Create issue ticket

考えれる1,821県の原因 敗血症性血栓性静脈炎, 頭痛

つまり: 敗血, , 血栓性静脈炎, 頭痛

  • 敗血症

    高熱や頭痛などを起こし,そのままにしておくと命にかかわります」 時間をかけてじっくりと 「からだの一部に細菌がはびこり,そこから血液中に絶え間なく菌による毒が流れ込みます。その毒が全身に回って,からだの抵抗力が負けて,肺や腎臓 (じんぞう) などの大事な臓器がおかされる病気です。[www2.ninjal.ac.jp] 感染症 菌血症 化学療法 (細菌) 新生児敗血症 菌血症、敗血症および敗血症性ショック メルクマニュアル 家庭版 敗血症高松赤十字病院 (PDF) 敗血症.com 日本集中治療医学会 敗血症情報サイト[ja.wikipedia.org] (私自身も含め)片頭痛持ちの多くの医療専門家は、自身のキャリアを片頭痛の治療に捧げてきました。 毎年何百人もの片頭痛患者を診る者として、片頭痛患者のフラストレーションの主原因は、片頭痛に対する幅広い...[merckmanuals.jp]

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    高熱や頭痛などを起こし,そのままにしておくと命にかかわります」 時間をかけてじっくりと 「からだの一部に細菌がはびこり,そこから血液中に絶え間なく菌による毒が流れ込みます。その毒が全身に回って,からだの抵抗力が負けて,肺や腎臓 (じんぞう) などの大事な臓器がおかされる病気です。[www2.ninjal.ac.jp] 感染症 菌血症 化学療法 (細菌) 新生児敗血症 菌血症、敗血症および敗血症性ショック メルクマニュアル 家庭版 敗血症高松赤十字病院 (PDF) 敗血症.com 日本集中治療医学会 敗血症情報サイト[ja.wikipedia.org] (私自身も含め)片頭痛持ちの多くの医療専門家は、自身のキャリアを片頭痛の治療に捧げてきました。 毎年何百人もの片頭痛患者を診る者として、片頭痛患者のフラストレーションの主原因は、片頭痛に対する幅広い...[merckmanuals.jp]

  • レミエール症候群

    Tips 3:急性HIV感染症のミニマムエッセンス HIV感染6カ月以内に非特異的な症状を伴って出現する症候群を急性HIV感染症といいます.40 90%のHIV感染患者には何らかの急性症状が起こります 2) .症状は発熱,咽頭痛,リンパ節腫脹,発疹,筋肉痛,関節痛,下痢,体重減少,頭痛といった非特異的なものです 3) .[yodosha.co.jp] 静脈洞化膿敗血症血栓静脈 (2014/5/13 更新) 日本語版サンフォード感染症治療ガイド-アップデート版 ️臨床状況 ︎ 横静脈洞化膿敗血症血栓静脈は中耳炎/乳様突起炎の合併症である. ︎ 診断は CT または MRI による. ︎[shiseikaidai2.crayonsite.net] 症例1.61歳の女性.CML.ヒドロキシカルバミド(ハイドレア)で治療後,lymphoblastic crisisを起こしたため,2000年1月にimanitib600mg/日服用開始した.3ヵ月後にCMLは寛解したが,半年後に頭痛,吐き気が始まり,9月には重篤な脳浮腫が出現したため,imanitibを中止したところ,脳浮腫は消失した.その[square.umin.ac.jp]

