Create issue ticket

考えれる732県の原因 斜視

  • 斜視

    斜視 斜視のある側の目が内側を向くもの 外斜視 斜視のある側の目が外側を向くもの 上下斜視 斜視のある側の目が上や下を向くもの 恒常性斜視 常に斜視の状態であるもの 間歇(かんけつ)性斜視 普段は正常だが時々斜視の状態になるもの 交代斜視 左右の目が交代に斜視の状態になるもの 片眼斜視 斜視になる目が、どちらか片方の目に決まっているもの[ja.wikipedia.org] 斜視の種類 斜視は目の位置によって、 内斜視 、 外斜視 、 上斜視 、 下斜視 にわけられます。 どうして斜視になるの? 斜視の原因と考えられるもの 目の筋肉や神経などの異常 両眼視の異常 遠視 視力不良 など、いかにもものを見えにくそうにしている場合には注意しましょう。[meisha.or.jp] 後天内斜視(こうてんないしゃし) はじめに 後天内斜視とは、生後6か月以降に発症した内斜視のことをいい、基礎型内斜視、調節性内斜視、周期内斜視、急性内斜視があります。大人では脳の異常、けが、強い近視、ストレスなどさまざまな原因で内斜視がおこります。[jasa-web.jp]

  • 翼状片

    視神経炎、視神経低形成、レーベル病 視束管骨折、多発性硬化症、Devic病、下垂体腫瘍、脳梗塞 ドライアイ 涙嚢炎、鼻涙管ちりょう閉塞、涙小管炎 近視、遠視、乱視 老視 斜視(内斜視、外斜視) 下斜筋過動症、Duane症候群、動眼神経麻痺、外転神経麻痺 Fisher症候群 ギラン・バレー症候群の亜型。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    多発性硬化症(MS)を有する人々の推定85%が最初に再発寛解型MS(RRMS)と診断されている。これらの人々の大部分は、最終的に二次進行型MS(SPMS)を発症します。これはより安定した症状と障害の進行およびより少ないまたは全く再発しないことを特徴とします。 疾患修飾治療が広く利用可能になる前は、RRMS患者の約90%が25年以内にSPMSを発症し、10年以内に約半分を発症しました。疾患修飾療法がMSの進行にどのような影響を与えるかは現在不明であるが、この割合がより低いこと、そしてSPMSの開発がより遅いことを仮定している(そして望んでいる)。 誰が危険にさらされている[…][ja.diphealth.com]

  • 眼窩疾患

    企画にあたって 中澤 満 眼窩画像診断のコツ 橋本 雅人 斜視の病態の新知見と画像診断のコツ 河野 玲華 眼窩炎症性疾患の病態と診断のコツ 平岡 孝浩 眼窩腫瘍の鑑別診断のコツ 笠井 健一郎 甲状腺眼症の病態と診療のコツ 石川 恵里ほか 眼窩疾患の内科的アプローチ 大湊 絢ほか 眼窩疾患の外科的アプローチ 田邉 美香ほか 今月の話題 Best1[igaku-shoin.co.jp] (PM) (涙道) 淵澤 (1) (斜視弱視) 三原 (2,3,4,5) 午前と同じ 午前と同じ (角膜) 宮腰 (PM3:00 ) (網膜) 阿部 (2,4) (斜視弱視) 三原 (網膜) 林,上田 (斜視弱視) 三原 (1,3,5) (緑内障) 東條[hosp.u-toyama.ac.jp] 斜視弱視、小児眼科外来 子供から大人までの斜視治療、小児の眼疾患すべてを対象としています 担当医 三原美晴 診療日 月・火・木・金 受診方法 地域連携予約、紹介状持参が必要です。[hosp.u-toyama.ac.jp]

  • 眼窩底骨折

    斜視 斜視とは? 斜視は、両眼の視線が同じ方向に向かない状態です。 眼球運動を司る筋肉(眼筋)は各眼に3対あるのですが、眼筋の1個あるいは数個が麻痺してしまうと眼球運動が制限され、斜視が生じます。 斜視の程度 斜視は、眼球に「著しい運動障害を残すもの」についてのみ後遺障害等級が認められます。[sakai.ibarakitaiyo-law.jp] 3か月後も改善がなければ再手術(あくまでも斜視という見た目のため)眼球が動くかどうかはわからないとのことでした。 警察に相談したところ 遊んでいた相手からではないため 第三者の乱入・暴行・傷害事件だが 加害生徒が14歳未満で刑法に問えないため 民事の方がいいのではと言われました。[bengo4.com] そのため、2分の1以下に減じなかったものは、斜視があっても、後遺障害等級に該当しないのです。 後遺障害等級 「両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの」は11級1号に該当します。 なお、両眼の注視野を合わせて2分の1以下に減じたものではなく、各眼の注視野が2分の1以下に減じたものでなければなりません。[sakai.ibarakitaiyo-law.jp]

