Create issue ticket

考えれる353県の原因 末期腎疾患

  • 結核

    結核(けっかく、Tuberculosis)とは、マイコバクテリウム属の細菌、主に結核菌 (Mycobacterium tuberculosis) により引き起こされる感染症。結核菌は1882年にロベルト・コッホによって発見された。日本では、明治初期まで肺結核は労咳(癆痎、ろうがい)と呼ばれていた。現在でも多くの人が罹患する病気で好発部位は肺であるが、全身の臓器・器官に感染し、顕著な症状を呈している部位名の前後に「結核」を付け加えるなどした呼び方により細分化される(肺結核、肺外結核、カリエス参照)。 世界保健機関 (WHO)[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    末期腎臓病全体の約4%が閉塞性尿路疾患によるものである。剖検では2 4%の患者で水症が認められる。[msdmanuals.com] 今月の主題 腎・尿路疾患 -一般診療から専門診療へ 富野康日己 (順天堂大学医学部腎臓内科) 本号では,「・尿路疾患-一般診療から専門診療へ」と題し,第一線でご活躍の腎臓専門医にわかりやすく解説していただいた。[igaku-shoin.co.jp] 現在わが国で末期不全から維持透析療法を受けている患者は,25万人を超えているが,透析療法の導入を抑制・阻止することは,われわれ腎臓専門医にとって最も重要な課題である。また,透析療法導入後は社会復帰を含めた“より良い透析ライフ”を長期間継続できるようにすることも重要である。[igaku-shoin.co.jp]

  • 高血圧症

    高血圧症は心血管病(脳卒中および心疾患)の主要なリスク因子であり、慢性腎臓病や末期障害の発症リスクも上昇させるといわれています。 一方、降圧薬服用者のうち降圧目標である140/90 mmHg未満(収縮期血圧/拡張期血圧)にコントロールされている患者の割合は男性で約30%、女性で約40%にとどまっています。[daiichisankyo.co.jp]

  • 本態性高血圧症

    高血圧症は心血管病(脳卒中および心疾患)の主要なリスク因子であり、慢性腎臓病や末期障害の発症リスクも上昇させるといわれています。 一方、降圧薬服用者のうち降圧目標である140/90 mmHg未満(収縮期血圧/拡張期血圧)にコントロールされている患者の割合は男性で約30%、女性で約40%にとどまっています。[daiichisankyo.co.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性不全は糖尿病、糸球体炎、硬化症、多発性嚢胞、膠原病など様々な疾患が原因で発症し悪化します。現在、末期不全から透析導入に至る疾患は1位.糖尿病、2位.糸球体腎炎、3位.腎硬化症となっており、糖尿病、腎硬化症が増加しています。[zenjinkai-group.jp] 先天性疾患:多発性嚢胞腎、腎形成不全 尿路閉塞:結石、結核 膠原病:全身性エリテマトーデス 感染:腎盂腎炎、腎結核 糸球体疾患:糸球体腎炎、紫斑性腎炎 代謝性疾患:糖尿病、痛風 血管性疾患:高血圧、動脈硬化 腫瘍: 尿路系腫瘍 CKDの治療の目的について CKDの治療の目的は、透析が必要な末期不全への進行を遅らせることと、心血管疾患になるのを[nagai-clinic.com] CKDは進行してから治療に取り組んでも元の機能を取り戻すことができない不可逆的な疾患です。CKDが進行すれば不全になります。末期不全状態は命に関わる状態であり、心臓疾患や脳血管障害も起きやすくなります。[tyojyu.or.jp]

  • 糖尿病性腎症

    糖尿病性症の早期診断について 先進国では例外なく糖尿病性症(DMN)が末期不全に至る第一の原疾患となっています。日本でも、糸球体炎に基づいた末期腎不全が増加の一途をたどっています。しかし近年、欧米ではDMNに基づいた末期腎不全が明らかに減少に転じていると報告されるようになりました。 微量アルブミン尿の重要性![azumanaika.com] 慢性腎臓病の原因疾患 末期不全になってしまったら?(準備中) よくわかる慢性腎臓病[jinentai.com] 特に血管合併症は重要で、心筋梗塞や脳梗塞のような大血管合併症のみならず、網膜症や神経障害、そして症のような細小血管合併症を引き起こすのが特徴です。 糖尿病性症は末期不全に至ることが多く、透析導入原因疾患の第一位(約45%)となっており、社会的にも大きな問題となっています。[amc1nai.net]

  • 肥満

    糖尿病は、放置すると網膜症・症・神経障害などの合併症を引き起こし、末期には失明したり透析治療が必要となることがあり、また、脳卒中、虚血性心疾患などの心血管疾患の発症、進展を促進することも知られています。このような糖尿病の合併症は患者のQOLを著しく低下させるのみでなく、医療経済的にも大きな負担を社会に強いています。[mhlw.go.jp]

  • 腎機能障害

    (臨床症状が著しく、透析を必要とする時期) 尿素窒素の著明な上昇がみられる 10%以下 末期不全群(尿毒症期) 10ml/min以下 透析前 *注1 腎疾患の生活指導・食事療法ガイドラインより(社団法人 日本腎臓病学会編) 6 日常生活の注意 腎臓病の治療は安静、保温、薬物療法、食事療法が主体となります。[byouin.metro.tokyo.jp] GFRが15mL/分/1.73 未満になると、末期慢性不全となり透析が必要となります。 CKDでは原疾患がなにであれ、腎機能低下の程度で分類されますが、関節リウマチに見られる腎障害は、様々な変化が糸球体を中心に見られることが明らかとなっておりその一部について記します。[doh-racenter.jp]

  • 慢性腎臓病

    CKDが注目されるもう一つの大きな理由は、末期不全になりやすいだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患の危険性も高めることがわかってきたことです。 末期不全に至る以前に、心血管疾患を起こして亡くなってしまうことが多いとも言われます。 そこで、CKDを見つけて治療することは、腎臓だけでなく、心臓や脳を守ることにもなるのです。[icy.or.jp] 慢性腎臓病(CKD)の治療目的は、進行を抑え、末期不全や脳・心血管疾患の発症を防ぐことです。末期不全になると、腎臓の機能は失われ、それを代行する治療が必要になり、日常生活にも影響が出てきます。またCKDが進むと高血圧症が悪化することで、動脈硬化を促し、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など命にかかわる病気の発症リスクが高まります。[asahikasei-pharma.co.jp] さらにGFRが低下するとCKDの重症度(病期)が進み、透析や心臓病などの心血管疾患の危険が高まります。末期慢性不全・透析では15mL/分/1.73m 2 未満になります。[terumo.co.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病は、放置すると網膜症・症・神経障害などの合併症を引き起こし、末期には失明したり透析治療が必要となることがあり、また、脳卒中、虚血性心疾患などの心血管疾患の発症、進展を促進することも知られています。このような糖尿病の合併症は患者のQOLを著しく低下させるのみでなく、医療経済的にも大きな負担を社会に強いています。[mhlw.go.jp]

さらなる症状

類似した症状