Create issue ticket

考えれる738県の原因 敗血症, 水痘, 浮腫

  • 低ガンマグロブリン血症

    、アナサルカ(全身性浮腫)腹水、胸水 ④発疹性のチェリー様の血管腫症または紫色丘疹 ⑤リンパ球性間質性肺炎 III.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] (相互作用) 併用注意:非経口用生ワクチン(麻疹ワクチン、おたふくかぜワクチン、風疹ワクチン、麻疹・おたふくかぜ・風疹の混合ワクチン、水痘ワクチン等)[本剤の投与を受けた者は、生ワクチンの効果が得られない恐れがあるので、生ワクチンの接種は本剤投与後3カ月以上延期し、また、生ワクチン接種後14日以内に本剤を投与した場合は、投与後3カ月以上経過[medical.nikkeibp.co.jp] 感染しやすさ 感染症、特に細菌感染症として肺炎、中耳炎、膿皮症、敗血症等に反復して罹患し、重症かつ遷延化する。[nivr.jeed.or.jp]

  • 先天性後天性免疫不全症候群
  • 川崎病

    これら炎症細胞が血管壁を破壊することにより、冠動脈の拡張、四肢末端の浮腫がひきおこされると考えられている。 初期は急性熱性疾患(急性期)として全身の血管壁に炎症が起き、多くは1-2週間で症状が治まるが、1ヶ月程度に長引くこともあり、炎症が強い時は脇や足の付け根の血管に瘤が出来る場合もある。[ja.wikipedia.org] また、小児がインフルエンザウイルスまたは水痘ウイルスにさらされたり、インフルエンザまたは水痘にかかった場合は、ライ症候群のリスクを低下させるため、 アスピリン の代わりに一時的にジピリダモールを使用することがあります。 大きな冠動脈瘤がある小児は、ワルファリンまたはジピリダモールなどの血栓を予防する薬(抗凝固薬)で治療することがあります。[msdmanuals.com] 点滴静注 数千円 ・高血圧、血栓症 ・漸減時の再燃 ・病日が進んでからの投与 巨大冠動脈瘤・動脈瘤破裂 ステロイド :2013年9月 プレドニゾロン 保険適応 Ib - B 経口(散・錠) 静注・点滴静注 1000円前後 抗TNF‐α製剤:2015年12月 Infliximab 保険適応 Ⅱb - C 点滴静注 数万円 ・感染症(結核、敗血症[chiba-crc.jp]

  • 丹毒

    そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。[ja.wikipedia.org] 症状は急性の敗血症型、亜急性の蕁麻疹型、慢性の心内膜炎型、慢性の関節炎型の4つに分別されます。 敗血症型、蕁麻疹型は発熱症状を示しますが、心内膜炎型、関節炎型は発熱症状は示しません。 発生が多い型は何か 近年の発生数で多くを占めているのは関節炎型、蕁麻疹型、敗血症型になります。[shokukanken.com] 2.帯状疱疹 1) 原因 水痘・帯状疱疹ウイルスによります。多くのヒトは子供の頃に水ぼうそう(水痘)になります が、それが治った後もウイルスは神経細胞を取り巻く細胞(サテライト細胞)の中に潜んでいます。[hiroshima.med.or.jp]

  • D因子不足による再発性ナイセリア感染症

    診断は、遺伝性血管性浮腫の臨床像をもとに、C1インヒビター活性を測定し、正常値の70%以下であれば、家族歴を問わず、遺伝性血管性浮腫と診断する。なお、発作時のC4値の低値は診断の参考となる。[nanbyou.or.jp] ヘルペスウイルス感染 1) 原発性ヘルペス性歯肉口内炎 2) 再発性口腔ヘルペス 3) 水痘・帯状疱疹感染 b. その他 3. 真菌由来歯肉疾患 a. ヵンジダ感染 1) 広汎型歯肉ヵンジダ症 b. 線状歯肉紅斑 c. ヒストプラスマ症 d. その他 4. 遺伝性歯肉病変 a. 遺伝性歯肉線維腫症 b. その他 5.[jstage.jst.go.jp] 敗血症、髄膜炎、肺炎発症者の呼吸器分泌物に曝露した家族および同居者、医療従事者は曝露後における抗菌薬による予防投薬が推奨されている 1,2) 。[niid.go.jp]

  • 鎖球菌感染後糸球体腎炎

    微小血栓症が生じることがあり,その創傷が重度の場合,糸球体の細胞増殖および浮腫に起因する血行動態の変化によって乏尿を来し,ときに上皮性の半月体形成(ボーマン腔内で上皮細胞の過形成により形成される)も伴う。[msdmanuals.com] 【原著】 題名 北海道における水痘,流行性耳下腺炎,肺炎球菌感染症による入院例についての検討 著者 札幌医科大学医学部小児科 田中 香織 要藤 裕孝 堤 裕幸 キーワード 水痘, 流行性耳下腺炎, 肺炎球菌感染症, 予防接種 要旨 水痘,ムンプス,肺炎球菌感染症による入院症例について札幌医科大学小児科と,北海道内の関連機関である23施設を対象[jpeds.or.jp] 合併症として、肺炎、髄膜炎、敗血症などの化膿性疾患、あるいはリウマチ熱、急性糸球体腎炎などの非化膿性疾患を生ずることもある。 病原診断 咽頭培養により菌を分離することが基本であるが、A 群多糖体抗原を検出する迅速診断キットも利用できる。[niid.go.jp]

