Create issue ticket

考えれる32県の原因 早期死亡

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    患者家族のリスク 発端者の両親 HNPCC患者の大部分は両親の一方から体質を受け継いでいる.しかし,不完全浸透,がん発症年齢のばらつき,スクリーニング検査や予防的手術によるリスク軽減,早期死亡などのため,遺伝子変異を伴うHNPCC患者のすべてにがんを発症した親がいるわけではない.[grj.umin.jp] 遺伝カウンセリング HNPCCは常染色体優性遺伝の形式をとる.本症と診断された患者の大多数は体質を親から受け継いでいる.しかしながら不完全浸透やがん発症年齢のばらつき,スクリーニングや予防的手術によるがんリスクの低減,早期死亡などのため,すべてのHNPCC患者でがんを発症した親がいるわけではない.HNPCCの親から生まれた子はそれぞれ50%[grj.umin.jp]

  • グルタル酸尿症 2型

    幅広い臨床像をとり、新生児期に極めて重篤な代謝性アシドーシス等で発症し早期死亡する例から、乳幼児期に代謝性アシドーシスや低血糖、筋力低下として発症する症例、成人期に発症し筋痛、筋力低下を契機に診断される症例もあって、特に近年タンデムマス・スクリーニング法により成人例が見つかるようになって以来、人生における診断時期は様々である。[ja.wikipedia.org]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    フェロー諸島(創始者効果のため比較的発症率が高い地域)の12症例を対象にした2007年の研究では、予後が悪く早期死亡すると示唆されている。2015年の研究ではSUCLA2 変異のある患者50人を対象にしており、この中には16種類の異なるSUCLA2 変異が含まれていた。[ja.wikipedia.org] RRM2B変異は乳児で重篤な脳筋型の症例が16件報告されており、新生児もしくは乳児と早期に発症、多臓器で症状がみられ、乳児期に死亡する。 DGUOK、POLG、MPV17の関与する病型では、肝臓に異常がみられる。DGUOK が関連する病型では、早発性のタイプと希少なタイプの双方で、大半の患者が進行性の肝機能不全を示し、大半は死に至る。[ja.wikipedia.org]

  • 肥満

    病気や喫煙による体重の増減の影響を避けるために、5年以内の早期死亡例を除外したり、男性では非喫煙者に限ったりして分析を行いましたが、結果は同様でした。[epi.ncc.go.jp]

  • せん妄

    対応:予防、治療、看護 せん妄は生命にかかわる重篤な症状であるが、可逆的のことが多く、早期発見と早期治療で死亡率を低下できる可能性がある。[bsd.neuroinf.jp]

  • 過敏症

    重度のI型アレルギー反応においては早期のアドレナリン投与がもっとも重要であるといわれている。早期にボスミン0.3mgの筋注を行うことで死亡率の減少がみられるだけではなく、数時間後に起こるといわれている第二相反応の防止効果もあるといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    化膿性関節炎は死亡率が7〜15%と高く、急激な関節破壊により機能的予後が悪化するため早期診断が重要である。関節液の培養と血液培養を行うことが特に重要である。起炎菌は黄色ブドウ球菌が46%ほど連鎖球菌が22%ほどをしめる。エンピリック治療ではMSSAを想定すればセファゾリン(CEZ)を2gで8時間毎投与する。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    【研究の背景】 インフルエンザは、我々にとって最も身近に存在する感染症のひとつであり、世界中で、毎年300万-500万人が感染し、25万-50万人が死亡するといわれています。ウイルスの感染拡大を防止するには、早期の診断による薬の処方が最も有効的です。[eurekalert.org]

  • 奇異性塞栓症

    羊水塞栓症 帝王切開術中、子宮内胎児死亡、稽留流産、常位胎盤早期剥離、前期破水などが基礎疾患となり、胎児の皮脂等の胎児成分や胎便成分が母体内血中に流入し、肺の微小血管に詰まることにより発症する説と、羊水中の化学活性物質を原因とする説がある。非凝固性の性器出血が特徴で、帝王切開におけるリスク増大の調査結果も報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 塞栓症

    に開始するとともに,引き続いて起こるDICに対応するためにも早急に高次医療機関へ搬送することが母体死亡を減らす努力として重要であると考えられた.[doi.org] 羊水塞栓症 帝王切開術中、子宮内胎児死亡、稽留流産、常位胎盤早期剥離、前期破水などが基礎疾患となり、胎児の皮脂等の胎児成分や胎便成分が母体内血中に流入し、肺の微小血管に詰まることにより発症する説と、羊水中の化学活性物質を原因とする説がある。非凝固性の性器出血が特徴で、帝王切開におけるリスク増大の調査結果も報告されている。[ja.wikipedia.org] 経過をたどるため治療は困難をきわめる.今回報告した2症例も,死産直後と帝王切開術中に発症し,急激な全身状態の悪化に引き続きDICを併発し母体死亡に至った.今回の2症例と本邦における過去10年間の26報告例をあわせて各臨床的項目について検討を行った.分娩周辺期で原因不明の呼吸・循環障害を認めた場合,本症の可能性を疑って診断のための検査と治療を早期[doi.org]

さらなる症状