Create issue ticket

考えれる116県の原因 旅行者下痢

  • 大腸菌

    (3)毒素原性大腸菌 コレラ様の下痢をおこす。開発途上国での乳幼児下痢症、旅行下痢症として知られている。O6、O8、O11、O15、O25、O27、O29、O63、O73、O78、O85、O114、O115、O128、O139、O148、O149、O159、O166、O169の血清型大腸菌。[kotobank.jp]

  • 旅行者下痢

    旅行下痢(りょこうしゃげり)は、渡航下痢とも呼ばれ、主に国外旅行が滞在先、あるいは帰国後10日以内に3回/日の下痢症状が起こった状態である。複数の病原体が原因になることもある。 病原性と非病原性に大別される。 水、油や香辛料、環境の変化によるストレス、薬剤(抗生物質)、腐敗した食物。[ja.wikipedia.org] 旅行下痢症 概要 旅行下痢症の明確な定義はありませんが旅行中もしくは帰国後に24時間あたり3回以上の下痢になんらかの随伴症状(悪心・嘔吐、我慢できない便意、しぶり腹、血便、粘血便といった消化器症状や発熱など)を認めた場合、旅行下痢症とみなすのが一般的です。[forth.go.jp] 「細菌による下痢症」 コレラ 赤痢 腸チフス、パラチフス 毒素原性大腸菌 腸管出血性大腸菌(O-157) カンピロバクター腸炎 腸炎ビブリオ サルモネラ 赤痢アメーバ症 ロタウィルス下痢症 ノーウォーク様ウィルス下痢症 3.予防法 旅行下痢症の多くは、水、食物からの感染です。[jomf.or.jp]

  • カンピロバクター腸炎

    その他 旅行下痢症の中でも発生頻度が高く、治療にも時間がかかるので注意が必要。 毒素原性大腸菌 病原体 毒素原性大腸菌 症状 腹痛、下痢、吐き気、嘔吐 潜伏期間:1 2日 感染経路 菌に汚染された水や生野菜 予防方法 生水、生野菜は避けること その他 アジア渡航による旅行下痢症の50%を占める。[jomf.or.jp] また、本菌腸炎の原因の多くが食肉に関係する一方で、簡易水道などの汚染による水系感染事例、調理実習における鶏肉からの二次汚染が疑われる事例、あるいは、動物からの接触感染事例、母子の垂直感染事例なども報告され、さらに海外旅行下痢症患者からも本菌が高率に分離されている。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 海外での旅行下痢症の原因ともなります。 症状 主な症状は胃腸炎で、潜伏期間が2 5日間と他の胃腸炎よりやや長いことが特徴です。汚染食品中ではあまり菌が増殖せず、かつ少量の菌数でも発症するため、潜伏期間が長くなるのは摂取菌数の差によると考えられています。[kansensho.jp]

  • ノーウォーク ウイルス感染

    ノロウイルス は感染力が非常に強く、食品や人の手等を介して感染し、急性胃腸炎を引き起こします。 最近(平成27年)、大正区内でも ノロウイルス を原因とした小学校での集団感染や飲食店での食中毒が発生しています。 ノロウイルス の特徴等を理解し、感染の予防に努めましょう。 ノロウイルスとは 感染の特徴 感染経路 感染の予防について 消毒について ノロウイルスとは ノロウイルス はここ数年で患者数が急激に増えている新顔のウイルスで、平成9年に食中毒の原因の1つとして追加されました。 ほぼ毎年のように、この食中毒が発生しており、 特に最近では 増加傾向[…][city.osaka.lg.jp]

  • サルモネラ感染症

    サルモネラ( Salmonella )は、人に下痢症状を起こす細菌ですが、数多くの種類があります。感染症法の3類感染症の腸チフスの病原体であるSalmonella typhi(チフス菌)や同じく感染症法の3類感染症のパラチフスの病原体であるSalmonellaparatyphi A(パラチフスA菌)も、サルモネラの仲間です。ただし、 感染症法の3類感染症[…][city.yokohama.lg.jp]

  • 下痢

    旅行下痢症 どんな病気か? 海外旅行で最も多い病気が旅行下痢症です。約1ヶ月の途上国滞在で発病率は、20-60%とされています。症状は一般的に軽く、大多数は治療をしなくても数日の経過で軽快しますが、旅行下痢症になってしまった人の20 30%が旅先で寝込み、40%が旅行日程の変更を余儀なくされます。[tra-dis.org] 海外旅行中には、日本ではあまりみられない病気にかかることがあります。なかでもとくに多いのが、「旅行下痢症」と呼ばれるお腹の異常です。海外旅行のうち、20 50%が下痢症状を起こすとされていますが、欧米などの先進国への旅行では、発症は数%程度と推定されています。[healthcare.omron.co.jp] 現在、わが国におけるEIECの分離の多くは海外渡航旅行下痢からである。 3 )毒素原性大腸菌(ETEC) ETEC は途上国における乳幼児下痢症の最も重要な原因菌であり、先進国においてはこれらの国々への旅行にみられる旅行下痢症の主要な原因菌である。[niid.go.jp]

  • アメーバ赤痢

    附属病院・感染免疫内科 輸入感染症を診療される医療従事の方へ 輸入感染症各論[旅行下痢症] [ 旅行と感染症 ]のページに示したとおり旅行が発展途上国を1ヶ月旅行した際に罹患する疾患の中で、最も頻度の多いものが旅行下痢症であり、次のように定義される。[idimsut.jp] 胃腸炎 旅行下痢症 途上国への旅行の際には20 50%の旅行下痢を起します。一部は病原体感染によりますが、大部分は、不安、ストレス、緊張、疲れ、時差、慣れない飲食物などに誘発されます。[traveller-vaccination.jp] : 20 30% (CECIL TEXTBOOK OF MEDECINE 20版1658ページより) 旅行下痢症の原因となる疾患 旅行下痢症の原因となる疾患には以下の疾患がある。[idimsut.jp]

  • 過敏性腸症候群

    糞 便秘 寄生虫 伝染病 感染症 食中毒 消化器官 口 胃 十二指腸 小腸 大腸 直腸 肛門 酵素 脱水症状 旅行下痢 厚生労働省検疫所・海外で顕著な寄生虫とその被害一覧 食品衛生の窓(東京都食品安全総合情報提供サイト) フルーツジュース(果汁)と下痢について-横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課[ja.wikipedia.org]

  • ジアルジア症

    特にインド周辺を旅行したの感染が増えており、 旅行下痢症 ( traveler's diarrhea ) の1つとして注目されている。現在の日本人の感染は、海外旅行に多く 赤痢菌 、下痢原性大腸菌や アメーバ赤痢 などとの混合感染例が多いとされている。[ja.wikipedia.org] ISBN 4-525-17026-3 関連項目 [ 編集 ] 旅行下痢症 輸入感染症 外部リンク [ 編集 ] ジアルジア症について 横浜市衛生研究所 ジアルジア症 196 章 寄生虫による感染症 メルクマニュアル家庭版 感染症の話 - ジアルジア症 ( 国立感染症研究所 感染症情報センター) 水道水源におけるクリプトスポリジウム等の検出状況[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    またETECは、海外旅行下痢 の最多原因菌で、発熱はないがコレラ様の激しい水様性下痢が見られることが多い。抗生 剤の投与と輸液が必要。ニューキノロン系、第二世代セフェムなどを使用する。 4.ウェルシュ菌:本菌はクロストリジウム属の一種で Cl.perfringens とも呼ばれ、耐熱性 株が感染型食中毒を起こす。[nms.co.jp]

さらなる症状