Create issue ticket

考えれる38県の原因 月経不順

  • 更年期障害
  • 卵巣嚢胞

    卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ、ovarian cyst)とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称であり、腫瘍性のものを含め多種多様な疾患が包括される。 ヒトにおいては婦人科学の対象となる。 獣医学的には特に機能性嚢胞に分類されるものが重要である。牛、豚で主要な卵巣疾患であり、馬、羊、山羊にも発生する。卵胞嚢腫と黄体嚢腫に区別される。症状として無発情あるいは思牡狂を示す。 月経の過程に関係するものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症
  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。 明確な原因は解明されていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 自然流産

    流産(りゅうざん、英: spontaneous abortion, miscarriage)は、妊娠の継続が停止することを指す。 ここでは人工的に中絶手術をしていないのにおこる自然妊娠中絶という意味の流産について記述する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮筋腫

    子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、uterine fibroids)とは、子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍である。 生殖年齢の女性のうち20%の割合で発生するが、悪性化するのは0.5%以下である。30代以上に好発し45歳までに女性の約70%に発生する。 子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫(子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫(子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側寄り)に分類される。また、子宮頸部の位置にできるものは頸部筋腫と呼ばれる。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状