Create issue ticket

考えれる688県の原因 早産

  • 細菌性膣炎

    膣で増殖している細菌が上行して子宮頚管炎、絨毛膜羊膜炎などを起こすと、流産や早産の原因となる場合がある。[ja.wikipedia.org] 流産・早産との関連 [ 編集 ] 膣で増殖している細菌が上行して 子宮頚管炎 、 絨毛膜羊膜炎 などを起こすと、 流産 や 早産 の原因となる場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠後期

    妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。[kosodate-support-satsumasendai.jp] 下痢をすると早産になってしまうのでは、または、陣痛の兆候なのでは、と心配になるかもしれません。 しかし、下痢やお腹が緩くなってきたことが、即陣痛につながるとはされていません。一般的には、妊娠中は便秘の人が多いとされていますが、一方でその人の体質や生活リズム、食生活によっては下痢気味になる人もいます。[woman.mynavi.jp] ・腰痛や背中の痛み 小さなお腹の張りでも、回数が多いと早産の原因にもなりかねません。お腹の張りをあまり感じず、生理痛のような腰痛や背中の痛みを陣痛が起こる前に感じる人もいるようです。子宮は風船のような形をしていますが、風船の口にあたる部分を「子宮頸管」といいます。[news.nicovideo.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    (1)在胎期間28週以下の早産で、12か月齢以下の新生児および乳児 (2)在胎期間29週 35週の早産で、6か月齢以下の新生児および乳児 (3)過去6か月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24か月齢以下の新生児、乳児および幼児 (4)24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の新生児、乳児および幼児 (5)24[city.osaka.lg.jp] A. 6ヶ月未満の赤ちゃんや早産児、生まれつき心臓や肺に疾患を持っている場合に重症化することがあります。RSウイルスに感染し、入院を必要とする場合のほとんどは、初めて感染する6ヶ月未満の乳児と言われています。[denka-seiken.jp] わが国でもRSV感染流行初期において(1)在胎期間28週以下の早産で、12カ月齢以下の新生児および乳児、(2)在胎期間29週 35週の早産で、6カ月齢以下の新生児および乳児、(3)過去6カ月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24カ月齢以下の新生児、乳児および幼児、(4)24カ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の[idsc.nih.go.jp]

  • 妊娠

    早産も参照のこと。妊娠22週 - 37週未満の分娩を早産という。出産の約5%で認められているが34週未満では胎児の予後が不良であることが多い。34週以降では比較的良好であるといわれている。前置胎盤、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離などによって母児救命のために行う人工早産と切迫早産や前期破水による自然早産が知られている。[ja.wikipedia.org] * 妊婦・妊娠可能婦人-投与回避[胎盤を容易に通過することが知られており、流産・早産・死産・奇形等惹起][添付文書,200 0.2.改訂]。 D :ヒト胎児に作用して奇形あるいは非可逆的障害の発現頻度を高める・高めたことが推定される・高めるであろうことが強く疑われる薬-薬理学的な副作用を伴うこともある。[drugsinfo.jp] 妊娠16週以降の場合 妊娠16週以降の切迫流産および切迫早産の場合、ウテメリン5mg(3T3 食後)の投与を行う場合が多い。この時期になると感染による切迫流早産が多く、特に絨毛膜羊膜炎の可能性が非常に高くなってくるため、腟分泌物の精査が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    女性:おりものが増え腹痛や不正性器出血などの症状があるがきずかない事が多く、不妊症・早産・流産の原因にもなる。 潜伏期間 10 20日 咽頭クラミジア 症状 オーラルセックスにより喉に感染し、症状はきずかないことが多いが、喉の腫れ、発熱、喉の痛み、咽頭炎などを引き起こす。[asaokacl.jp] 若年層の女性に多くみられ、子宮外妊娠、不妊、流早産の誘因にもなります。 また、全国的に梅毒が急増しています。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、感染すると全身に様々な症状が出ます。早期の薬物治療で完治が可能です。検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。[pref.nagasaki.jp] 妊婦が感染すると、早産や死産、胎児の重篤な異常につながる可能性があります。 また、以前に梅毒にかかった人には一定の免疫(抗体)がありますが、再感染を防止できるわけではなく、適切な予防対策をとっていない場合は何度でも感染します。[pref.yamaguchi.lg.jp]

