Create issue ticket

考えれる14県の原因 早期小児期または青年期に発症

  • 気分変調性障害

    先述のように、持続性抑うつ障害は小児青年期、成人早期など人生の早いうちに、しかも気づいたら発症していることが多く、慢性に経過します。 うつ病レベルまで症状が強まることがありますが、その後はまた元の持続性抑うつ障害のレベルに戻ることが多いです。[jr-nara-cocoro.com] 経過 よくあるケースでは、小児青年期、あるいは成人期早期と早い段階に発症し、自分では気づかないうちに症状が進行し、慢性化していきます。 子どもは、寛解、再燃を伴い、時に大うつ病性障害を合併することもあります。患者さんの15 20%は、思春期のあとに軽躁病相、躁病相、または混合性病相に発展する可能性があります。[e-heartclinic.com]

  • 大うつ病エピソード

    経過 よくあるケースでは、小児青年期、あるいは成人期早期と早い段階に発症し、自分では気づかないうちに症状が進行し、慢性化していきます。 子どもは、寛解、再燃を伴い、時に大うつ病性障害を合併することもあります。患者さんの15 20%は、思春期のあとに軽躁病相、躁病相、または混合性病相に発展する可能性があります。[heartclinic-machida.com]

  • 交差性融合異所性腎

    重症のものは出生前,出生直後,または小児早期から腎関連症状で発症するが,比較的軽症の患者では小児後期または青年期に肝関連症状で発症する。 発症した新生児には腹部膨隆がみられ,腎臓は巨大化して硬く,表面平滑で左右対称である。重症の新生児では,腎機能障害および羊水過少が出生前に与える作用により肺低形成を来すことが多い。[msdmanuals.com]

  • パーキンソン病 3型

    平均発症年齢は約57歳である。 まれに,小児青年期に発症するPDもある(若年性パーキンソニズム)。21歳から40歳までに発症するものは,ときに早期発症PDと呼ばれる。[msdmanuals.com]

  • 慢性的な不安

    【予後】 気分変調性障害は 慢性経過 と同様に、しばしば 早期 かつ 潜行性の発症 (すなわち、 小児青年期・成人早期 より)を示します。学童期や思春期の時に、食欲不振(拒食症と診断されていたりします)、不登校、家庭内暴力などの問題を起こしては、いったん落ち着くということを繰り返していたりします。[e556e556.com]

  • 二次パーキンソン症

    平均発症年齢は約57歳である。 まれに,小児青年期に発症するPDもある(若年性パーキンソニズム)。21歳から40歳までに発症するものは,ときに早期発症PDと呼ばれる。[msdmanuals.com]

  • 緊張型統合失調症

    小児発症はまれであるが,青年早期または晩年での発症(この場合はパラフレニーと呼ばれる)もありうる。[msdmanuals.com]

  • 顎口腔ジストニア

    一般に、ジストニアは、発症年齢、症状の分布および病因に従って分類される。ジストニアの症状は、小児(すなわち早期発症)、青年期または成人期に始まりうる。発症の年齢は、重要な予後の指標となる。一般に、症状の発症が早いほど、他の身体の部分に広がりやすい(Greene et al.,1995)。[biosciencedbc.jp] 例えば、全身性ジストニアまたはドーパ反応性ジストニアの症状は、多くの場合、小児に始まるが、通常、局所性ジストニアは、青年期に引き起こされる。早期発症ジストニアの多くの症例は、先天的遺伝子欠損の結果として引き起こされると考えられる。他の症例は、自然な遺伝子変化により生じうる。[biosciencedbc.jp]

  • 原発性捻転ジストニア

    一般に、ジストニアは、発症年齢、症状の分布および病因に従って分類される。ジストニアの症状は、小児(すなわち早期発症)、青年期または成人期に始まりうる。発症の年齢は、重要な予後の指標となる。一般に、症状の発症が早いほど、他の身体の部分に広がりやすい(Greene et al.,1995)。[biosciencedbc.jp] 例えば、全身性ジストニアまたはドーパ反応性ジストニアの症状は、多くの場合、小児に始まるが、通常、局所性ジストニアは、青年期に引き起こされる。早期発症ジストニアの多くの症例は、先天的遺伝子欠損の結果として引き起こされると考えられる。他の症例は、自然な遺伝子変化により生じうる。[biosciencedbc.jp]

  • 原発性捻転ジストニア

    一般に、ジストニアは、発症年齢、症状の分布および病因に従って分類される。ジストニアの症状は、小児(すなわち早期発症)、青年期または成人期に始まりうる。発症の年齢は、重要な予後の指標となる。一般に、症状の発症が早いほど、他の身体の部分に広がりやすい(Greene et al.,1995)。[biosciencedbc.jp] 例えば、全身性ジストニアまたはドーパ反応性ジストニアの症状は、多くの場合、小児に始まるが、通常、局所性ジストニアは、青年期に引き起こされる。早期発症ジストニアの多くの症例は、先天的遺伝子欠損の結果として引き起こされると考えられる。他の症例は、自然な遺伝子変化により生じうる。[biosciencedbc.jp]

さらなる症状