Create issue ticket

考えれる152県の原因 新生児期に死亡

  • ウイルス性上気道感染症

    細菌性髄膜炎 子どもの病気の中では、死亡したり後遺症を残す最も重篤な疾患です。年齢は新生児から成人まであり、新生児から乳幼児期の発症率が高く、1歳未満が52.9%、3歳までの乳幼児で86.1%を占めます。細菌が組織内に侵入し、血液を介して髄膜感染を起こします。3大症状として発熱、頭痛、嘔吐があります。[matsuda-kids.com]

  • 妊娠後期

    一方、この方々の次の子どもについては、改善群で3人(改善群の13%)、非改善群で6人(非改善群の50%)が、妊娠37週以前での出産(早産)になりましたが、新生児死亡例はありませんでした。[ncvc.go.jp] 表6:血糖コントロールが悪いときに起こりうるお母さんと赤ちゃんの合併症 お母さんの合併症 赤ちゃんの合併症 1)糖尿病合併症 糖尿病ケトアシドーシス 糖尿病網膜症の悪化 糖尿病腎症の悪化 低血糖(インスリン使用時) 2)産科合併症 流産 早産症 妊娠高血圧症候群 羊水過多(症) 巨大児に基づく難産 1)周産合併症 胎児仮死・胎児死亡 先天奇形[dmic.ncgm.go.jp] 周産心筋症患者さんの次回妊娠・出産時におけるリスク 再度の心不全 早産 死亡 心機能改善群(23人) 6人(26%) 3人(13%) 0人 心機能非改善群(12人) 6人( 50% ) 6人( 50% ) 3人( 25% ) この結果を踏まえると、周産期心筋症を患った後、しばらくたってからも心臓の血液を押し出す機能が低下し続けている方では[ncvc.go.jp]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    RRM2B変異は乳児で重篤な脳筋型の症例が16件報告されており、新生児もしくは乳児と早期に発症、多臓器で症状がみられ、乳児死亡する。 DGUOK、POLG、MPV17の関与する病型では、肝臓に異常がみられる。DGUOK が関連する病型では、早発性のタイプと希少なタイプの双方で、大半の患者が進行性の肝機能不全を示し、大半は死に至る。[ja.wikipedia.org]

  • 産科の偶発事故

    新生児死亡 では、SIDS を含む新生児の突然死の事例が11例と今年の調査では際立っていた。新生児室での突然の無呼吸・心停止や母児同室で添い寝中の死亡などの事例である。その他に、死亡には至らなかったものの カンガルーケア 中の呼吸停止事例も別に2例報告されており、新生児の管理について今後再検討する必要があると考えられた(図1)。[obgy.typepad.jp] 報告事例分類別症例数(平成16 22年)(表)では、 分娩に伴う新生児異常28.4%、分娩に伴う母体異常21.7%、産婦人科手術事例15.9% であった。平成21 22年周産死亡(92例)の原因として、 妊娠中は常位胎盤早期剥離、分娩中は胎児機能不全、新生児としては新生児突然死が多い。[obgy.typepad.jp]

  • パリスターホール症候群

    PHSの患者は下垂体機能不全を持つことがあり、副腎不全の診断や治療がなされずに新生児死亡することがある 診断・検査 パリスターホール症候群の診断は家族歴と視床下部過誤腫、軸中性/軸後性多指症、二分喉頭蓋、鎖肛、腎機能不全の臨床所見に基づいてなされる。[grj.umin.jp]

  • 常位胎盤早期剥離

    しかし、常位胎盤早期剥離になった10〜15人に1人で母体死亡が、半数以上で周産死亡(胎児または新生児の赤ちゃんの死亡)が起きてしまうと報告されています。 病院受診が遅れないようにすることが何よりも大切です 主な症状とその特徴は以下の通りです。[kidsrepublic.jp]

  • 骨髄炎

    新生児や学童期に多くみられるが、外傷性の場合、成人にもみられる。多くは大腿骨や脛骨に起こる。かつては死亡する病気であったが、抗生物質の発達により今ではほとんど死亡することはなくなった。しかし近年、MRSAなどが感染し発病する場合もあり、治療の対応によっては、重篤な状態に陥ったり、慢性化して再発をくり返すこともある。[ja.wikipedia.org] 病態 [ 編集 ] 急性化膿性骨髄炎 [ 編集 ] 新生児や学童期に多くみられるが、外傷性の場合、成人にもみられる。多くは 大腿骨 や 脛骨 に起こる。かつては 死亡 する病気であったが、 抗生物質 の発達により今ではほとんど死亡することはなくなった。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩中の胎児仮死

    吸引分娩で出産したが新生児仮死で脳性麻痺 2 周産の妊婦の脳内出血を誤診した事例 3 早産児が出生26時間後に死亡 4 高ビリルビン血症、水頭症で脳障害 5 妊娠中毒症及び胎児発育遅延(IUGR)のハイリスクの母親の監視を怠り、帝王切開の分娩 術の時期を失し、病院側の全面的過失が認められた例 1 誘発分娩中、子宮破裂、児が重篤な脳性麻痺[mmic-japan.net]

  • 早産

    精神サポート 早産で最も問題になるのは新生児の予後である。妊娠30週未満の早産児の死亡率は高く、先天奇形を除く周産死亡の約75%は早産児が占めている。また早産児は生存後も様々な困難を抱えていることが指摘され、1000g未満の超低出生体重児の長期予後では、その20%以上が精神発達に問題を残しているとの報告もある。[www2.nms.ac.jp]

  • 急性広範型肺血栓塞栓症

    無治療のままですと、多くは死亡してしまいます。 新生児に発症するのは、大部分がホモ接合体の方です。出血の繰り返しや合併症を防ぐには早期の診断と活性化プロテインC製剤による治療が不可欠となります。[ketsukyo.or.jp]

さらなる症状

類似した症状