Create issue ticket

考えれる32県の原因 未視感

  • 側頭葉てんかん

    側頭葉は、言語処理や記憶処理、聴覚処理、物事の判断、感情の制御などにかかわる機能を持つため、てんかんのような異常をきたすと精神症状(既視、恐怖感、離人感)を引きおこしたり、言語障害をおこしたり、応答がないことや覚えていないということ(意識減損)もあります。[fdoc.jp] )、昔の記憶が次々と頭に浮かぶ(フラッシュバック)、恐怖感、など 認知障害:記憶障害、言語障害 発作後にもうろうとして歩き回る 「てんかんの分類」 参照 高齢者に多いてんかん発作型 高齢者に起こるてんかんは大部分が 症候性てんかん (脳に何らかの障害が起こったり、脳の一部に傷がついたことで起こるてんかん)で、 二次性全般化 により全身[tenkan.info] 上向性嘔気(epigastric rising sensation)、恐怖、既視(デジャブ)、(ジャメブ)、離人感、嗅覚・味覚症状が生じる。[kksmile.com]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 欠神発作

    聴覚性ないしは視覚性の幻覚:音楽やブザー、脅威的である脅迫の声 一連の自動的な行動 離人:自分のからだから遊離した感じ 既視:現在起きている事柄に強い親近を感じる :これまで何回も経験してきた事柄に親近感がわかない 単純要素性部分発作(焦点性運動発作、焦点性感覚発作、ジャクソン発作) 症状 予測はほとんど出来ない 限局した部分での[asahi-net.or.jp]

  • 複雑部分発作

    精神発作(せいしんほっさ)は、既視(きしかん)や(みしかん)あるいは発作性の恐怖感などの感情を示します。自律神経発作(じりつしんけいほっさ)は、頭痛や腹痛を示します。 単純部分発作は、つぎに述べる複雑部分発作に移行したり、さらに大発作をおこすことがあります。この場合の部分発作は「前兆(ぜんちょう)」と呼ばれます。[kotobank.jp] 精神発作は既視、恐怖感、離人感などの多彩な症状がある。側頭葉のてんかん活動に起因すると考えられている。精神発作は単純部分発作単独で出現することはむしろ稀であり大部分は複雑部分発作の最初の症状として出現する。[ja.wikipedia.org] 単純部分発作には、運動症状(けいれん)のほか、しびれなどの体性感覚障害、視覚・聴覚・嗅覚 (きゅうかく) ・味覚・平衡感覚の異常、精神症状(失語、錯覚、幻覚、既視・など)を伴うものなどがある。けいれんが下肢、上肢、顔面というように移動するものは、ジャクソン発作とよばれる。[kotobank.jp]

  • 健忘

    健忘(けんぼう、Amnesia)は記憶障害のうち、特に宣言的記憶の障害された状態を指す。宣言的記憶(陳述記憶)とは記憶のうち言語で表現できる種類のもの、エピソード記憶や意味記憶のことである。 一般的に言う「もの忘れ」から「記憶喪失」まで含んだ概念である。 なお、この「健忘」の「健」は「甚だ」の意であり、「健闘」の「健」と同様である。 健忘は様々な病態および症候の総称であり、いくつかの観点から分類ができる。 心因性 心的外傷やストレスにさらされたことでおこる健忘。精神病理学的には解離の一種に分類され、解離性遁走や譫妄と合併することも多い。脳に器質的な障害はみられない。 外傷性[…][ja.wikipedia.org]

  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    精神発作(せいしんほっさ)は、既視(きしかん)や(みしかん)あるいは発作性の恐怖感などの感情を示します。自律神経発作(じりつしんけいほっさ)は、頭痛や腹痛を示します。 単純部分発作は、つぎに述べる複雑部分発作に移行したり、さらに大発作をおこすことがあります。この場合の部分発作は「前兆(ぜんちょう)」と呼ばれます。[kotobank.jp] 精神発作は既視、恐怖感、離人感などの多彩な症状がある。側頭葉のてんかん活動に起因すると考えられている。精神発作は単純部分発作単独で出現することはむしろ稀であり大部分は複雑部分発作の最初の症状として出現する。[ja.wikipedia.org] 単純部分発作には、運動症状(けいれん)のほか、しびれなどの体性感覚障害、視覚・聴覚・嗅覚 (きゅうかく) ・味覚・平衡感覚の異常、精神症状(失語、錯覚、幻覚、既視・など)を伴うものなどがある。けいれんが下肢、上肢、顔面というように移動するものは、ジャクソン発作とよばれる。[kotobank.jp]

