Create issue ticket

考えれる94県の原因 未婚女性

  • 子宮内膜腺癌

    原因、疫学 子宮体がんは若年女性に発生することは比較的少なく、閉経期前後の40歳代後半から増加して50 60歳代にピークを迎えます。 未婚、未妊、肥満などの方に子宮体がんが発症しやすいと言われていますが、子宮体がんの多くは女性ホルモンの高エストロゲン状態が大きな影響を与えると考えられています。何らかの原因でエストロゲンが長期的。[simo.saiseikai.or.jp]

  • 便秘

    痔というと「妊娠や出産を経験した女性にできるもの」というイメージがありますし、実際そういう人が多いのですが、最近は未婚の若い女性にも、習慣性便秘やストレス性の下痢から痔になる人が増えています。便秘を放っておくと、痔をおこしやすくなるのです。[sofy.jp]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    本発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、副作用がほとんどなく、有効で無排卵を改善し、挙児を希望する女性ばかりでなく、未婚や若年の女性に対しても安全に使用可能な多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療剤を提供することを目的とする。[biosciencedbc.jp] 若年の未婚女性の場合、ホルモン療法で月経のみ来るようにする低用量ピル療法やカウフマン療法を行いますが、無排卵の不妊症であれば積極的に排卵誘発剤を用います。また、漢方薬の温経湯も効果があると言われています。 何が原因で多嚢胞性卵巣症候群になるのですか? 多嚢胞性卵巣は通常、家族性に見られるため、遺伝的なもののようです。[kamiyaclinic.com] 本発明の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療剤は、キノコ類の抽出物を有効成分とすることにより、安全で、副作用がほとんどなく、無排卵を改善する優れた効果があり、また、挙児を希望する女性ばかりでなく、未婚や若年の女性に対しても安全に使用することができる。[biosciencedbc.jp]

  • 卵巣嚢胞

    若年の未婚女性の場合、ホルモン療法で月経のみ来るようにする低用量ピル療法やカウフマン療法を行いますが、無排卵の不妊症であれば積極的に排卵誘発剤を用います。また、漢方薬の温経湯も効果があると言われています。 何が原因で多嚢胞性卵巣症候群になるのですか? 多嚢胞性卵巣は通常、家族性に見られるため、遺伝的なもののようです。[kamiyaclinic.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    20歳代の未婚女性ではまず対症療法を選択しますが、十分な効果が得られず、日常生活に支障をきたすようでしたら、ホルモン療法を考えます。 ホルモン療法 ホルモン療法は、子宮内膜症がエストロゲン(卵胞ホルモン)によって増殖する疾患であることから、このエストロゲンの分泌を抑制し、子宮内膜症の病巣を萎縮させます。[yaegaki-lc.jp] 《クラミジア感染症》 現在、無症候性STDとして最も流行しているのは性器クラミジア感染症で、女性の2/3、男性の1/3が無症候といわれています。 感染率では、既婚妊婦の5.6%、未婚妊婦の14.8%が感染しており、低年齢ほど頻度が高いといいます。[blogs.yahoo.co.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    また40歳を過ぎた未婚女性が大きな子宮筋腫があり大学病院などを何ヶ所も回りましたが全て子宮を取ることを勧められました。納得されなかった患者さんは私を訪れ、ご説明し、最終的には13.6kg(赤ちゃん4人分の重さ)の子宮筋腫を核出し、ご希望通り子宮を温存することができました。未婚女性が子宮を温存することは生きる糧の場合もあります。[muse-lc.jp]

  • 痔というと「妊娠や出産を経験した女性にできるもの」というイメージがありますし、実際そういう人が多いのですが、最近は未婚の若い女性にも、習慣性便秘やストレス性の下痢から痔になる人が増えています。便秘を放っておくと、痔をおこしやすくなるのです。[sofy.jp]

  • 分娩

    性差医学という考え方もでてきて女性ならではの病状、疾患により深い理解が必要とされています。月経困難症、子宮筋腫などの疾患でも年齢、未婚、既婚などにより治療の考え方が異なり、どの方法が皆様にとってベストなのかを情報提供しご相談の上決めさせていただきたいと思います。[kawakita.or.jp]

  • 子宮内膜症

    20歳代の未婚女性ではまず対症療法を選択しますが、十分な効果が得られず、日常生活に支障をきたすようでしたら、ホルモン療法を考えます。 ホルモン療法 ホルモン療法は、子宮内膜症がエストロゲン(卵胞ホルモン)によって増殖する疾患であることから、このエストロゲンの分泌を抑制し、子宮内膜症の病巣を萎縮させます。[yaegaki-lc.jp] 20 30代の女性に多くみられる病気です。原因は不明ですが、近年、未婚・既婚をとわず年々増える傾向にあります。 子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある内膜組織が、何らかの原因で、本来あるべき所以外の場所で発育、増殖する病気です。[sannoh.or.jp]

  • 気分変調性障害

    “大うつ病性障害” などは男性より女性に多く見られるのですが “気分変調症” の場合は、男女差は無く特徴としては、未婚の若者や低所得者に多く原因としては、将来への不安などが考えられます。 また、症状は軽いものの一日中憂鬱な気分で2年以上も続きます。[medicament.jp]

さらなる症状