  • 関節炎

    その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。アルコール、ステロイド剤の摂取歴が重要となる。 神経原性関節症糖尿病患者などで認められる。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    発熱、頭痛、のどの痛みには、痛みと発熱を軽減するアセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの解熱鎮痛薬を使います。しかし、 ライ症候群 のリスクを高めるため、小児にはアスピリンを投与すべきではありません。安静や隔離の必要はありません。[msdmanuals.com] 《 臨 床 的 特 徴 》 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢)、全身倦怠感、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。[medic.mie-u.ac.jp] 潜伏期は2 4日 前駆期は高熱と、咽頭痛(上気道炎)、頭痛、四肢痛、悪寒、となる事がある。 発疹期(第1病週)は紅色の小さな発疹が全身にできる。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    急性期(原則は発汗療法)悪寒・発熱・頭痛があり、汗が出ていない/急性喉頭炎・急性扁桃炎の初期:葛根湯(麻黄を含む薬剤中心)(ある程度体力のある人向けであり、画一処方は慎む) 鼻炎で鼻水・くしゃみ・鼻閉:小青竜湯 インフルエンザで高熱があり、頭痛・倦怠・筋肉痛などが顕著: 西洋医療を優先 軽度の鼻炎・喉頭炎の症状があり、悪寒で顔面蒼白、元から[ja.wikipedia.org] 初期に局所臓器所見がはっきりしにくい感染症:(1)急性腎盂腎炎,(2)急性前立腺炎,(3)肝膿瘍,(4)化膿性胆管炎,(5)感染性心内膜炎,(6)カテーテル関連血流感染症,(7)蜂窩織炎,(8)カンピロバクター腸炎の初期,(9)歯髄炎,(10)肛門周囲膿瘍,(11)その他:髄膜炎菌敗血症,サルモネラ,レプトスピラ,レジオネラ,ブルセラ ……[igaku-shoin.co.jp] 虚弱である 使用生薬 白朮(びゃくじゅつ) 、 茯苓(ぶくりょう) 、 葛根(かっこん) 、 人参(にんじん) 、 木香(もっこう) 、藿香(かっこう)、 甘草(かんぞう) 川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん) 体力虚弱である やや虚弱である 体力は中等度である 比較的体力がある 体力は充実している 効能・効果 体力に関わらず使用でき、頭痛[ominedo.co.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    症状は発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣など。症状の進行が極めて急速で、発症から24時間以内に死亡する場合もある(劇症型)。 播種性血管内凝固 (DIC) 肺炎球菌に限らず敗血症の合併症として重要。血液中の凝固因子が消費されるため、「凝固」という名を冠しているが症状は出血傾向である。[ja.wikipedia.org] 症状は発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣など。症状の進行が極めて急速で、発症から24時間以内に死亡する場合もある(劇症型)。 播種性血管内凝固 (DIC) 肺炎球菌に限らず敗血症の合併症として重要。血液中の 凝固因子 が消費されるため、「凝固」という名を冠しているが症状は出血傾向である。[ja.wikipedia.org] 肺炎球菌肺炎に菌血症を伴うことは成人でも乳幼児でもみられるが、各種研究の結果、成人ではまず肺炎を発症し、重症化していく中で敗血症を合併すると考えられる一方で、乳幼児では鼻咽頭の肺炎球菌が血流中に侵入し、そこから播種性に肺炎をきたすものと考えられている。無脾症や脾臓摘出後での肺炎球菌敗血症は急速かつ致死的になることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 丹毒

    人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。 再発が多い。[ja.wikipedia.org] その他鑑別が必要になる疾患に、 帯状疱疹 ( たいじょうほうしん ) 、 蜂窩織炎 ( ほうかしきえん ) 、接触皮膚炎、血栓静脈、Sweet病などもあり、判断に迷う場合にはこれら疾患に特異的な追加検査を行うこともあります。 治療 抗生物質(ペニシリン系抗生物質が第一選択)による治療が行われます。[medicalnote.jp] 悪寒(おかん)・戦慄(せんりつ),頭痛,全身違和感などを伴い,顔面,頭部,手足とくに大腿部, 陰部 ,臍(さい),口腔粘膜などに好発する。治療はペニシリン等の 抗生物質 や サルファ剤 の投与など。[kotobank.jp]

  • 咽頭炎

    頭蓋内病変(くも膜下出血など)や緑内障などが除外診断された慢性頭痛には慢性鼻咽腔炎を一度疑ってみる必要があります。[tanaka-jibika.jp] 合併症には肺炎、髄膜炎、敗血症、リウマチ熱、急性糸球体腎炎などがあります。 このページの先頭へ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎を予防するには A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防には、手洗い・うがいやマスクの着用等が有効です。 咽頭痛がある場合には早めに医療機関等を受診し、溶血性レンサ球菌の感染を確認する検査を受けましょう。[city.kushiro.lg.jp] 合併症として、肺炎、髄膜炎、敗血症などの化膿性疾患、あるいはリウマチ熱、急性糸球体腎炎などの非化膿性疾患を生ずることもある。 病原診断 咽頭培養により菌を分離することが基本であるが、A 群多糖体抗原を検出する迅速診断キットも利用できる。[niid.go.jp]

さらなる症状

類似した症状