Create issue ticket

考えれる2県の原因 早期小児期、2-4歳に発症

  • 筋ジストロフィー

    DMDは、世界中で最も多く見られる筋ジストロフィーの病型(種類)で、主に男児に発症し、毎年、出生男児3,500 5,000人につき1人の割合で発症します 2,3 。通常、DMDは1 4小児早期発症し、一般に、歩き始めるのが遅い、立ち上がるのが困難、走ったり階段を上ったりするのが困難、などの筋力低下の症状が見られます 4 。[pfizer.co.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    DMDは、世界中で最も多く見られる筋ジストロフィーの病型(種類)で、主に男児に発症し、毎年、出生男児3,500 5,000人につき1人の割合で発症します 2,3 。通常、DMDは1 4小児早期発症し、一般に、歩き始めるのが遅い、立ち上がるのが困難、走ったり階段を上ったりするのが困難、などの筋力低下の症状が見られます 4 。[pfizer.co.jp]

さらなる症状