Create issue ticket

考えれる881県の原因 易疲労

  • 大うつ病エピソード

    この二つのかならず存在する症状を含め、体重の減少か増加(食欲の減退か増加)、不眠か過眠、精神運動(話し方や動作)の制止か焦燥、疲労性・気力減退、強い罪責感・無価値感、思考力・集中力の低下、自殺念慮などのうち5項目かそれ以上が認められる場合に診断される。[kotobank.jp] その際,症状に見合うだけの疾患が見つからないときは,睡眠障害,疲労感,食欲不振など,うつに関連する身体症状をあらためて質問してみる。次に,ほかに痛みの部位がないか確認し,便秘,動悸,肩こり,めまい,息苦しさなど自律神経の影響を受けやすい症状について質問する。[igaku-shoin.co.jp] 抑うつ気分、興味や喜びの喪失、活力の減退による疲労感の増大や活動性の減少を主症状とする精神疾患です。 うつ病は単なる精神疾患ではなく、精神身体の両面にわたって生命力が全体として低下してくる病態で、しばしば、さまざまな身体症状を主訴として臨床の各科を受診します。 うつ病の12か月有病率は約2%、生涯有病率は10%前後といわれています。[sugiura-kokoro.com]

  • 先天性隔離ACTH欠乏

    3.症状 副腎皮質ホルモンの欠落により、疲労感、全身倦怠感、脱力感、筋力低下、体重減少、低血圧などがみられる。食欲不振、悪心・嘔吐、下痢などの消化器症状、精神症状(無気力、不安、うつ)など様々な症状を訴える。いずれも非特異的な症状である。色素沈着は皮膚、肘や膝などの関節部、爪床、口腔内にみられる。[nanbyou.or.jp] 3.症状 先天性副腎過形成症では、病型を問わずコルチゾールの低下を来すことから、未治療例では、疲労感等の副腎不全症状を呈する場合もあるが、無症状例も存在する。21水酸化酵素欠損症、リポイド副腎過形成などの鉱質コルチコイドが不足する疾患では、塩喪失に伴う低血圧、ショックなどの症状がみられる。[nanbyou.or.jp] 1.自覚症状 ①色素沈着: あるいはまれに白班、関節部、手術創、乳輪、手掌の皮溝、歯齦、口腔粘膜、舌、口唇などに特徴的 ②疲労、脱力感 ③体重減少 ④消化器症状: 食欲不振、悪心・ 嘔吐、下痢、腹痛 ⑤精神症状: 無気力、無関心、不安感 ⑥急性副腎皮質不全症状: 全身倦怠感、頭痛、悪心・ 嘔吐、発熱などの非特異的症状に始まり、急速に進行して[nanbyou.or.jp]

  • 心房中隔欠損

    思春期 中年期以降になって労作時呼吸困難、疲労性。 聴診で心房中隔欠損の兆候がある。[ja.wikipedia.org] 運動能低下が認められ、動悸、息切れ、疲労感などが現れ、上室性不整脈(特に心房細動で)の合併が多くなります。40歳以降に 症状が出現する場合もあります。非手術では、40-50歳に到達できる割合は50%程度でとされますが、80-90歳で生存する場合もあります。妊娠出産は、一般と同様のことが多いものです。[jsachd.org] このため年齢を重ねるごとに徐々に心臓の負担が表面化し、いずれはほとんどの例で疲労感や息切れ動悸などの症状を生じます。 心房中隔欠損症の治療が必要な方 治療が必要かどうかは穴の大きさや血液の短絡量によって決まります。 この量は超音波検査などによって推定されます。[kyoto-u-cardio.jp]

  • 適応障害

    適応障害の症状としては、不安、抑うつ気分、焦燥感、などの精神症状や、不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲労感、頭痛、吐き気、などの身体的症状があげられます。このため、日常生活や社会生活に支障が出ます。[health.ibaraki.ac.jp] 適応障害の症状はいろいろで、不安、抑うつ、焦燥、過敏、混乱などの情緒的な症状、不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲労感、頭痛、肩こり、腹痛などの身体症状、遅刻、欠勤、早退、過剰飲酒、ギャンブル中毒などの問題行動があります。そして、次第に対人関係や社会的機能が不良となり、仕事にも支障をきたし、会社を休みがちになります。[mh-mental.jp] 適応障害の症状 情緒的な症状 不安、抑うつ、焦燥、過敏、混乱など 身体症状 不眠、食欲不振、動悸、全身倦怠感、疲労感、頭痛、肩こり、腹痛など 問題行動 遅刻、欠勤、早退、過剰飲酒、ギャンブル中毒など 対人関係や社会的機能が不良となり、仕事に支障をきたしたり、 引きこもり状態になったりすることがあります。[mental-erde.com]

  • MERRF症候群

    筋症状は、初期は疲労性や動作の持続力の低下として自覚され、徐々に近位 筋優位の筋萎縮や筋力低下が明らかになる。 興味深いのは、8344変異をもつMERRF患者に脂肪腫を伴う症例が報告され、脂肪腫内のヘテロプラスミーの比率が骨格筋より高いという報告もある。[ncnp.go.jp]

