Create issue ticket

考えれる151県の原因 新生児高ビリルビン血症

  • 胆汁うっ滞

    TOP 疾患別 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC) 診断のポイント 新生児乳児胆汁うっ滞網羅的遺伝子解析 PFIC 乳児期早期に遷延性黄疸、新生児肝炎症候群などと診断された症例で、生後6か月以降も黄疸が持続して、しだいに 強い掻痒感をきたす ようになります。 1型と2型のPFICでは、閉塞性黄疸があるにもかかわらず γ-GTPが正常または僅かに高いといった範囲 に留まるのが特徴です。3型では、γ-GTP高値を示します。[…][jspghan.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。 出典 がまったく示されていないか不十分です。内容に関する 文献や情報源 が必要です。 ( 2015年5月 ) 独自研究 が含まれているおそれがあります。 ( 2018年8月 ) 遺伝性球状赤血球症 (いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう、英 Hereditary spherocytosis , HS)は、 溶血性貧血 の一種。 遺伝 性に 赤血球 が球状化する。 病態 [ 編集 ] 球状になった赤血球( 球状赤血球 )は変形能が乏しいので、物理的に 脾臓[…][ja.wikipedia.org]

  • 生理的新生児黄疸
  • 新生児高ビリルビン血症

    ※この記事では、病的黄疸の出現に関係する新生児ビリルビンについて解説します。生理的な新生児ビリルビンについては、生理的黄疸のページをご覧ください。 原因 ビリルビンが過剰※に作られたり、ビリルビン排泄が低下したりすることで、病的黄疸をきたす新生児ビリルビンが生じます。[medicalnote.jp] 一旦核黄疸を発症すれば治療法はないが,ビリルビンの治療によって予防できる( 新生児ビリルビン )。[msdmanuals.com] による光療法 介入2 ブルーLEDによる光療法 主要アウトカム評価項目 血清総ビリルビン値の低下 副次アウトカム評価項目 光化学異性体の生成 放射照度 対象疾患 年齢(下限) 36週以上 年齢(上限) 42週未満 性別 男女両方 選択基準 在胎36週以上、出生体重2200g以上で出生した新生児のうち、新生児ビリルビンにて光療法が必要な[rctportal.niph.go.jp]

  • 嚢胞性線維症

    嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic[…][ja.wikipedia.org]

  • ジルベール症候群

    Ⅱ型: 6mg/d l ,Ⅰ型(新生児 乳児): 20mg/d l ,ビリルビン値には重なりあり〕,シャントビリルビン,肝炎後ビリルビン,Lucy-Driscoll症候群(新生児), 心不全 次に必要な検査 主として 溶血性貧血 と体質性 黄疸 を鑑別する.前者では血清ビリルビン値は通常6mg/d l 以下で,赤血球寿命の短縮,[primary-care.sysmex.co.jp] 異常値を示す主な疾患・状態 ・直接ビリルビン優位の高値異常:肝胆道疾患、閉塞性黄疸、体質性黄疸(Dubin-Johnson 症候群、Rotor 症候群) ・間接ビリルビン優位の高値異常:新生児黄疸、シャントビリルビン、溶血性貧血、体質性黄疸(Gilbert 症候群、Crigler-Najjar 症候群) 検査値に影響を及ぼす要因 ・直接[falco.co.jp] 0.9 5 (軽度の増加) 溶血性黄疸、新生児黄疸、ジルベール症候群、クリグラー・ナジャー症候群2型、シャントビリルビン、心不全 などでみられる数値です。 5 20 (中程度の増加) クリグラー・ナジャー症候群2型、新生児黄疸 でみられる数値です。 20以上 (高度の上昇) クリグラー・ナジャー症候群1型 でみられる数値です。[newton-doctor.com]

  • 新生児肺炎

    多くは当院で出生した児のビリルビン、感染症、呼吸障害、低出生体重児ですが、他の産院からの新生児の受け入れも積極的に行っており新生児の紹介入院も増えてきています。重症児は札幌医大病院やコドモックルに搬送し、スムーズに連携をとっています。 平日は午後8時まで、休日も午前中、小児の救急患者は小児科医が対応するようにしております。[ntt-east.co.jp]

  • 軽症型サラセミア

    サラセミア(thalassemia)は、ヘモグロビンを構成するグロビン遺伝子の異常による貧血である。(溶血性貧血をきたす遺伝性疾患である)地中海沿岸に多いので地中海貧血、地中海性貧血とも言う。 グロビン蛋白の異常によって正常な赤血球が作られず貧血になる。異常なヘモグロビンを持つ赤血球は脾臓で次々と破壊される。赤血球が脾臓で破壊されることを血管外溶血と言う。標的赤血球と呼ばれる特徴的な赤血球が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 鎌状赤血球症

    (ヘモグロビンS病) 執筆者: Alan E. Lichtin, MD, Associate Professor, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine; Staff Hematologist-Oncologist, Cleveland Clinic 鎌状赤血球症は、鎌状(三日月形)の赤血球と、赤血球の過剰破壊による慢性貧血を特徴とする遺伝性の病気です。 貧血や黄疸症状がみられるのが普通です。 貧血、発熱、息切れなどが悪化し、長管骨、腹部、胸部などに痛みを伴うと、鎌状赤血球症の疼痛発作(症状が急速に悪化する危険な状態)が疑われます。[…][msdmanuals.com]

  • 黄疸

    ビリルビン、黄疸に対する治療は現在存在しない。新生児の黄疸なら光線療法や交換輸血が行われる場合がある。 シャーロック肝臓病学 ISBN 4890133267 標準小児科学 ISBN 4260119079 朝倉 内科学 ISBN 425432202X[ja.wikipedia.org] 新生児黄疸は新生児にみられる黄疸である。病態としてはビリルビンによる。ビリルビンには水に溶けず、寿命を迎えた赤血球(寿命約120日)が破壊されてアルブミンに乗って体循環を経る間接ビリルビンと、アルブミンに乗り体循環を経た間接ビリルビンが、肝細胞内でグルクロン酸抱合を受けて変化した水に溶ける直接ビリルビンの2つがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状