Create issue ticket

考えれる18県の原因 早期言葉の遅れ

  • 中耳炎

    2〜3歳 言葉の発育が遅い(発達の遅れの場合もあります) 怒りっぽく、よく泣く(癇の強い子もあります) 耳によく手をやる(湿疹の場合もあります) 3〜6歳 読んでも返事をしない(注意が他に向いている場合もあり) 大きな声でしゃべる(自己顕示欲の強い子もある) テレビの音を大きくする 言ったことを聞き返す 言葉の数が少ない(他の発達の遅れの時[hat-mimi.com] 早く、その信号を読み取ってあげて、早期発見と早期治療が大切です。[hat-mimi.com]

  • 先天性難聴

    先天性難聴はかつて、早期発見が難しく、2、3歳のときに言葉の発達の遅れから発見されることが多かった。現在は、生後すぐに行う「新生児聴覚スクリーニング検査」で早期診断できるようになった。生後6カ月までに適切な指導が開始されれば、言語レベルは健聴児に近づき、障害を軽減できるといわれている。[sankei.com] 乳幼児用の優れた難聴スクリーニング方法 先天性の難聴は、2 歳から3 歳頃、言葉の発達の遅れで発見される場合が多いと言われてます。しかし、言語発達には臨界期があるために、早期発見の重要性は従来から指摘されていました。先天性の難聴は1,000 出生中の1 2 人と言われています。これまでは有効なスクリーニング方法が得られていませんでした。[nihonbashi-ent.com]

  • クラインフェルター症候群

    XXY(クラインフェルター症候群)を持つ子どもの発達の遅れに対して、早期からの治療は効果がありますか? 早期からの治療は、運動能力や言葉の発達の遅れ両方ともに大きな効果があるようです。出生前あるいは幼児期に診断された子どもは、運動能力の獲得に早期からの遅れが見られる場合は、数歳の頃には医療サービスを受け始めるかもしれません。[d.hatena.ne.jp]

  • アデノイド肥大

    言葉遅れを心配され当科受診される場合もありますが、聴力障害の有無も含めた原因検索・言語指導を行っています。 中耳炎の中で、発熱や痛みを伴わず鼓膜の内側の中耳という空間に滲出液の貯留が継続する滲出性中耳炎を患ったお子さんが比較的多く受診されます。[pref.hokkaido.lg.jp] 当センターは新生児聴覚スクリーニング後の精密聴力検査機関に指定されており、他施設で難聴が疑われご紹介いただいた場合ABR(聴性脳幹反応)、ASSR(聴性定常反応)などを用いた精密検査を行って早期診断し、医師・言語聴覚士が中心となった診断後の早期療育(補聴器も含めて)に努めています。[pref.hokkaido.lg.jp]

  • 細菌性中耳炎

    2〜3歳 言葉の発育が遅い(発達の遅れの場合もあります) 怒りっぽく、よく泣く(癇の強い子もあります) 耳によく手をやる(湿疹の場合もあります) 3〜6歳 読んでも返事をしない(注意が他に向いている場合もあり) 大きな声でしゃべる(自己顕示欲の強い子もある) テレビの音を大きくする 言ったことを聞き返す 言葉の数が少ない(他の発達の遅れの時[hat-mimi.com] 早く、その信号を読み取ってあげて、早期発見と早期治療が大切です。[hat-mimi.com]

  • 強度近視-聴覚神経消失症候群

    年齢と共にはっきりする特徴的な顔貌(臨床像を参照) 摂食困難と成長障害を伴う軽度から中等度の乳児の筋緊張低下 微細な骨異常 低身長 短指症 眼科的異常 耳鼻科的異常 難聴に関連するまたは関連しない早期言葉遅れ 末梢神経障害 ある程度の認知機能障害および発達遅滞 睡眠障害およびステレオタイプな不適応な行動を含んだ明らかな神経行動学的表現型[grj.umin.jp]

  • 精神遅滞

    乳幼児期 同年齢の幼児との交流が上手くいかなかったり、言葉遅れがあったりする場合が多い。染色体異常などの病理的原因(後述)の場合は早期に発見されることが多い。 学齢期(6 - 15歳ごろ) 判断力や記憶力などの問題で、普通学級の授業についていけない場合が多い。複雑なルールの遊びに参加することは困難である。[ch.nicovideo.jp]

  • スミス・マゲニス症候群

    年齢と共にはっきりする特徴的な顔貌(臨床像を参照) 摂食困難と成長障害を伴う軽度から中等度の乳児の筋緊張低下 微細な骨異常 低身長 短指症 眼科的異常 耳鼻科的異常 難聴に関連するまたは関連しない早期言葉遅れ 末梢神経障害 ある程度の認知機能障害および発達遅滞 睡眠障害およびステレオタイプな不適応な行動を含んだ明らかな神経行動学的表現型[grj.umin.jp]

  • 三角頭蓋

    全541例 2015年まで *2 言葉遅れ : 517例 運動遅滞 : 153例 多動 : 412例 自閉傾向 : 342例 自傷行為 : 142例 パニック・イライラ: 237例 睡眠障害 : 132例 偏食 : 73例 頭痛 : 8例 嘔吐 : 18例 退行 : 121例 上の資料は、下地先生による臨床研究で集計された、軽度の早期癒合症[atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp] 現行の治療方針によって経過観察対象とみなされる軽度の早期癒合症 うっ血乳頭という、治療の必要性の有無を決定づける頭蓋内圧亢進症状が存在しないけれども、たしかに頭蓋内圧亢進が存在する早期癒合症の類型は存在します。それが、軽度の早期癒合症です。[atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp]

  • オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症

    ほぼ全ての発達障害児は乳児期早期より不規則で安定しない「睡眠問題・障害」を経験しており、生活リズムを規則的に整える診療により「言葉遅れ、情緒不安定」などの発達障害児特有の主症状が劇的に改善することを数多く経験してきました。[tamana-medical.com]

さらなる症状