  • ゴーシェ病

    I型(成人型) 神経症状(斜視、開口困難、けいれんなど)を伴わず、肝臓・脾臓の肥大、貧血や血小板の減少、骨症状などが発症年齢が幼児から成人にわたり緩慢に経過する。1型は「非神経障害性ゴーシェ病」とも呼ばれている。この病態の最も軽度で、最も一般的なタイプであり、幼年時または高齢からでも発症することもあり、その重篤度は様々である。[ja.wikipedia.org] 肝臓・脾臓が大きくなり、神経症状(斜視 しゃし 、口を開けにくい、けいれんなど)を伴います。症状は急速に進行します。 Ⅲ型(亜急性神経型 あきゅうせいしんけいがた ) 乳児期以降に症状が現れます。肝臓・脾臓が大きくなり、神経症状を伴いますが、症状はⅡ型よりゆっくりと進行します。 図2 ゴーシェ病の3つのタイプ[lysolife.jp] Ⅲ a 型 肝脾腫に加えて、若年発症の神経症状(小脳失調、ミオクローヌス、痙攣、斜視 など)を呈します。 Ⅲ b 型 核上性水平注視麻痺を唯一の神経症状とし、それに加えて重篤な臓器症状を呈する亜型であり、早期発症の Ⅰ 型と鑑別が困難な場合があります。[gaucherjapan.com]

  • 良性外転神経麻痺

    発症から6か月経過しても麻痺による複視・内斜視が続いている場合には、斜視手術を考えます。[jasa-web.jp] その結果、上下斜視、内斜視を認めます。その性状は症例によってさまざまです。次の重症筋無力症と対照的に、朝重く、時間とともに軽くなっていく例が多いものです。 図6.甲状腺眼症 上写真:両目の眼瞼後退(特に右目)、左上斜視。 下写真:MRIで眼周囲の筋肉の腫大(赤矢頭)。[nichigan.or.jp] 内直筋 目を内側に動かす筋肉 上直筋 目を上方に動かす筋肉 下直筋 目を下方に動かす筋肉 下斜筋 目を上方に動かす筋肉 上眼瞼挙筋 瞼を動かす筋肉 瞳孔括約筋 瞳孔を縮める筋肉 動眼神経麻痺の症状 外斜視になり複視を訴えます。上下直筋の麻痺の程度にもよりますが上下斜視を示す場合もあり、外転以外の全方向への眼球運動制限が見られます。[eyedoctors.jp]

  • 眼窩転移

    斜視 視力障害 角膜 混濁 結膜 充血 散瞳 第2期 緑内障期 腫瘍の増殖に伴い 眼圧 が上昇し、続発性の 緑内障 となる。 第3期 展開期 水晶体だけでなく 虹彩 や前房にも腫瘍が進展し、さらに眼球壁を破って 眼窩 にも認められるようになる。[ja.wikipedia.org] 秋山優子,大熊志保,平石剛宏,金子博行,林孝雄,溝田淳「 両眼失明眼の外斜視(外転偏位眼)に対し手術を行い精神的QOLが向上した一例 」『日本視能訓練士協会誌』第41巻、JAPANESE ASSOCIATION OF CERTIFIED ORTHOPTISTS、2012年、 119-122頁、 NAID 130004552625 、 2015[ja.wikipedia.org] 両眼性と片眼性があり、目が白く見える白色瞳孔により病気に気付くことが多く(図1)、他にも斜視(しゃし)や視力低下、角膜の混濁などが症状としてみられる場合があります。[ncc.go.jp]

  • 硬膜下血腫

    頭部外傷  高齢者の慢性硬膜下血腫 2017.5.9 打撲後1 2カ月で症状 手術で速やかに改善 【相談者】 Yさん 56歳女性。85歳の義父が、2カ月前に雪道で滑って転んで頭を打ち、病院に運ばれました。そのときのCT(コンピューター断層撮影)検査では問題ありませんでした。しかし最近、頭を痛がるようになって、頻繁に転ぶようになりました。また、何となくボーっとして物忘れもひどくなってきました。認知症になってきたのでしょうか。[…][saiseikai-toyama.jp]

  • 垂直斜視

    台中林新醫院眼科主任莊雪霞昨天表示,大部份的斜視患者是「平行斜視」,即單眼或雙眼看東西時,一隻眼睛會往內或往外,其次是「平行斜視」與「垂直斜視」兩者皆有,最少的是僅單純「垂直斜視」(看東西時,眼球一上一下)。 到底這名男子的「垂直斜視」,是他之前在接受手術治療「平行斜視」,出現的手術後遺症?還是他原本兩種斜視均有?[news.ltn.com.tw] 隠れ斜視ってナニ? テレビの「たけしの本当は怖い家庭の医学」や NHKの「ためしてガッテン」で取り上げられた 「隠れ斜視」について説明しましょう。[usukal.biz] 斜視の種類を教えてください 原因による分け方 麻痺性斜視(眼筋麻痺による) 共同性斜視(眼筋麻痺以外による) (一般に斜視といった場合はこれを指します) 目の位置による分け方 内斜視斜視 上下斜視 回旋斜視 斜視眼による分け方 交代斜視斜視眠が左右どちらか一方と決まっていない) 片限斜視斜視眠が左右どちらかに決まっている) 状態による[ocular.net]

さらなる症状

類似した症状