Create issue ticket

考えれる30県の原因 日本脳炎, 脊髄精神的外傷

  • 虫刺症

    蚊に刺された場合、局所的には軽度の炎症で済むが、日本脳炎に注意が必要である。海外へ渡航の際は、マラリア、ウエストナイル熱、デング熱にも注意が必要となる。 感染症 皮膚科学 外科学 外傷 動物咬傷 クラゲ刺傷 トコジラミ[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 性感染症

    [例:日本脳炎、クリプトスポリジウム症など] 節足動物媒介感染症 昆虫やダニが病原体を媒介してヒトが罹患する感染症です。 [例:Q熱、ウエストナイル熱/脳炎など] 血液媒介性感染症 全血輸血、成分輸血や、血液で汚染された注射器、医療器具などの使用により感染する疾患です。母児感染や性交渉による感染もこれに該当することがあります。[idsc.nih.go.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 緑膿菌

    (2002年第25号) 日本脳炎 (2002年第1・2号) 乳児ボツリヌス症 (2001年第46号) ノロウイルス感染症 (2004年第11号) [は] 梅 毒 (2001年第49号) 破傷風 (2002年第15号) ハンタウイルス肺症候群 (2003年第26号) ハンセン病 (2011年第13号) バンコマイシン耐性腸球菌感染症 (2002[idsc.nih.go.jp] チフス・パラチフス (2002年第05号) 手足口病 (2001年第27号) デング熱 (2004年第50号) 伝染性紅斑 (2004年第23号) 伝染性単核症 (2003年第23号) 天然痘 (2001年第40号) 突発性発疹 (2003年第28号) [な] NAGビブリオ感染症 (2001年第12号) ニパウイルス感染症 (2005年第3号) 日本紅斑熱[idsc.nih.go.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 脱髄疾患

    両側深部灰白質に分布するもの Wilson病、CO中毒、メタノール中毒、低酸素脳症、日本脳炎、ヘルペス脳炎、ANEM、MELAS、ライ症候群などがあげられる。 参考文献 [ 編集 ] 新版よくわかる脳MRI ISBN 487962280X 脚注 [ 編集 ] 脱髄性疾患の多発性硬化症(MS)とは?発症原因となる「脱髄」とは?[ja.wikipedia.org] 牛海綿状脳症 (BSE) の類似疾患) ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 (GSS) 致死性家族性不眠症(FFI) 日本脳炎 インフルエンザ脳症 単純ヘルペス脳炎 症状 発熱や頭痛から始まる。 検査 脳脊髄液検査 脳脊髄液の、細胞数は上昇し、蛋白は上昇し、糖は不変。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 人獣共通感染症

    アルボウイルス感染症(黄熱、デング熱、ウエストナイル熱、日本脳炎、SFTS、クリミア・コンゴ出血熱、リフトバレー熱など)、発疹熱、マラリア、日本住血吸虫症、肝吸虫症、リーシュマニア症など サプロズーノーシス(sapro-zoonosis) 病原体が発育・増殖の場として、有機物・植物・土壌などの動物以外の環境を必要とするもの。[ja.wikipedia.org] ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等 ウイルス性人獣共通感染症 インフルエンザ ― SARS ― MERS ― 狂犬病 ― エボラ出血熱 ― マールブルグ熱 ― ラッサ熱 ― 南米出血熱 ― クリミア・コンゴ出血熱 ― SFTS ― リフトバレー熱 ― Bウイルス感染症 ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • オリーブ橋小脳萎縮症

    牛海綿状脳症 (BSE) の類似疾患) ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 (GSS) 致死性家族性不眠症(FFI) 日本脳炎 インフルエンザ脳症 単純ヘルペス脳炎 症状 発熱や頭痛から始まる。 検査 脳脊髄液検査 脳脊髄液の、細胞数は上昇し、蛋白は上昇し、糖は不変。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • レミエール症候群

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、ウイルス性胃腸炎、ウイルス性結膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、日本脳炎[ja.wikipedia.org] Ann Intern Med 2002;137:173-9 この,日本脳炎の仲間のウイルスによる脳炎に関しては, 先にまとめたが ,今年に入ってメキシコ湾岸のテキサス,ルイジアナ,ミシシッピといった州で流行している.日本で流行しないという保証はどこにもないので,流行状態には気をつけておきたいものだ. 神様か蝿か?[square.umin.ac.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 肝膿瘍

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、ウイルス性胃腸炎、ウイルス性結膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、日本脳炎[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 自己免疫性脳炎

    代表的なものに 橋本脳症 があり、ほかに 急性散在性脳脊髄炎 (ADEM) 、 抗NMDA受容体抗体脳炎 など。21世紀に入り知見が蓄積されてきたものは、腫瘍の有無とは無関係に発症する。 原因となる抗体 [ 編集 ] 日本では、ヘルペス脳炎の調査中に、非ヘルペス性急性辺縁系脳炎として浮かび上がってきた [2] 。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 単純ヘルペス脳炎

    日本の法律 [ 編集 ] 感染症法 では五類感染症(全数把握)となっている。急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く)として届出が必要である。[ja.wikipedia.org] 急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く)として届出が必要である。[ja.wikipedia.org] 疫学 [ 編集 ] 単純ヘルペス脳炎は脳炎全体の10 20%を占め、起炎ウイルスの判明した散発性脳炎の中では最も多い疾患である。地域差はなく100万人あたり年間2 4人の頻度で起こり日本では年間400例前後の発症があると推測されている。全年代に起こりえるが50 60歳代に発症のピークがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状