類することができる。すなわち ...[kegg.jp]

  • 骨格異形成症 - 知的障害症候群

    CAKUT の最も重篤な症例(両側性無形成症、形成不全、異形成、閉塞性尿路症、および逆流性症)は小児末期不全 (ESRD) の主な原因となる。本疾患発生学的基準で3つの主要なカテゴリーに分類することができる。すなわち ...[kegg.jp]

さらなる症状