  • てんかん前兆

    側頭葉は、言語処理や記憶処理、聴覚処理、物事の判断、感情の制御などにかかわる機能を持つため、てんかんのような異常をきたすと精神症状(既視、恐怖感、離人感)を引きおこしたり、言語障害をおこしたり、応答がないことや覚えていないということ(意識減損)もあります。[fdoc.jp] 精神発作(せいしんほっさ)は、既視(きしかん)や(みしかん)あるいは発作性の恐怖感などの感情を示します。自律神経発作(じりつしんけいほっさ)は、頭痛や腹痛を示します。 単純部分発作は、つぎに述べる複雑部分発作に移行したり、さらに大発作をおこすことがあります。この場合の部分発作は「前兆(ぜんちょう)」と呼ばれます。[kotobank.jp] 精神発作は既視、恐怖感、離人感などの多彩な症状がある。側頭葉のてんかん活動に起因すると考えられている。精神発作は単純部分発作単独で出現することはむしろ稀であり大部分は複雑部分発作の最初の症状として出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 良性家族性点頭てんかん

    精神発作(せいしんほっさ)は、既視(きしかん)や(みしかん)あるいは発作性の恐怖感などの感情を示します。自律神経発作(じりつしんけいほっさ)は、頭痛や腹痛を示します。 単純部分発作は、つぎに述べる複雑部分発作に移行したり、さらに大発作をおこすことがあります。この場合の部分発作は「前兆(ぜんちょう)」と呼ばれます。[kotobank.jp] 単純部分発作には、運動症状(けいれん)のほか、しびれなどの体性感覚障害、視覚・聴覚・嗅覚 (きゅうかく) ・味覚・平衡感覚の異常、精神症状(失語、錯覚、幻覚、既視・など)を伴うものなどがある。けいれんが下肢、上肢、顔面というように移動するものは、ジャクソン発作とよばれる。[kotobank.jp] ,恐怖感,離人感などの多彩な症状があり,多くは側頭葉にてんかん活動が生じるための大脳高次機能の一過性の機能障害の発作である.精神発作は,単純部分発作単独で出現することはむしろまれであり,大部分は複雑部分発作の最初の症状として出現する. ②複雑部分発作(精神運動発作,焦点性認知障害発作):意識減損があるので患者は発作中に話かけても応答はできなくて[kotobank.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    精神発作(せいしんほっさ)は、既視(きしかん)や(みしかん)あるいは発作性の恐怖感などの感情を示します。自律神経発作(じりつしんけいほっさ)は、頭痛や腹痛を示します。 単純部分発作は、つぎに述べる複雑部分発作に移行したり、さらに大発作をおこすことがあります。この場合の部分発作は「前兆(ぜんちょう)」と呼ばれます。[kotobank.jp] 聴覚性ないしは視覚性の幻覚:音楽やブザー、脅威的である脅迫の声 一連の自動的な行動 離人:自分のからだから遊離した感じ 既視:現在起きている事柄に強い親近を感じる :これまで何回も経験してきた事柄に親近感がわかない 単純要素性部分発作(焦点性運動発作、焦点性感覚発作、ジャクソン発作) 症状 予測はほとんど出来ない 限局した部分での[asahi-net.or.jp] 単純部分発作には、運動症状(けいれん)のほか、しびれなどの体性感覚障害、視覚・聴覚・嗅覚 (きゅうかく) ・味覚・平衡感覚の異常、精神症状(失語、錯覚、幻覚、既視・など)を伴うものなどがある。けいれんが下肢、上肢、顔面というように移動するものは、ジャクソン発作とよばれる。[kotobank.jp]

  • 偏向発作

    既視は、親しみ(familiarity)という情動の変化であり、既視はfamiliarityが増した状態であり、はfamiliarityが低下した状態とみなされる。既視は正常でも日常で自覚することはまれにあるが、は診断特異度が高い症状である。[kawamuranaika.jp] 症状の特徴からのてんかんの種類を示唆する情報 前兆:既視:déjà vu、:jamais vu、上腹部不快(epigastric rising sensation)などは内側側頭葉由来であると考えられる。[kawamuranaika.jp] 夢様状態dreamy state:既視déjà vu、jamais vu、フラッシュバック、恐怖感など 発作分類では、精神症状の中の記憶障害性、認知性、および感情性に該当する。 1963年Penfieldが27年間の1132例において術中刺激から得られた経験反応を発表した。 1.[kawamuranaika.jp]

さらなる症状