Create issue ticket

考えれる54県の原因 斑状丘疹状皮疹

つまり: 斑状丘疹状皮

  • クリオピリン関連周期熱症候群

    3つの病気の種類に関わらず、このは同様の特徴があります。つまり、遊走性の斑状(蕁麻疹様に見える)で、通常かゆくありません。皮疹の強さは、それぞれの患者により、また疾患活動性により、様々です。[printo.it]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、下痢、傾眠、腹部膨満、嘔吐、湿疹、乾癬、蕁麻疹、そう痒症、斑状などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。[rad-ar.or.jp]

  • 概要高IgD症候群

    徴候には,頸部リンパ節腫脹,脾腫,関節炎,皮膚病変(斑状,点状出血,または紫斑),口腔生殖器のアフタ性潰瘍などがある。 診断は病歴,診察,および血清IgD値( 14mg/mL)に基づく。非特異的な異常には発熱時の白血球増多および急性期反応物質の高値があり,発作中の尿中メバロン酸高値が診断の確定に有用である。[msdmanuals.com]

  • 腫瘍随伴症候群

    筋痙縮、軟骨石灰化症、鼡径部痛、滑液嚢腫、滑膜炎、頚部痛、血中クレアチニン増加 四肢痛、筋骨格痛 精神・神経系障害 頭痛、浮動性めまい、味覚異常 感覚鈍麻、錯感覚、微細運動機能障害、パーキンソン病、会話障害、振戦、リビドー減退 腎及び尿路障害 自己免疫性腎炎 呼吸器、胸郭及び縦隔障害 呼吸困難 咳嗽 皮膚及び皮下組織障害 発疹、そう痒症、斑状[bavencio.jp] 皮膚乾燥 多汗症、寝汗、紅斑、湿疹、斑状出血、脱毛症、皮膚炎、毛孔性角化症、皮膚病変 そう痒性皮疹、紅斑性皮疹、斑状皮疹、丘疹性皮疹、全身性皮疹 血管障害 潮紅、低血圧、高血圧 その他 挫傷、腫瘍随伴症候群、腫瘍疼痛 副作用の頻度は、国際共同第II相試験(EMR100070-003試験)に基づく。[bavencio.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    粘膜皮膚症状 項目 定義 6 斑状-重症、活動性 体表面積の 2/9。[med.osaka-u.ac.jp] 1) 全身症状: 発熱、全身倦怠感、体重減少、リンパ節腫脹 2) 頭頸部: 脱毛 (DLEに伴うものは不可逆なことがある)、円板状皮疹 (特に頭皮、まれに耳介、口腔内) 、口腔内潰瘍 (無痛の浅い潰瘍、硬口蓋に多い)、上強膜炎、角結膜炎、網膜症 3) 皮膚症状: 急性皮膚ループス:顔面の蝶形紅斑(鼻梁をこえない)、光線過敏性紅斑、斑状[ryumachi.umin.jp] ループス頬部(頬部円板は含まない)、水疱性ループス、SLEに伴う中毒性表皮壊死症、斑状ループス疹、光線過敏ループス皮疹。あるいは、亜急性皮膚ループス(瘢痕を残さずに治る非硬化性の乾癬状あるいは標的状皮疹。炎症後の色素沈着異常や毛細血管拡張症を伴うことはある。) 2.[med.osaka-u.ac.jp]

  • 直腸閉塞

    斑状、蕁麻疹、紫斑を含む) その他 異常感、悪寒 *:海外で認められている副作用のため頻度不明 高齢者への投与 一般に高齢者では、生理機能が低下していることが多いため、電解質異常が起こりやすいので慎重に投与すること。[kegg.jp] 右脚ブロック 胃腸障害 悪心、直腸炎 腹痛、便失禁、大腸炎 嘔吐、肛門周囲痛、アフタ性回腸潰瘍、下痢 肝臓障害 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、肝機能検査異常 腎臓障害 尿中血陽性、血中尿素減少、尿中蛋白陽性 血液障害 APTT延長、リンパ球数減少、好中球数増加、血小板数増加、白血球数減少、白血球数増加 皮膚障害 発疹(紅斑性[kegg.jp]