  • 尿毒症性脳症

    尿毒症が悪化して尿素窒素(BUN)値が60mg/DLを超えると、尿毒症と同じように疲労感や脳機能の低下を招き、簡単な計算能力が低下、記憶力や集中力の欠如など起こります。これらは高次脳機能障害と呼ばれて、多くの能力低下を示す症状のことであり、「尿毒症」の進行とともに悪化していきます。[illnesscollege.com] 内科学 第10版 の解説 尿毒症性脳症(腎疾患に伴う神経系障害) (1)尿毒症性脳症(uremic encephalopathy) 高度の尿毒症に伴う脳症を尿毒症性脳症といい,急性腎不全でみられることが多い.初期から目立つのは精神症状であり,疲労感,無感情,うつ状態,性格変化を示し,さらに進行すると,注意力低下から記憶障害,錯乱,意識障害[kotobank.jp] 目次 症状 原因 治療法 症状 尿毒症性脳症では、BUNが60mg/dlを超えた状態になると、疲労感や記憶力や集中力の低下が出現するようになります。 また、これに加えて刺激性や反復計算力の低下など高次脳機能障害のような症状が出現します。[doctors-me.com]

  • 過敏症

    化学物質過敏症の主症状 ・自律神経障害 発汗異常,手足の冷え,頭痛,疲労性 ・内耳障害 めまい,ふらつき,耳鳴り ・気道障害 咽頭痛,口渇 ・循環器障害 動悸,不整脈,循環障害 ・免疫障害 皮膚炎,喘息,自己免疫異常 ・運動器障害 筋力低下,筋肉痛,関節痛,振せん ・消化器障害 下痢,便秘,悪心 ・眼科的障害 粘膜の刺激症状,調節障害,視力障害[pref.miyagi.jp] 表1.化学物質過敏症の主症状(難波1998) 自律神経障害 発汗異常、手足の冷え、頭痛、疲労性 精神障害 不眠、不安、うつ状態、不定愁訴 気道障害 咽頭痛、口渇 消化器障害 下痢、便秘、悪心 眼科的障害 結膜の刺激障害、調節障害、視力障害 内耳障害 めまい、ふらつき、耳鳴り 運動器障害 筋力低下、筋肉痛、関節痛、振せん 循環器障害 動悸、[tokyo-eiken.go.jp] 症状 [ 編集 ] 化学物質過敏症の症状は多岐にわたり、粘膜刺激症状 ( 結膜炎 、 鼻炎 、 咽頭炎 、 皮膚炎 、 中耳炎 、 気管支炎 、 喘息 など)、循環器症状 ( 動悸 、 不整脈 など) 、消化器症状 ( 下痢 、 便秘 、 悪心 など)、自律神経障害(異常発汗、手足の冷え、疲労性)、精神症状 ( 不眠 、不安、 うつ 状態[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    症状 [ 編集 ] 貧血 他の貧血と同じく息切れや疲労感などを呈する。 舌炎 舌乳頭の萎縮、発赤を伴うハンター舌炎となる。 神経症状 振動覚 や 位置覚 の低下、知覚障害、深部 腱反射 亢進、 意識障害 、 認知症 様症状などのさまざまな症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    貧血の症状としては、疲労感、全身倦怠感、頭痛やめまいといった全身への酸素の供給が不足する事によって起こる症状と、それを代償しようとして生体が反応する脈拍や呼吸数の増加に伴う動機や息切れといった症状があります。 鉄欠乏性貧血のわが国における頻度は、女性の罹患率が10%程度、20 50歳未満の女性に限れば20%程度もいると推測されています。[hiroshima-med.jrc.or.jp] 症状 [ 編集 ] 主な自覚症状は、疲労感(疲れやすい)、動悸、耳鳴り、めまい、呼吸困難感、顔色が悪い、食欲が落ちる等の 貧血症状 がある。ひどくなると起き上がることも出来なくなる。 そのほかに特有の症状として指の 爪 (つめ)が上向きに反り返る。[ja.wikipedia.org] 月経過多(子宮筋腫、子宮内膜症など) 慢性的な出血(潰瘍や腫瘍による消化管出血、痔からの出血) 成長期や妊娠などの際の需要の増大 胃や十二指腸切除後などの吸収不良 症状 :動悸・息切れ・疲労感・全身倦怠感・浮腫・立ちくらみ・顔面蒼白などの貧血の一般的な兆候の他に爪がスプーン状になったり、希に口内炎、舌炎、嚥下障害(Plummer-vinson[nms.co.jp]

  • 拡張型心筋症

    循環器症状 労作時の動悸 呼吸器症状 呼吸困難、胸部圧迫感 全身症状 疲労感 食事制限 塩分を控えめにする。 身体活動 自覚症状がなくても、極力最小限にする。うっ血性心不全が顕在化してきたら、運動禁止。 労働時間制限 うっ血性心不全の自覚症状がでてきたら、午前午後に安静時間を設ける。仕事時間の短縮。 過労 避ける 精神的ストレス 避ける[nivr.jeed.or.jp] 症状は呼吸困難、疲労感、咳、浮腫、動悸などであり、5年生存率は約50%である。聴診上ではⅢ音、Ⅳ音および収縮期雑音(房室弁閉鎖不全雑音を含む)を、胸部X線像上では心陰影の拡大を認める。心電図ではST-T異常、心尖部肥大型では左室側高電位差と巨大陰性T波、異常Q波、QRS幅延長、心室性不整脈などがみられる。[med.toaeiyo.co.jp] 症状 心不全による症状が主体で、全身倦怠感や疲労感、悪心や食欲低下、尿量減少、夜間多尿、下腿や足背を主とする浮腫などがあります。ひどくなると夜間の呼吸困難、起坐呼吸(息苦しく臥位になれない)などが起こります。不整脈による症状もあり、動悸や脈拍欠損、めまいや失神を来す場合があります。[akita-noken.jp]

さらなる症状