  • 膣炎

    妊娠している場合は「細菌性膣症」を見過ごしていると、流産や早産の原因になることがあり注意が必要です。 特に早産の原因の大部分は「細菌性膣症」だともいわれています。 「細菌性膣症」があると、絨毛膜羊膜炎が起こり、その結果早産になるといわれています。 セックスは「細菌性膣症」の原因として重要と考えられています。[yagi-lc.com] 流産・早産との関連 [ 編集 ] 膣で増殖している細菌が上行して 子宮頚管炎 、 絨毛膜羊膜炎 などを起こすと、 流産 や 早産 の原因となる場合がある。[ja.wikipedia.org] また妊婦がクラミジアに感染していると絨毛膜羊膜炎をおこし流産、早産のリスクが高くなることも知られています。 さらに分娩時まで保菌していると、産道感染により新生児が結膜炎・肺炎を発症することがあります。男性の場合は尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になる事があるります。[ami-clinic.jp]

  • RSウイルス感染症

    (1)在胎期間28週以下の早産で、12か月齢以下の新生児および乳児 (2)在胎期間29週 35週の早産で、6か月齢以下の新生児および乳児 (3)過去6か月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24か月齢以下の新生児、乳児および幼児 (4)24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の新生児、乳児および幼児 (5)24[city.osaka.lg.jp] 乳幼児において重要な疾患であり、 特に、生後数週齢から数ヶ月齢の新生児、早産児、心肺系の基礎疾患のある乳児で 重症となりやすい疾患です。 山口県の発生動向 (2013年第36週(9/2 9/8)現在) 下記のグラフは山口県における2006年から2013年第36週までの報告数を表したものです。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp] ※パリビズマブの接種条件 在胎期間28週以下の早産で、12ヵ月齢以下の新生児および乳児 在胎期間29 35週の早産で、6ヵ月齢以下の新生児および乳児 過去6ヵ月以内に気管支肺異形成症の治療を受けた24ヵ月齢以下の新生児、乳児および幼児 24ヵ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の新生児、乳児および幼児 24ヵ月齢以下の免疫不全を伴う新生児[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • 常位胎盤早期剥離

    早産も繰り返しやすいようだし、早剥を繰り返す場合前回より2 3週早く起きることが多いようだから、30週ぐらいから管理入院させてほしい。普段楽観的な私だけど、子を失う可能性があることを考えると、それぐらい怖くなる。[n0mzk.hatenadiary.jp] これらは切迫早産と同様の症状のため、常位胎盤早期剥離と切迫早産のどちらによるものなのかを慎重に観察する必要があります。とくに、妊娠高血圧症候群といったリスク因子を持つ妊婦さんは、常位胎盤早期剥離の可能性を常に考慮しなければなりません。[mamanoko.jp] 1.前回までの妊娠で常位胎盤早期剥離を経験 2.妊娠高血圧症候群(もともと高血圧の場合も含む) 3.体外受精・胚移植での妊娠 4.腹部外傷(交通事故や転倒による打撲など) 5.喫煙(ニコチン) 6.早産、切迫早産 7.子宮筋腫 8.絨毛膜羊膜炎(子宮内感染) 喫煙は自身でも減らせるリスクの一つです。[kidsrepublic.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    また、急性腎盂腎炎は早産のリスクも高くなることも分かっています。 さて、このような尿路感染症の感染はどのようにして起こるのでしょう。 一般的には上行性感染と言って、尿道口から細菌が侵入し、尿路をさかのぼって感染を起こす場合がほとんどです。[asahi.com]

  • 前置胎盤

    早産で出産した場合、生まれた赤ちゃんは未熟な状態で生まれることがほとんどです。赤ちゃんの合併症を少しでも軽減するために、前置胎盤など早産になる可能性が高い場合は、あらかじめママの体にステロイドの筋肉注射をすることもあります。このように病院では、あらゆるリスクを想定してお産に備えています。[premama.jp] 突然の大出血が起こる時期がまだ早産や未熟児の時期なので、その時は未熟児センターがある産婦人科で妊娠,分娩管理が必要になります。その為、あらかじめ (妊娠31週迄には) 大学病院等に 紹介 します。[fukaya-ladiesclinic.com] 通常の切迫早産では経過観察となるような軽度な子宮収縮や出血であっても、より高度な医療介入を要することがある。 妊婦は出血に対し過剰な不安を抱く。また、出血にともなう胎児ジストレス、早産への不安もある。[www2.nms.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状