Create issue ticket

考えれる5県の原因 曲がった短い下肢

  • 変形治癒骨折

    欠損障害: 下肢(股から足まで)の一定部分を失ったことに関する後遺障害 機能障害: 関節(股関節、膝関節、足関節)の動きが悪くなったことに関する後遺障害 変形障害: 下肢の骨折した部分が固まらない又は曲がったまま固まってしまったことに関する障害 短縮障害: 下肢(股から足まで)の長さが短くなってしまったことに関する後遺障害 欠損障害 どの部位[kouishogai.com]

  • アッシャー症候群 3B型

    先天奇形 TRAPPC2 [HSA: 6399 ] [KO: K20301 ] H00761 パキスタン型脊椎骨端骨幹端異形成 短体幹症 4型 パキスタン型脊椎骨端骨幹端異形成 (SEMD) は、短体幹症 4型としても知られ、短く曲がっ下肢、軽度の短指症、大きな膝関節、早期発症の骨関節症を特徴とする。[kegg.jp]

  • 腓骨欠損

    欠損障害: 下肢(股から足まで)の一定部分を失ったことに関する後遺障害 機能障害: 関節(股関節、膝関節、足関節)の動きが悪くなったことに関する後遺障害 変形障害: 下肢の骨折した部分が固まらない又は曲がったまま固まってしまったことに関する障害 短縮障害: 下肢(股から足まで)の長さが短くなってしまったことに関する後遺障害 欠損障害 どの部位[kouishogai.com] 後遺障害の対象となってくるのは、交通事故によってこれらの骨を骨折したり、関節を脱臼したりして、治療を続けたものの 骨に変形が残ったり、関節が元のようには曲がらなくなったり、あるいは切断されるなどして短くなったり した場合です。[secure01.red.shared-server.net] 下肢の障害については下記のとおり、欠損障害、変形障害、機能障害及び短縮障害について、足指の障害については欠損障害及び機能障害ついて等級が定められています。 以下に、それぞれの障害等級の認定基準について説明します。[secure01.red.shared-server.net]

  • ワールデンブルグ症候群 2型

    先天奇形 TRAPPC2 [HSA: 6399 ] [KO: K20301 ] H00761 パキスタン型脊椎骨端骨幹端異形成 短体幹症 4型 パキスタン型脊椎骨端骨幹端異形成 (SEMD) は、短体幹症 4型としても知られ、短く曲がっ下肢、軽度の短指症、大きな膝関節、早期発症の骨関節症を特徴とする。[kegg.jp]

  • ワールデンブルグ症候群 1型

    先天奇形 TRAPPC2 [HSA: 6399 ] [KO: K20301 ] H00761 パキスタン型脊椎骨端骨幹端異形成 短体幹症 4型 パキスタン型脊椎骨端骨幹端異形成 (SEMD) は、短体幹症 4型としても知られ、短く曲がっ下肢、軽度の短指症、大きな膝関節、早期発症の骨関節症を特徴とする。[kegg.jp]

さらなる症状