Create issue ticket

考えれる49県の原因 断綴言語

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    小脳失調症 眼振、言語、企図振戦はシャルコーの三主徴として知られている。 膀胱直腸障害 認知機能障害 疲労 検査 [ 編集 ] MRI [ 編集 ] 多発性硬化症(MS)の月ごとの経時的変化、脱髄巣が高信号(白色)で見える。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    小脳失調症 眼振、言語、企図振戦はシャルコーの三主徴として知られている。 膀胱直腸障害 認知機能障害 疲労 診断目的の場合は造影MRIを加える事でより早期診断ができる可能性がある。[ja.wikipedia.org]

  • 裂傷

    優しくケアしているのに、利用者さんの皮膚にいつの間にか傷ができていた[…]という経験はありませんか? このように、 脆くなった皮膚に起こる傷はスキンテア(皮膚裂傷)のひとつです。 スキンテアは発生してから対処するのではなく、予防することが大切です。 スキンテアとは? スキンテア(Skin Tear:皮膚裂傷)とは、摩擦やずれによって皮膚が損傷(裂けたり、剥がれたり)することをいいます。 (スキンテア以外のスキントラブルについては 「なかなか治らないおむつかぶれ。IAD(失禁関連皮膚炎)予防のポイント」 「高齢者によくあるスキントラブル”発赤” その発赤、緊急性はある?ない?」[…][ogw-media.com]

  • 脊髄小脳失調症 19型

    … 【小脳失調症】より …会話はぶっきらぼうで唐突となり(爆発性,言語),音声を出すのに努力を要する。原因は感染症,腫瘍,血管障害,中毒(アルコール,抗痙攣(けいれん)剤などによる)などさまざまであるが,遺伝性あるいは孤発性で進行性の病態もあり,脊髄小脳変性症と呼ばれている。 運動失調症 【水沢 英洋】。[kotobank.jp] 腱反射やBabinski反射は 亢進することが多く言語、眼振、口囲の異常運動や眩暈、難聴をを伴うこと もあるが感覚障害はみられない。遺伝性、家族性に発症する。[ibaraisikai.or.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    腱反射やBabinski反射は 亢進することが多く言語、眼振、口囲の異常運動や眩暈、難聴をを伴うこと もあるが感覚障害はみられない。遺伝性、家族性に発症する。[ibaraisikai.or.jp] 言葉や目の動きでは、呂律が回らないしゃべりをしたり(言語)、目が一定の方向にゆれたり(前庭性眼振)、動く目標を眼でなめらかに追うことができずに素早く小刻みに追ったり、左右の目標を交互に素早く追おうとしても、1回で目標に眼を固定できないことがあります。また、右の方を見る時は右へ向かう、左の方を見る時は左へ向かう眼振がみられます。[jpma-nanbyou.com]

  • 常染色体優性痙攣性運動失調 1型

    開脚歩行 運動分解 細かな協調運動を順序立てて正しく行えない 構音障害 不明瞭に話し,言い回しも不適切で,言葉を正しく発音できない 拮抗運動反復障害 素早い交代性の運動ができない 測定障害 運動範囲を制御できない 筋緊張低下 筋緊張の低下 眼振 水平,垂直,または回転方向への不随意かつ素早い眼球の振動で,小脳病変側に向かう急速相が最大となる 言語[msdmanuals.com] 腱反射やBabinski反射は 亢進することが多く言語、眼振、口囲の異常運動や眩暈、難聴をを伴うこと もあるが感覚障害はみられない。遺伝性、家族性に発症する。[ibaraisikai.or.jp]

  • 脳内血腫

    バランスの悪さが原因で、ろれつが回らなくなります( 構音障害 ;言語)。 また、後頭蓋窩の頭蓋内圧が高まり、出血の大きさにより様々な程度の 頭痛 を伴います。出血が大きくなると 意識障害を 伴い、極めて大きいと命が危険に晒されます。意識障害が起こる原因は、上記の ヘルニア によるものと、 水頭症 によるものとがあり得ます。[h-ns.net]

  • 前脊髄動脈症候群

    腱反射やBabinski反射は 亢進することが多く言語、眼振、口囲の異常運動や眩暈、難聴をを伴うこと もあるが感覚障害はみられない。遺伝性、家族性に発症する。[ibaraisikai.or.jp]

  • 遺伝性無反射性運動失調

    開脚歩行 運動分解 細かな協調運動を順序立てて正しく行えない 構音障害 不明瞭に話し,言い回しも不適切で,言葉を正しく発音できない 拮抗運動反復障害 素早い交代性の運動ができない 測定障害 運動範囲を制御できない 筋緊張低下 筋緊張の低下 眼振 水平,垂直,または回転方向への不随意かつ素早い眼球の振動で,小脳病変側に向かう急速相が最大となる 言語[msdmanuals.com] 腱反射やBabinski反射は 亢進することが多く言語、眼振、口囲の異常運動や眩暈、難聴をを伴うこと もあるが感覚障害はみられない。遺伝性、家族性に発症する。[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状