  • 薬物過敏症

    ・典型的にはmaculopapular rash(斑状)とされる ・皮疹を伴った場合,発熱が数日から数週間持続する場合がある 検査 白血球数上昇 ・10,000 20,000/ μ L まで上昇し,しばしば左方移動を伴うため感染と混同され やすい 22%の頻度 好酸球の上昇 ・22%の患者に起こるとされるが,多くの場合は軽度 正常[thpa.or.jp] 多い アレルギー性疾患(特にアトピー)の既往 既往がなくても否定はできない 身体所見 発熱の程度と比較して元気にみえる 発熱の程度と比較して徐脈 ・診断の手掛かりとなる所見で11%の頻度 ・ただし,徐脈は以下の患者では評価できない 新生児,刺激伝導系に異常がある,β‐遮断薬等を使用中,低体温,中枢神経病変,レジオネラ等の感染症が疑われる [thpa.or.jp]

  • 前頭線維化脱毛症

    粘膜皮膚症状 項目 定義 6 斑状-重症、活動性 体表面積の 2/9。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ループス頬部(頬部円板は含まない)、水疱性ループス、SLEに伴う中毒性表皮壊死症、斑状ループス疹、光線過敏ループス皮疹。あるいは、亜急性皮膚ループス(瘢痕を残さずに治る非硬化性の乾癬状あるいは標的状皮疹。炎症後の色素沈着異常や毛細血管拡張症を伴うことはある。) 2.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 瘢痕性又は身体障害をきたすもの 7 斑状-軽症 体表面積の 8 活動性円板状皮疹-全身性、広汎性 体表面積の 2/9 9 活動性円板状皮疹-局所性 体表面積の 10 脱毛-重症、活動性 頭皮の炎症を伴った異常なびまん性脱毛 11 脱毛-軽症 限局性、比較的活動性は少ない、頭皮の炎症がほとんどない 12 皮下脂肪織炎 体温 広汎な有痛性紅斑性皮下結節[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 落屑性紅皮症

    Grade1 自覚症状を伴わない, 斑状/または紅斑 Grade2 掻痒や随伴症状を伴う, 斑状/または紅斑; 体表面積(BSA)の 50%を占める限局性の落屑その他の病変 Grade3 高度または全身性の紅症や斑状//小水疱状の疹; BSA の 50%を占める落屑 Grade4 全身性の剥脱性/潰瘍性/水疱性皮膚炎[osaka-med.ac.jp]

  • 成人発症型

    除外項目 感染(特に 敗血症 、 伝染性単核球症 ) 悪性腫瘍(特に 悪性リンパ腫 ) 膠原病(特に結節性多発動脈炎、悪性関節リウマチ) Fautrelらの分類基準(2002年) [8] 大項目 spike fever (39 以上) 関節痛 一過性紅斑 咽頭炎・咽頭痛 好中球増加(80%以上) 糖鎖フェリチン低下(20%以下) 小項目 斑状[ja.wikipedia.org] 斑状 2. 白血球増加(10000/mm 3 以上) * 大項目4つ以上、あるいは大項目3つ 小項目2つ、で分類する * Fautrel基準は除外規定がないのが特徴であるが糖鎖フェリチンの測定が一般的でない 治療 軽症例はNSAIDsのみで軽快することもある(7 15%)が、通常ステロイド投与が必要となる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 典型的にはサーモンピンク色の一過性の斑状/斑疹が発熱とともに現れ、解熱時には消退することが多い。主に体幹と四肢に出現するが、手掌や足底、ときに顔面にも出現する。通常痒みを伴わない。Köbner現象陽性で、洋服が擦れる部位に出現しやすい(ベルトライン、乳房下部など)。[ryumachi.umin.jp]

さらなる症状

類似した症状