Create issue ticket

考えれる641県の原因 未発達 

つまり: 未発達

  • 頸動脈狭窄症

    狭窄遠位の低潅流圧や側副血行路発達な場合に生じやすく、血行力学的な因子の関与が大きいとされる。 cortical watershed area infarction楔状の皮質分水嶺領域の病変である。[ja.wikipedia.org]

  • ゴードン・ホームズ症候群

    遺伝性小脳萎縮症の臨床及び病理所見を記載した論文である(長文・難解な論文だが,その所見の詳細な記載には驚く).さて問題の原著家系の記載についてであるが,確かに両親は70歳,89歳で亡くなるまで異常はなく,血族婚の記載はない.同胞は8人いて,うち4人が発症している.発症年齢は30代後半で,神経所見としては小脳失調が主体であるが,体格が小さく,外性器が発達[blog.goo.ne.jp]

  • 緑内障

    慢性型と急性型があります 発達緑内障: 生まれつき眼内の水の流れ路が発達であることから起こる緑内障です。 続発緑内障: 外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。[santen.co.jp] 先天性緑内障 隅角が生まれつき発達なことで起こります。 続発緑内障 網膜剥離などの眼科疾患や、服用している薬剤の影響により眼圧が上昇して起こります。 緑内障の症状 慢性的な緑内障の場合、視神経の障害の進行が遅く、視野の欠損もゆっくり広がっていくため、気付いた時にはかなり緑内障が進行している場合がほとんどです。[saigusaganka.com] 先天緑内障 生まれつき隅角が発達であることからおこる緑内障です。 緑内障の症状 一般的に緑内障はかなり症状が進行しないと自覚症状として現れない病気です。 また、普段は両目で物を見ている為、片眼の視野(見える範囲)が狭くなってきていてもなかなか眼に異常を感じることはありません。[sinkokai.or.jp]

  • 気管支炎

    特に、気管支が発達の乳幼児が気管支炎になり易いのは以上のような理由からです。 原因 主な原因は、ウィルス(RSウィルス、アデノウィルス、パラインフルエンザウィルス等)や細菌(マイコプラズマ、肺炎球菌等)です。[nakanokodomo.com]

  • 食中毒

    そのため、消化器官や免疫力が発達な乳幼児、高齢者、虚弱体質の人などは気をつけたほうがいいでしょう。 また、過労や睡眠不足、過度なストレスなどで体力が落ちている人も食中毒になりやすいものです。 特に、乳幼児や高齢者は、症状が重症化しがちなので、医療機関を受診しましょう。[ajha.or.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    呼吸機能が発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp]

  • 開放隅角緑内障

    慢性型と急性型があります 発達緑内障: 生まれつき眼内の水の流れ路が発達であることから起こる緑内障です。 続発緑内障: 外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。[shinjo-ganka.jp] 発達緑内障 生まれつき隅角が発達であることからおこる緑内障です。生まれた直後から眼圧が高い場合、眼球そのものが大きくなることもあり、俗に「牛眼」と呼ばれています。[eguchiganka.co.jp] 発達緑内障 生まれつき隅角が発達のため眼圧が高くなるものを「発達緑内障」と言います。 緑内障の特徴 視野はゆっくり狭くなるため、最初のうちは自覚症状が出ないことが特徴です。そのため、気が付いたときにはかなり病状が進行していることが少なくありません。[kokoroganka.com]

  • RSウイルス感染症

    呼吸機能が発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp]

  • 急性アルコール中毒

    成年者の飲酒―心身の発達を害することがあるため(未成年者飲酒禁止法) 飲酒運転―運動機能・認知機能が低下するため(道路交通法) また、強制的な 「イッキ飲ませ」 は、急性アルコール中毒を起こさせ、最悪の場合「死」という結果を招くこともある危険な行為です。こうなると、「イッキ飲み」を強要した人は刑法上の犯罪として処罰されることがあります。[toyo.ac.jp]

  • 弱視

    0〜7歳くらいまでに(3歳児健診などで)発見できれば弱視は改善しやすいが、大人の弱視は目の機能が発達のまま完成しているため難しい。個人差があるが、感受性期(臨界期)とされる5〜6歳までであれば眼鏡や視能訓練などにより殆どの回復は可能である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状