  • 蜂窩織炎

    リンパ浮腫の患者さんがインドに行った際、 蜂窩織炎 ( ほうかしきえん ) をおこし病院に運ばれたらスムーズに治療を受けられたそうだ。インドでは見慣れた多い症状だったのだろう。 この蜂窩織炎と呼ばれる炎症は厄介なものであり、状態が悪化する原因となる。[ncode.syosetu.com] 日本では2003年に初めて、血液培養からの分離例が報告され、以後、菌血症・敗血症患者からの検出例が散見されるようになった。これらの多くは、免疫異常のない整形外科領域の症例で、蜂下織炎を伴っていた。本症例でも、患者は長期にわたり血液透析を実施しているものの、免疫異常は認められなかった。[idsc.nih.go.jp] 2.帯状疱疹 1) 原因 水痘・帯状疱疹ウイルスによります。多くのヒトは子供の頃に水ぼうそう(水痘)になります が、それが治った後もウイルスは神経細胞を取り巻く細胞(サテライト細胞)の中に潜んでいます。[hiroshima.med.or.jp]

  • 感染性関節炎

    麻疹・風疹・水痘をはじめとする、感染力の強い小児疾患の成人例 6. その他、よくみられる病原体から稀な病原体まで、感染症全般 当院は、第二種感染症指定医療機関およびエイズ診療拠点病院として東京都の指定を受けています。[toshima-hp.jp] 感染性関節炎 感染性関節炎(敗血症性関節炎)は、関節液や関節組織の感染症で、主に細菌感染が原因ですが、ウイルスや真菌の感染によって起こることもあります。 感染性関節炎のリスクがあるのは、関節リウマチ、変形性関節症、外傷(外傷性関節炎)などで関節に異常のある人が、血流に感染を起こした場合などです。[mh.rgr.jp] 人工関節、または関節の手術 薬の注射のために針を使用している 慢性疾患(糖尿病、全身性エリテマトーデス、慢性の肺または肝臓の病気) 高齢 アルコール依存症 性感染症のリスクを高める行動(複数のパートナーとの性行為やコンドームを使用しない性行為など) 血流にまで至る感染症 血友病 透析治療を受けている人 皮膚の感染症 鎌状赤血球症 例えば、肺炎と敗血症[msdmanuals.com]

  • 播種性血管内凝固症候群

    血管内皮細胞の障害が深くかかわると考えられており脳の血管内皮が障害されれば脳浮腫が起こり、肺の血管内皮が障害されれば急性呼吸窮迫症候群が起こり、四肢の血管内皮細胞が障害されれば浮腫が起こると考えられている。初期には高心拍出量性ショックをしめすが、血管内皮細胞障害が進行すると低心拍出量ショックに移行する。[ja.wikipedia.org] さらに深部静脈血栓症(DVT)によって下肢に血栓を生じた場合、疼痛や圧痛、浮腫や紅斑などの観察をすることも忘れずに行いましょう。 DICの診断基準を利用し検査データの変化を把握することで、患者さんの全身状態やDICの鑑別、その程度を知ることができます。DICにも線溶抑制型DIC、線溶亢進型DIC、線溶均衡型DICなどの分類があります。[kango-oshigoto.jp] 急性DICは、敗血症、外傷、急性白血病、常位胎盤早期剥離に合併した場合など、慢性DICは、腹部大動脈瘤、固形癌に合併した場合など。[ja.wikipedia.org]

  • 炭疽症

    特徴としては、 急性かつ重篤な呼吸困難 高熱あるいは低温を伴うショック 呼吸苦、チアノーゼ、喘鳴と著明な発汗 胸部、首の皮下浮腫 湿性捻髪性ラ音 レントゲン所見: 過去健康だったものが発熱し、胸写レントゲン写真で縦隔の拡大が認められたら炭疽症が強く疑われる。 胸水が認められる場合もある。実質性浸潤は通常認められない。[plaza.umin.ac.jp] ヒト以外の動物における炭疽症 [ 編集 ] 牛、馬、羊、山羊などでは感受性が高く急性敗血症や尿毒症で死亡する、犬や豚では比較的感受性は低い。 莢膜染色 、 アスコリーテスト 、 パールテスト 、 ファージテスト 、 ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) などが診断に用いられる。生前に診断されることは稀。[ja.wikipedia.org] 炭疽菌の病原因子は浮腫毒、致死毒、防御抗原である。浮腫毒と致死毒は防御抗原によって感染宿主の細胞膜上の受容体タンパク質に結合し細胞内に輸送される。最終的に浮腫毒と致死毒は細胞質内に放出される。炭疽により動物が死亡するのは、致死毒による毒血症によると考えられている。[niid.go.jp]

類似した症状