Create issue ticket

考えれる709県の原因 新生児死亡

  • 梅毒

    また、妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります(先天梅毒)。 感染経路 主な感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。具体的には、性器と性器、性器と肛門(アナルセックス)、性器と口の接触(オーラルセックス)等が原因となります。[kansensho.jp] 妊娠中の女性が梅毒に感染すると、胎盤をとおして胎児に感染し、早産や新生児死亡の原因になることがあるため、注意が必要です。 予防について お互いに感染しない、させないためにパートナー同士の感染有無の確認が必要です。 不特定多数との性行為、疑似性行為を避けることが基本となります。 コンドームを正しく使用することが大切です。[city.chiyoda.lg.jp] 先天梅毒 :妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります。 感染経路について 主な感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。具体的には、性器と性器、性器と肛門、性器と口の接触などで感染します。[city.nagoya.jp]

  • 子宮外妊娠

    乳汁分泌の停止死産や新生児死亡にて乳汁分泌を完全に停止したい場合はドパミン作動薬を用いてプロラクチンの分泌を抑制する。最も良く用いられる処方としてはカバサール1.0mg(1T1 1回のみ)という処方である。カバサールは胎児娩出後4時間以内の投与は避け、バイタルサインが安定してから投与する。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    乳汁分泌の停止死産や新生児死亡にて乳汁分泌を完全に停止したい場合はドパミン作動薬を用いてプロラクチンの分泌を抑制する。最も良く用いられる処方としてはカバサール1.0mg(1T1 1回のみ)という処方である。カバサールは胎児娩出後4時間以内の投与は避け、バイタルサインが安定してから投与する。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠

    乳汁分泌の停止死産や新生児死亡にて乳汁分泌を完全に停止したい場合はドパミン作動薬を用いてプロラクチンの分泌を抑制する。最も良く用いられる処方としてはカバサール1.0mg(1T1 1回のみ)という処方である。カバサールは胎児娩出後4時間以内の投与は避け、バイタルサインが安定してから投与する。[ja.wikipedia.org] [1]妊娠中期及び末期にアンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与された高血圧症の患者で、羊水過少症、胎児・新生児死亡新生児の低血圧、腎不全、高カリウム血症、頭蓋の形成不全及び羊水過少症によると推測される四肢の拘縮、頭蓋顔面の変形等が現れたとの報告。[drugsinfo.jp] [117]chlorpromazine ウインタミン錠・注 (塩野義) 妊婦・妊娠可能婦人-投与回避[動物試験(齧歯類)で、大量で胎仔死亡、流産等の胎仔毒性が報告。[drugsinfo.jp]

  • 真性多血症

    PV患者の妊娠例36例の内、流産が8例、死産が7例、新生児死亡が3例、早産を含めて出産成功例が18例となっている。健康女性の妊娠と比べてリスクが高いことは否定はできないが、半数は生児を得ている。また、母体側も子癇前症4例、産褥期肺塞栓症が2例、産褥期血腫が1例とやはりリスクが高いことが伺える。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    世界保健機関は、新生児死亡者の3分の1が肺炎によって占められていると推定している。これらの死亡のうち約半分は効果的なワクチンが入手可能な病原菌によって引き起こされるものであるため、予防が可能である。2011年には、アメリカで肺炎は乳幼児及び児童が救急隊によって搬送され入院するもっとも一般的な理由となっていた。[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    性感染症の母子感染によって、死産、新生児死亡が起こることや、低出生体重児や未熟児での出産、敗血症、肺炎、新生児結膜炎と先天性奇形が起こることがあります。 妊娠中の梅毒によって、胎児死亡及び新生児死亡が毎年約30万5,000人発生しています。[forth.go.jp] 妊婦が梅毒に感染すると、胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがある(先天梅毒)。 B型肝炎 感染経路 血液や精液、膣分泌液に多く含まれていて、粘膜や傷口から感染する。主な感染経路は、性行為感染、母子感染および注射針の回し打ちなどの血液を介しての感染。[crc-group.co.jp] また、妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります(先天梅毒)。 参考 IASR 2013年4月 Q3 どのような経路で感染するのですか? A3 主な感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。[mhlw.go.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    細菌性髄膜炎 子どもの病気の中では、死亡したり後遺症を残す最も重篤な疾患です。年齢は新生児から成人まであり、新生児期から乳幼児期の発症率が高く、1歳未満が52.9%、3歳までの乳幼児で86.1%を占めます。細菌が組織内に侵入し、血液を介して髄膜感染を起こします。3大症状として発熱、頭痛、嘔吐があります。[matsuda-kids.com]

  • 梅毒性ゴム腫

    先天梅毒 妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります。 予防・対策は? コンドームの適切な使用で感染リスクを減らせます 感染の不安がある場合、 保健所で無料検査を受けましょう ※保健所検査を御希望の場合、保健所に電話予約しましょう。[pref.saitama.lg.jp] 先天梅毒 :妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります。 感染経路について 主な感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接の接触です。具体的には、性器と性器、性器と肛門、性器と口の接触などで感染します。[city.nagoya.jp] また、妊娠している人が梅毒に感染すると、胎盤を通して胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、奇形が起こることがあります(先天梅毒)。 感染経路について 主な感染経路は、感染部位と粘膜や皮膚の直接接触を伴う性行為です。 予防について 感染部位と粘膜や皮膚が直接接触をしないように、コンドームを使用することが勧められます。[pref.wakayama.lg.jp]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児死亡、および最終月経後36週齢の慢性肺疾患または死亡のリスクの低下が認められた。 訳注: 監 訳: 江藤 宏美,2014.1.28 実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。[cochrane.org] RDS発症の高いリスクがある新生児(特に,母体に出生前コルチコステロイド投与のない在胎30週未満の出生児)への予防的なサーファクタント気管内投与は,新生児死亡および特定の種類の肺疾患(例,気胸)罹病のリスクを低下させることが示されている。[msdmanuals.com] 新生児死亡率の有意な減少を認めた1).母体ステロイド投与は26週未満であったり,直近の出生が予想されたりしたとしても積極的に進められることが望まれる.[shindan.co.jp]

さらなる症状