Create issue ticket

考えれる1,400県の原因 昏睡

  • 急性アルコール中毒

    通常、飲酒すると「ほろ酔い期」「酩酊期」「泥酔期」「昏睡期」という順で、徐々に血中アルコール濃度が上がるので、本人も酔ってきたという自覚がある。また、飲みすぎると足元がふらつく、吐き気がするなどの症状も出るので、自分自身である程度は飲酒量をコントロールできる。[ja.wikipedia.org] その結果、アルコール血中濃度が急上昇し、「昏睡期」の状態に進んでしまいます。これが急性アルコール中毒です。昏睡期の状態では、意識が混濁し、呼吸麻痺や、吐いたものがノドにつまることで、死に至るケースもあります。 特に、お酒に弱い人は、少量のアルコールでも危険な状態になるので、注意が必要です。[asahibeer.co.jp] その後「酩酊期」、「泥酔期」、「昏睡期」という状態になっていきます。急性アルコール中毒になりやすくなるのが酩酊期以降です。血中アルコール濃度が0.02%から0.1%程度であるととほろ酔い期に入り、血中アルコール濃度が0.3%を越えると泥酔期と呼ばれるもうろう状態、0.4%を越えると昏睡期という生命に危険を生じうる状態になります。[prestige.smt.docomo.ne.jp]

  • 低血糖症

    血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] さらに低血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。[ja.wikipedia.org] しかし高齢者や自律神経障害のある患者、低血糖を繰り返している場合や乳幼児では交感神経症状が出ないでいきなり昏睡に至ることがある。これを無自覚低血糖という。また糖尿病治療薬のひとつであるSU薬は作用時間が長く、低血糖を起こしやすいので注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 酒害

    泥酔から昏睡状態に、さらには呼吸困難や最悪の場合は死につながる危険性があります。 さまざまな臓器障害 長期にわたって大量飲酒を続けていると、脂肪肝、アルコール性肝炎などの肝臓障害が引き起こされます。でも、実はそれだけではありません。大量飲酒を長く続けると、全身のさまざまな臓器に障害をもたらします。[suntory.co.jp] 脳の機能マヒが進んで「昏睡」に至れば、死と紙一重だ。 特に「イッキ飲み」は危ない。急性アルコール中毒やそれに伴う吐物吸引などで若者が命を失うケースが相次いでいる。 若者への啓発、大学での踏み込んだ対策、飲食店でイッキ飲みをするグループや酩酊者にはアルコールを提供しないなどの取り組みが必要だ。[alhonet.jp]

  • 高血圧症

    抄録 本態性高血圧症における食塩負荷時の血圧上昇に対するカリウム投与の影響を検討する目的で, 23名の本症患者に低塩食(NaCl25mEq/日)を3日間施行したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿中ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl[…][doi.org]

  • 頭部外傷

    呼吸に異常があったり普段と睡眠の様子が違っていたりした場合は、昏睡などがないか起こして確認してください。起こそうとしても子供が起きない時は、医師にすぐ連絡をとりましょう。[medicine.umich.edu] 昏睡状態や呼吸状態が悪くなるなどの重症の判断は容易ですが、 症状が軽いと思われている「脳震盪」でも、中には軽い外傷性の頭蓋内出血が隠れている場合もあるので、注意が必要です。 サッカーやバスケットボールなどで、選手同士が接触した場合などでも、表1の様な条件に当てはまる場合は、直ぐに頭部CT検査ができる病院を受診すべきだと言われています。[nho-kumamoto.jp] 血腫が増大していけば意識障害が進行して昏睡状態になり、さらに血腫による圧迫が脳ヘルニアの状態にまで進行すると、生命の危険があります。 治療 血腫が少量で症状も軽微な場合は、自然吸収を期待して経過観察とすることもありますが、通常は局所麻酔下の手術が行われます。[kantounouge.com]

  • 糖尿病

    高血糖昏睡 では、高度のインスリン不足により短期間のうちに著明な高血糖を来し意識障害・昏睡から時に死に至ります。速やかに大量のインスリン注射と点滴を開始しないと命に関わります。1921年にインスリンが発見されるまでは糖尿病の死因は殆どが高血糖性昏睡でした。[uemura-clinic.com] 抄録 概念:糖尿病は,インスリン作用の不足による慢性高血糖を主徴とし,種々の特徴的な代謝異常を伴う疾患群である.その発症には遺伝因子と環境因子がともに関与する.代謝異常の長期間にわたる持続は特有の合併症を来たしやすく,動脈硬化症をも促進する.代謝異常の程度によって,無症状からケトアシドーシスや昏睡に至る幅広い病態を示す.[doi.org] 282施設から18,385名が集計され,1991 2000年の10年間における日本人糖尿病患者の死因を分析した.18,385名中1,750名が剖検例であった. 1) 全症例18,385名中の死因第1位は悪性新生物の34.1%であり,第2位は血管障害(糖尿病性腎症,虚血性心疾患,脳血管障害)の26.8%, 第3位は感染症の14.3%で,糖尿病性昏睡[doi.org]

