Create issue ticket

考えれる9県の原因 月経大量出血

  • 凝固異常
  • 子宮筋腫

    子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、uterine fibroids)とは、子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍である。 生殖年齢の女性のうち20%の割合で発生するが、悪性化するのは0.5%以下である。30代以上に好発し45歳までに女性の約70%に発生する。 子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫(子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫(子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側寄り)に分類される。また、子宮頸部の位置にできるものは頸部筋腫と呼ばれる。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 過多月経
  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ、英: Aplastic anemia、略称: AA)とは骨髄機能低下による貧血の1つ。英語の正確な和訳は低形成貧血であり、日本語の「再生不良性」は別の研究者が提唱したaregenerative anemiaを和訳したものである。1950年代頃までは汎骨髄癆(はんこつずいろう)という名称も用いられた。 1888年にドイツの医学者パウル・エールリヒが、汎血球減少と子宮出血を起こして死亡した21歳女性を剖検したところ、大腿骨の骨髄髄質が脂肪化していたことを発見し、aplastische[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮内膜増殖症

    子宮内膜増殖症とは 子宮内膜増殖症 は、女性 ホルモン のひとつである エストロゲン の働きが過剰であることによって、子宮の内側を覆っている 子宮内膜 が異常に厚くなってしまった状態です。この状態は 不正出血 などの症状があるほか、 子宮体がん の手前の段階 と考えられるため、リスクが高いと見られた場合で 妊娠希望がなければ子宮摘出 の手術が行われます。 リスクが低いと見られた場合は治療せず定期的な検診で観察することもありますが、原因である女性ホルモンのバランスを変える治療もあります。エストロゲンとは別の女性ホルモンである黄体ホルモンを補充することにより治療効果があると考えられています。[…][medley.life]

  • 粘液水腫

    粘液水腫(英: myxedema)とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。 クレチン病[…][ja.wikipedia.org]

  • ヴォン・ヴィレブランド病
  • 重度の再生不良性貧血
  • 鉄欠乏性貧血

    また、赤血球の前駆細胞である 赤芽球 も、 赤色骨髄 内での数が増加するものの、そのサイズは正常な赤芽球と比べると小さい(つまり、小さな赤芽球が大量に作られる) [1] 。 生殖年齢の女性は、 月経 により定期的に出血を生じるが、その際、赤血球に含まれる鉄も体外に排出される。そのため、女性は基本的に鉄分が不足しがちである。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状