Create issue ticket

考えれる324県の原因 斑状出血

  • 血友病

    運動が活発となる幼児期以後は関節内出血を繰り返し、関節の変形をおこしやすくなります。皮膚には斑状出血はあまりでません。抜歯、少しのけがでじわじわ出血しなかなか出血が止まりません。[senoopc.jp]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    まず圧倒的に多いのは 紫斑 と呼ばれる皮下出血で、点状出血(直径1〜5mm)やそれよりも大きい斑状出血があります。次に多いのは、 歯肉出血 (歯茎からの出血)、その次が 鼻血 です。女性の場合には、 月経過多 になることがあります。また 血尿、下血(肛門からの出血)、脳出血 が起こることがあります。[medicalnote.jp] (血小板) 特発性血小板減少性紫斑病重症度基準 臨 床 症 状 血小板数 ( 10 4 /µL) 無 症 状 皮下出血 *1 粘膜出血 *2 重症出血 *3 5 10 2 5 2 I II III I III IV II IV IV IV V V *1 皮下出血:点状出血、紫斑、斑状出血 *2 粘膜出血:歯肉出血、鼻出血、下血、血尿、月経過多[nanbyou.or.jp] 表2 ITPの診断基準 自覚症状・理学的所見 出血症状がある。出血症状は紫斑(点状出血及び斑状出血)が主で、歯内出血、鼻出血、下血、血尿、月経過多なども試られる。関節出血は通常認めない。出血症状は自覚して胃内が血小板減少を指摘され、受診することもある。 検査所見 抹消血液 血小板減少 血小板100,000/μ以下。[harasanshin.or.jp]

  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

  • 大腸の腺癌

    大腸癌の腺癌で中分化型は増加傾向にあり、その背景には喫煙などの酸化ストレスによる環境因子を原因としたKRAS遺伝子変異が関わっている可能性が、ゲノム解析で明らかになった。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会のワークショップ「大腸中分化型腺癌への対応」で、九州大学大学院消化器・総合外科の掛地吉弘氏らが発表した。 大腸癌の大半を占める腺癌は組織学的に高分化型、中分化型、低分化型に分けられ、高分化型に比べて中分化型は予後が悪いとする報告もある。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 骨髄異形成

    骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん、英: myelodysplastic syndromes、略称: MDS)とは骨髄機能の異常によって前白血病状態となり、造血障害を起こす症候群である。 骨髄に造血幹細胞の前腫瘍細胞である異型クローンが生じ、正常幹細胞を凌駕して増殖する結果として正常の造血が抑制される。また異型クローンから造られる血球細胞は異常細胞なので末梢血に出る前に分解されるが、この様な無駄な造血を無効造血と言う。形成される血球は形態も異常で寿命も短い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(びまんせいだいさいぼうがたBさいぼうせいリンパしゅ、英: diffuse large B-cell lymphoma, DLBCL)は、小型リンパ球の2倍を超えた、あるいは正常の組織球の核と同等かそれ以上の大きさの核を有する大型のB細胞性の腫瘍細胞が、びまん(瀰漫)性の増殖を示す疾患である。生物学的・臨床病理学的に異種なものを包括した疾患概念のため、後述するようにさらに細かな分類がなされている。 一部のDLBCLは、低悪性度リンパ腫(主に濾胞性リンパ腫)からの組織学進展から形質転換したものである。 日本では全悪性リンパ腫の33.3%を占める。[…][ja.wikipedia.org]

  • 後天性プロトロンビン欠乏症

    斑状出血(溢血斑)に分けられる.また,紫斑は紅斑と異なり,圧迫により退色しない.血管炎をベースにした紫斑は,丘疹状に触れる.一次止血異常の場合は,皮膚の点状出血,小斑状出血がみられ,その他,鼻出血・消化管出血・過多月経・血尿などの粘膜出血がみられる.二次止血異常の場合は,皮下・筋肉内・関節腔内・頭蓋内の深部出血が特徴的であり,大斑状出血をきたす[kotobank.jp] 抗凝固薬の内服の有無を確認し,出血傾向の発症時期,家族内発症,血族結婚の有無について問診することが,先天性か後天性かの判断に役立つ.診察では出血傾向が局所性か全身性か,皮膚粘膜の浅部出血か関節・筋肉などの深部出血かを確認する.鼻出血だけの場合は,多くは局所的に血管が脆弱なためである(鼻中隔のKiesselbach部位).紫斑は,大きさから点状出血[kotobank.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    UMIN試験ID UMIN000031960 最終情報更新日: 2018年6月10日 公開日:2018年5月22日 登録・組み入れ開始日:2018年5月22日 慢性骨髄増殖性疾患に対する3種混合WT1 ペプチドワクチン免疫療法WT1 Trioの臨床試験 基本情報 試験簡略名 慢性骨髄増殖性疾患に対するWT1 Trioワクチン免疫療法 試験進捗状況 一般募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 骨髄増殖性腫瘍 (真性多血症、本態性血小板血症) 評価 主要アウトカム評価 安全性 副次アウトカム評価 WT1特異的免疫応答の誘導 臨床効果 試験デザイン 介入 介入1[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    、歯肉出血、痔出血、歯肉腫脹、歯肉痛、胃炎、腸炎 消化不良 皮膚 発疹、そう痒症 接触性皮膚炎、蕁麻疹、点状出血、紅斑、紫斑、斑状出血、皮下出血 脱毛症、皮膚乾燥、皮膚小結節、皮膚硬結、好中球浸潤・有痛性紅斑・発熱を伴う皮膚障害(Sweet症候群) 腎臓及び尿路系 尿蛋白陽性、尿潜血陽性、血中クレアチニン増加、BUN増加 尿糖陽性、排尿困難[kegg.jp] 味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 鼻出血、口腔咽頭痛 上気道炎、口腔咽頭不快感、低酸素血症、呼吸困難、喀血、咳嗽 肺浸潤 消化器 便秘 悪心、下痢、口内炎、嘔吐、歯周病、腹痛、腹部膨満、痔核 腹部不快感、口唇乾燥、肛門周囲痛、舌炎、口唇炎、齲歯、歯痛、口腔内出血[kegg.jp]

さらなる症状