  • うつ病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 うつ病 うつびょう depression 元来は,統合失調症とともに内因性 精神障害 の代表的なものである 躁うつ病 manic-depressive illnessのうち,うつ症状が強く出てくる病相をさした。うつ症状というのは心が沈んで,ことば少なくなり,意気消沈した状態をいうが,その正反対の症状である躁状態 (心がはずみ,多弁,多動で落ち着きのない状態) も本質的には同一であるという認識から,「躁うつ病」と呼ばれていた。その後,躁うつ病は単一の病気ではなく,双極性うつ病 (うつと躁の両方の病相がみられるもの) と単極性うつ病[…][kotobank.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    急性の症状としては、意識の混濁や昏睡 (こんすい) などが起こり、死に至る場合もある。アルコール依存症。またはその結果としての身体的障害。アル中。[kotobank.jp] さらにアルコールの量が増えると運動機能や平衡感覚に影響が出るようになり,もっと量が増えると,意識がなくなり昏睡状態になり,最終的には呼吸中枢が麻痺して死に至ることもあります。このような作用は,アルコールが脳に作用して引き起こすものです。[kyoto-kokoro.org] 6.ウェルニッケ脳炎(出血性上部灰白質炎) 最も重症のアルコール精神病で,急性のせん妾,健忘症状,傾眠,昏睡に移行して,10日ないし2週間で死亡する例が多い。 7.アルコール痴呆 大脳の器質的変性が進行し精神衰弱状態,記憶障害,判断力低下,知能低下が徐々に現われる。 8.他精神病との合併症 精神分裂症や噪うつ病に合併することが多い。[synapse.ne.jp]

  • アシドーシス

    しかし、体が多量の酸を産生し続けると、この仕組みが両方ともうまく機能しなくなり、重度のアシドーシスが生じ、やがて心臓の異常や昏睡(こんすい)に至ります。 血液を含むあらゆる溶液の酸性度やアルカリ性度は、 pH値 で表します。[msdmanuals.com] 昏睡などの神経学的所見は,高浸透圧性非ケトン性昏睡において多くみられる。ゆえに,糖尿病性ケトアシドーシスではインスリンの使用が,高浸透圧性非ケトン性昏睡では輸液による脱水の補正が重要である。なお,糖尿病性ケトアシドーシスでは3-6 Lの脱水,高浸透圧性非ケトン性昏睡では8-10 Lの脱水があると予想される 1) 。[igaku-shoin.co.jp] 過呼吸(深く大きな呼吸・・・クスマウル大呼吸という)、 意識障害 (ときに昏睡)、手足の震え など 過呼吸、意識障害(傾眠 昏睡)、羽ばたき 振戦 など 動脈血ガス(血清pHの低下、BEの増加など)。高カリウム血症。[haart-support.jp]

  • 外傷性脳損傷

    軽度びまん性軸索損傷は、6 24時間の昏睡で知的障害が後遺症として残り、中等度びまん性軸索損傷は、24時間以上の昏睡状態で記憶障害、運動障害が生じます。重度びまん性軸索損傷は、脳幹部損傷を伴い数週間の意識障害が続くので、回復が困難となります。[saiseikai.or.jp] この段階では昏睡や半昏睡状態であることが多いですがこの時期に感覚刺激を入れることが大事です。意識状態が低下している状態では感覚刺激の入力、車椅子やベッド上での姿勢・肢位(ポジショニング)、手の位置を固定する装具などを用いた良い体の位置の設定や、筋や関節のストレッチによる二次障害の予防が大事です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 外傷後30分の時点あるいはそれ以上経過している場合は,診察の時点でのグラスコー昏睡尺度得点は13-15(意識レベル軽症)の場合に,①混乱や失見当識②30分またはそれ以下の意識喪失,③24時間以下の外傷健忘期間,④その他の一過性の神経学的異常(けいれん,手術を要しない頭蓋内病変)うちの1つ以上を満たした場合は,MTBIに該当するとされています[lawyers-kokoro.com]

さらなる症状

類似した症状