Create issue ticket

考えれる317県の原因 新生児期に死亡

  • ウイルス性上気道感染症

    細菌性髄膜炎 子どもの病気の中では、死亡したり後遺症を残す最も重篤な疾患です。年齢は新生児から成人まであり、新生児から乳幼児期の発症率が高く、1歳未満が52.9%、3歳までの乳幼児で86.1%を占めます。細菌が組織内に侵入し、血液を介して髄膜感染を起こします。3大症状として発熱、頭痛、嘔吐があります。[matsuda-kids.com]

  • 妊娠後期

    一方、この方々の次の子どもについては、改善群で3人(改善群の13%)、非改善群で6人(非改善群の50%)が、妊娠37週以前での出産(早産)になりましたが、新生児死亡例はありませんでした。[ncvc.go.jp] 表6:血糖コントロールが悪いときに起こりうるお母さんと赤ちゃんの合併症 お母さんの合併症 赤ちゃんの合併症 1)糖尿病合併症 糖尿病ケトアシドーシス 糖尿病網膜症の悪化 糖尿病腎症の悪化 低血糖(インスリン使用時) 2)産科合併症 流産 早産症 妊娠高血圧症候群 羊水過多(症) 巨大児に基づく難産 1)周産合併症 胎児仮死・胎児死亡 先天奇形[dmic.ncgm.go.jp] 周産心筋症患者さんの次回妊娠・出産時におけるリスク 再度の心不全 早産 死亡 心機能改善群(23人) 6人(26%) 3人(13%) 0人 心機能非改善群(12人) 6人( 50% ) 6人( 50% ) 3人( 25% ) この結果を踏まえると、周産期心筋症を患った後、しばらくたってからも心臓の血液を押し出す機能が低下し続けている方では[ncvc.go.jp]

  • 卵管炎

    4)女性は年齢が増加すると赤ちゃんの死亡率が上昇します 女性の年齢が上昇すると、周産死亡率(妊娠22週以降の胎児や生後1ヶ月以内の新生児死亡率)が上昇します。もっとも、周産死亡率が低いのは、25 29歳です(図3)。[jsrm.or.jp]

  • 尋常性魚鱗癬

    皮膚に水疱形成がある例、新生児死亡する例、皮膚以外の臓器に異常を認める例もある。 4.治療法 根治療法はない。皮膚には、保湿剤やワセリン等の外用による対症療法を行う。重症例では、新生児期は、輸液・呼吸管理、正常体温の維持、皮膚の感染のコントロール等の保存的治療を行う。新生児からのレチノイド全身投与療を行うこともある。[nanbyou.or.jp] 5.予後 ごく一部の重症例で新生児、乳幼児期の死亡例があるものの、基本的には生命予後は良好である。学童期に至るまでに症状が軽快する例もあるが、多くの症例で生涯にわたり症状は持続する。  要件の判定に必要な事項 1. 患者数 約200人 2. 発病の機構 不明(遺伝子異常等による。) 3.[nanbyou.or.jp] 皮膚に水疱形成がある例、新生児死亡する例、皮膚以外の臓器に異常を認める例もある。 診断に際して重要な臨床所見と検査所見、鑑別すべき疾患を以下に示す。 主症状及び主要検査所見 A.臨床的に、出生時から新生児期に、全身又は広い範囲の皮膚が厚い角質物質で覆われている。 B.皮膚病理検査にて表皮角層の肥厚を認める。[nanbyou.or.jp]

  • 心筋疾患

    左室心筋緻密化障害 1)概念 左室心筋緻密化障害は,心室壁の過剰な網目状の肉柱形成と深い間隙を形態的特徴とし,WHO分類ではunclassified cardiomyopathyの1つとして分類されている 3) .典型例は,新生児に心不全のため死亡し,心移植の対象になっている疾患である 17) .血行動態の特徴は心収縮力の低下で,左室の拡大[jpccs.jp]

  • 左心室の心筋障害

    左室心筋緻密化障害 1)概念 左室心筋緻密化障害は,心室壁の過剰な網目状の肉柱形成と深い間隙を形態的特徴とし,WHO分類ではunclassified cardiomyopathyの1つとして分類されている 3) .典型例は,新生児に心不全のため死亡し,心移植の対象になっている疾患である 17) .血行動態の特徴は心収縮力の低下で,左室の拡大[jpccs.jp]

  • Haddad症候群

    胎児に診断される脳腫瘍にいたっては,これより更に頻度が低いです。脳腫瘍のため死亡する胎児例があることも新生児脳腫瘍の頻度が低い理由となっているのでしょう。 種類 注意したいのは,組織型が実に様々なことです。[plaza.umin.ac.jp] 予後については,2年から9年の長期にわたり腫瘍再発を認めなかったという報告もあるのですが,生後1年以内に多数が死亡するという報告が多いです。いずれにせよ,化学療法が奏効しなければ長期生存は期待できない腫瘍です。もちろん新生児あるいは乳児期に放射線治療はできません。 脈絡叢乳頭腫 初期症候は水頭症・頭囲拡大を呈することがほとんどです。[plaza.umin.ac.jp]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    RRM2B変異は乳児で重篤な脳筋型の症例が16件報告されており、新生児もしくは乳児と早期に発症、多臓器で症状がみられ、乳児死亡する。 DGUOK、POLG、MPV17の関与する病型では、肝臓に異常がみられる。DGUOK が関連する病型では、早発性のタイプと希少なタイプの双方で、大半の患者が進行性の肝機能不全を示し、大半は死に至る。[ja.wikipedia.org]

  • 再発性小腸閉塞

    消化管の減圧が奏功しない場合は、穿孔を来したり、腸炎から敗血症へと至り死亡する症例も存在する。 4.治療法 新生児や乳児期に腸閉塞症状で発症し診断や治療のために緊急手術が必要なものや、年長児になって徐々に症状が進行するものもある。いずれにおいても、長期に治療や経過観察が必要な疾患である。[nanbyou.or.jp]

  • 早産

    ホーム 産婦人科ゼミナール 関沢教授の周産講座 5.切迫早産の治療についての最近の話題:長期の子宮収縮薬投与について 早産の妊娠週数が新生児死亡や脳性麻痺などの周産予後と最も密接に関連することが知られており、早産を防ぐことは周産期医療にとって最も重要な課題のひとつであり、その早産を防ぐ目的で切迫早産に対する子宮収縮抑制薬を用いた薬物治療[jaog.or.jp] 精神サポート 早産で最も問題になるのは新生児の予後である。妊娠30週未満の早産児の死亡率は高く、先天奇形を除く周産死亡の約75%は早産児が占めている。また早産児は生存後も様々な困難を抱えていることが指摘され、1000g未満の超低出生体重児の長期予後では、その20%以上が精神発達に問題を残しているとの報告もある。[www2.nms.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状