Create issue ticket

考えれる1,464県の原因 早期死亡

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    フェロー諸島(創始者効果のため比較的発症率が高い地域)の12症例を対象にした2007年の研究では、予後が悪く早期死亡すると示唆されている。2015年の研究ではSUCLA2 変異のある患者50人を対象にしており、この中には16種類の異なるSUCLA2 変異が含まれていた。[ja.wikipedia.org] RRM2B変異は乳児で重篤な脳筋型の症例が16件報告されており、新生児もしくは乳児と早期に発症、多臓器で症状がみられ、乳児期に死亡する。 DGUOK、POLG、MPV17の関与する病型では、肝臓に異常がみられる。DGUOK が関連する病型では、早発性のタイプと希少なタイプの双方で、大半の患者が進行性の肝機能不全を示し、大半は死に至る。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    潜伏期は2時間 3日で、頭痛・眼瞼下垂・散瞳・複視を 初発症状とし、まもなく嚥下障害・発語障害・呼吸筋麻痺へと進み、3 7日目に死亡す る(日本に多いE型による死亡率は35%)。早期に抗毒素血清を使用することが大切。 3.セレウス菌:Bacillus cereus による。[nms.co.jp]

  • 上気道感染症

    早期に播種性血管内凝固症候群(DIC)から肝不全、腎不全、成人呼吸窮迫症候群(ARDS)などの多臓器不全を起こして死亡する。 【 炭疽 】 3型に分けられる。 皮膚炭疽;局所の発赤、浮腫についで水泡を形成し、黒褐色の痂皮(無痛性の非化膿性膿疱)を形成する。所属リンパ節の腫大や敗血症がみられる。[biseibutu.co.jp]

  • 外陰炎

    がんによる死亡者数を減少させるためには、がん検診の受診率を向上させ、がんを早期に発見することがきわめて重要です。[dr-watanabe.jp] がんは我が国において、昭和56年から死亡原因の第1位であり、がんによる死亡者数は年間30万人を超える状況となっています。 診断と治療の進歩により、早期発見、早期治療が可能となっていますが、女性特有のがん(子宮頸がん・子宮体がん、乳がん)については、検診受診率が低い状況にあります。[dr-watanabe.jp]

  • 肥満

    病気や喫煙による体重の増減の影響を避けるために、5年以内の早期死亡例を除外したり、男性では非喫煙者に限ったりして分析を行いましたが、結果は同様でした。[epi.ncc.go.jp]

  • 過敏症

    重度のI型アレルギー反応においては早期のアドレナリン投与がもっとも重要であるといわれている。早期にボスミン0.3mgの筋注を行うことで死亡率の減少がみられるだけではなく、数時間後に起こるといわれている第二相反応の防止効果もあるといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    また赤ちゃんの発育が悪くなったり(胎児発育不全)、胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなり(常位胎盤早期剥離)、赤ちゃんの状態が悪くなり(胎児機能不全)、場合によっては赤ちゃんが亡くなってしまう(胎児死亡)ことがあるなど、妊娠高血圧症候群ではお母さんと赤ちゃん共に大変危険な状態となることがあります。[jsog.or.jp]

  • 皮膚感染症

    […] omadacycline群の1例(オピエート過量摂取)およびリネゾリド群の2例(心停止、心不全)が死亡した。 著者は、「早期臨床効果を達成した患者のうちomadacycline群の93.7%およびリネゾリド群の90.2%が、投与終了後評価で臨床効果ありと評価された。[carenet.com] 早期に治療を施さないと約30%の人が死亡するような感染症です。 劇症型の溶連菌感染症にかかる人が増えたのは、次の原因のためと考えられています。 予約にはこのアプリが オススメ![epark.jp]

  • 性感染症

    また、心臓、血管、脳などの複数の臓器に病変が生じ、場合によっては死亡に至ることもあります。 現在では、比較的早期から治療を開始する例が多く、抗菌薬が有効であることなどから、晩期顕性梅毒に進行することはほとんどありません。[mhlw.go.jp] したがって、早期に感染を発見し、薬でエイズの発症を予防し続けるというのが現在の治療法です。これによって、死亡者はかなり減少するものとみられています。しかし、エイズもコンドームをきちんと装着すれば予防の可能な病気です。そして、感染の危険を感じたら、必ず病院で検査を受けましょう。[shinsaibashilc.com]

  • 本態性高血圧症

    二次性高血圧の確定診断に専門医が行う特殊検査として,副腎エコー・CT(造影を含む),腎血流エコー,腎血流シンチグラフィ,副腎シンチグラフィ,副腎静脈サンプリング,睡眠ポリグラフィなどがある. 3)高血圧と心血管疾患 高血圧は死亡の最も重要な危険因子の1つである.高血圧患者では早期に高血圧性臓器障害を発見することが重要であり,その重症度は心血管病[kotobank.jp]

さらなる症状