Create issue ticket

考えれる21県の原因 新生児黄疸

  • 遺伝性球状赤血球症

    黄疸 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇して黄疸になる。 胆石症 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石症を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。 アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。[ja.wikipedia.org]

  • 溶血性貧血

    黄疸 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇して黄疸になる。 胆石症 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石症を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。 アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。[ja.wikipedia.org]

  • 新生児黄疸

    これが新生児黄疸である。新生児黄疸自体は生理的な現象ではあるが、時として血中ビリルビン濃度が過多となると 大脳基底核 などに沈着し悪影響を及ぼすことがある。 疫学 [ 編集 ] 日本人では 98%、白人では 約60% に新生児黄疸が発生し、男子に多く低体重児ほど強く表れやすい [1] 。[ja.wikipedia.org] 新生児黄疸症と思われる子豚の赤血球は生理的食塩水により遠心洗滌するだけで強い凝集反応を示した.[doi.org] 馬の新生児黄疸症 その原因と診断と予防 ジャーナル フリー 1968 年 21 巻 5 号 p. 187-192[doi.org]

  • 生理的新生児黄疸
  • ニーマン・ピック病C型

    また、10%の患者では、新生児期 乳児期の進行性の肝障害によって肝不全となる場合がある。明らかな肝障害のない新生児黄疸、肝内胆汁うっ滞症はC型を鑑別に入れる必要がある。 5.診断 骨髄の泡沫細胞の確認。培養線維芽細胞または骨髄の泡沫細胞のフィリピン染色(写真)による遊離型コレステロールの蓄積の確認とNPC1遺伝子変異の同定で行う。[japan-lsd-mhlw.jp]

  • ムコ多糖症

    HOME トピックス一覧 「湘南乃風」の若旦那さんが製作中の、ムコネットオリジナル曲の試聴ができます。 「湘南乃風」の若旦那さんが製作中の、ムコネットオリジナル曲の試聴ができます。 2007/01/25 昨夏以来、当会をご支援くださっている人気音楽ユニット「湘南乃風」のメンバー・若旦那さんが、ムコ多糖症の患者たちを励ますための楽曲製作を始められました。1月12日、都内の音楽スタジオでスタートした曲作り。タイトルはまだ決まっていませんが、メロディーと歌詞の1番までができたので、経過報告として製作途中の曲を試聴していただけるようにしました。[…][muconet.jp]

  • 脳性麻痺

    胎生期の原因脳の発生の過程で問題が生じる脳形成異常 脳出血 虚血性脳障害周産期の原因胎児仮死 新生児仮死 核黄疸 脳室周囲白質軟化症(PVL)出生後の原因脳炎・髄膜炎 脳血管障害 日本においては日本医療機能評価機構が実施する産科医療補償制度により分娩に関連して発症した重度脳性麻痺児に対する補償と原因分析をし将来の再発防止を行う制度がある。[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    黄疸 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇して黄疸になる。 胆石症 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石症を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。 アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    黄疸 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇して黄疸になる。 胆石症 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石症を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。 アレルギーが原因の場合、免疫反応を抑えるプレドニゾロンと呼ばれるステロイド剤を経口服用する。[ja.wikipedia.org]

  • 黄疸

    出生後に起こるHbFの分解によるビリルビンの産出と肝臓の機能が未熟ということが重なって生理的黄疸が発生すると考えられている。新生児黄疸新生児にみられる黄疸である。病態としては高ビリルビン血症による。[ja.wikipedia.org] 体質性黄疸 間接ビリルビン値が高くなる。下記参照。 新生児においては生理的黄疸という言葉があるように、黄疸が出現しても正常な状態がある。これは新生児の生理学的な特徴から理解されている。胎児期は肝機能が未熟であるために胎児肝はほとんどグルクロン酸抱合を行わない。[ja.wikipedia.org] 肝内胆汁鬱滞性黄疸 原因としては原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、新生児肝炎、劇症肝炎、薬剤性などがあげられる。これも直接ビリルビン値が高くなる。 肝細胞性黄疸 原因としては肝硬変、肝炎があげられる。血清生化学検査では直接ビリルビン値が高くなる。 溶血性黄疸 溶血によって間接ビリルビン値が高くなる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状