Create issue ticket

考えれる5県の原因 早期興奮症候群

  • 肥大型心筋症
  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 僧帽弁逸脱症
  • ラウン・ギャノン・レバイン症候群
  • 早期興奮症候群

    このため、WPW症候を心室早期興奮症候(preexcitation syndrome)または副伝導路症候群(accessory pathway syndrome)とも呼ばれます。正常の刺激伝導系(房室伝導系、田原-ヒス系)を興奮が通る際には、房室結節(田原結節)を通過するのに時間がかかります(0.12 0.20秒)。[udatsu.vs1.jp] この特徴に加えて、WPW症候では、心室が早期興奮することでデルタ(Δ)波と呼ばれる特有の波形が心電図のP波の後に現われる。これが脚ブロックとの違いの部分である。ただし、このデルタ波は、心電図波形を、注意深く観察しないと見落としてしまうことがあり、特にモニター波形では判別が困難であるため、疑わしい場合には必ず12誘導心電図を記録する。[cardiac.jp] 5.QRS間隔の拡大 正常の刺激伝導系を通る興奮は、左右心室にほぼ同時に伝わりますので、QRS間隔は狭いのですが(0.05 0.10秒)、WPW症候の場合は副伝導路が何れかの心室にありますので、その心室が早期興奮します。[udatsu.vs1.jp]

さらなる症状