Create issue ticket

考えれる439県の原因 新生児肺炎

  • B型肝炎ウイルス

    母親がキャリアでない新生児は、「定期接種」で生後1ヶ月から接種可能(生後2か月からヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどとの同時接種を推奨)。初回、4週間後、さらに20 24週後の合計3回接種 。 一般的には1回目と2回目が4週間間隔(アメリカ合衆国では30日)、2回目と3回目が半年間隔である。[ja.wikipedia.org]

  • 新生児肺炎

    原因 新生児肺炎は、新生児に発症する肺炎を指します。肺炎そのものは乳児や幼児、学童においても非常にありふれた病気ですが、新生児期に発症する肺炎は大きく性格を異にする部分があります。[medicalnote.jp] 概要 新生児肺炎とは、新生児期に発症する肺炎のことを指します。新生児敗血症の一症状として肺炎が生じていることもあれば、その一方で肺にのみ病変が限局していることもあります。 新生児は「出産」という大きなイベントを経てこの世に生を受けるため、出産に関連した病原体が原因となることが特徴的です。[medicalnote.jp] 症状 新生児肺炎は、肺に限局した肺炎として生じることもありますし、出生後数時間のうちに新生児敗血症の一症状として生じることもあります。[medicalnote.jp]

  • α1-アンチトリプシン欠乏症

    執筆者: Robert A. Wise , MD, Professor of Medicine, Division of Pulmonary and Critical Care Medicine, Johns Hopkins University School of Medicine 慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫) アルファ 1 -アンチトリプシン欠乏症 アルファ 1 -アンチトリプシン欠乏症は遺伝性の病気で、アルファ 1 -アンチトリプシンという酵素の欠乏または不足により、肺や肝臓が損傷を受けます。 アルファ 1[…][msdmanuals.com]

  • 肺炎

    小児の肺炎では、経験的治療は大きく異なってくる。その違いは肺炎の起炎菌の違いによるものである。 新生児を除く乳幼児では、肺炎の3大起炎菌といえるのはインフルエンザ桿菌、肺炎球菌、モラキセラ・カタラーリスである。[ja.wikipedia.org] 肺炎は低所得国の児童の主な死因となっている。世界保健機関は、新生児の死亡者の3分の1が肺炎によって占められていると推定している。これらの死亡のうち約半分は効果的なワクチンが入手可能な病原菌によって引き起こされるものであるため、予防が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 膣炎

    尿道炎、子宮頸管炎、新生児肺炎などを起こします。またトラコーマや封入体結膜炎などの眼感染症も起こします。妊婦の場合、まれに流産の原因になったり、出産時の産道感染により新生児が結膜炎や肺炎を起こします。進行すると卵管炎や骨盤内感染症を起こして、不妊の原因にもなります。[shimodaira-ladies.com] 特に、妊娠後期に細菌性膣症が起これば、早産、新生児肺炎・髄膜炎・菌血症などの感染症の原因ともなる。 引用元: 日本性感染症学会 上述のように、妊婦の細菌性膣炎の発症は、早産の原因になるとされています。 また、 生まれてきた赤ちゃんが肺炎などの感染症を起こしてしまう 可能性があり、大変危険だということがわかります。[mmccyuushin.jp] さらに分娩時まで保菌していると、産道感染により新生児が結膜炎・肺炎を発症することがあります。男性の場合は尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になる事があるります。 また注意しなければならないのはクラミジアに感染していると、他の性行為感染症やHIVの感染率が飛躍的に高くなるという事実です。[ami-clinic.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    その後、多呼吸、陥没呼吸などの症状あるいは肺炎を認めます。新生児期あるいは生後2 3か月未満の乳児では、無呼吸発作の症状を呈することがあります。再感染の幼児の場合には、細気管支炎や肺炎などは減り、上気道炎が増えます。中耳炎を合併することもあります。 (3)予防方法 予防接種(ワクチン)はありません。[city.okazaki.lg.jp] [補説] 新生児 や 乳幼児 が感染すると 細気管支炎 ・ 肺炎 ・ 中耳炎 などを引き起こし、重症化することもある。 乳幼児突然死症候群 (SIDS)の原因の一つとも考えられている。[kotobank.jp] 発熱(小児では軽度のことが多い) 皮膚の細菌感染症、肺炎 2から3週間 空気感染、飛沫感染、接触感染 5から10日 対症療法。 新生児水痘、あるいは免疫抑制状態にある患者及び重症例にはアシクロビルなどの抗ウイルス薬が投与されます。 感染力は極めて強いです。[city.kawagoe.saitama.jp]

  • 気管支炎

    肺炎 発熱、咳、多呼吸等が主な症状です。子どもの肺炎の原因(原因微生物)は年齢によって異なります。新生児期にはB群連鎖球菌、大腸菌等の腸内細菌、 1 2歳では、多くのウイルス、肺炎球菌・インフルエンザ菌といった細菌が多いようです。[shionogi.co.jp]

  • 急性気管支炎

    肺炎 発熱、咳、多呼吸等が主な症状です。子どもの肺炎の原因(原因微生物)は年齢によって異なります。新生児期にはB群連鎖球菌、大腸菌等の腸内細菌、 1 2歳では、多くのウイルス、肺炎球菌・インフルエンザ菌といった細菌が多いようです。[shionogi.co.jp]

  • 上気道感染症

    また、直腸炎、咽頭炎、出世時の母体からの感染による新生児結膜炎を起こすことがある。 【 ペニシリン耐性肺炎球菌 】 従来は有効であった抗生物質ペニシリンに耐性を獲得した肺炎球菌のことをいう。近年その割合は増加しており、耐性菌と感受性菌の判別が重要になっている。 [biseibutu.co.jp] 名称 時期 肺炎好発起炎菌 新生児 出生後28日未満 B群溶血性連鎖球菌、 大腸菌 、ブドウ球菌 乳児 生後28日から1歳未満 ブドウ球菌、肺炎球菌 幼児 満1歳から 小学校 就学前 肺炎球菌、 インフルエンザ桿菌 学童 小学生 マイコプラズマ 、肺炎球菌 治療効果判定 [ 編集 ] 重症例では2日後、通常は3日後に初期抗菌薬の有効性の評価[ja.wikipedia.org] 原因菌については、上気道感染症を起こす肺炎球菌やインフルエンザ菌による内因性感染や母体の産道常在菌(大腸菌などの腸内細菌や、B群連鎖球菌)による新生児への垂直感染によることが多く、また頭部外傷や脳外科手術などの場合に外因性に菌が侵入することより発症することもある。また結核菌病巣から広がる結核性髄膜炎もある。[biseibutu.co.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    最初の一年間で50〜70%以上の新生児が罹患し、3歳までにすべての小児が抗体を獲 得する。肺炎や細気管支炎など のRSVによる下気道症状は、ほとんどの場合は3歳以下で、入院事例のピークは2〜5カ月齢に あるが、最初の3〜4週齢では比較的少ない。また、年長児や成人における再感染は普遍的に 見られるが、重症となることは少ない。[niid.go.jp]

さらなる症状