Create issue ticket

考えれる1,038県の原因 敗血症性血栓性静脈炎, 血尿

つまり: 敗血, , 血栓性静脈炎, 血尿

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp] ひどくなると、排尿時に痛みを感じたり、白く濁った尿や血尿が出ることもあります。症状が軽ければ、水分をたくさんとって、細菌を体の外に排出するようにすれば治ってしまうこともあります。でも、 排尿痛があったり血尿が出たりしている場合は、医療機関を受診して抗生物質で細菌を抑えたほうがいいでしょう。[marugyne.com]

  • 尿路疾患

    臨床症状 尿管結石の嵌頓のような急性尿路閉塞では激しい側腹部から下腹部にかけて疝痛とよばれる激痛を生じる.この痛みは尿管の走行に沿って放散し,肉眼的血尿や悪心,嘔吐といった消化器症状を伴うこともある.また腎盂腎炎を併発すれば発熱,悪寒を伴い,糖尿病などに罹患している場合は敗血症などへの進展に注意が必要である.慢性の不完全閉塞では徐々に水腎症[kotobank.jp] 猫の血尿の原因は? 下部尿路疾患が原因であることが多いです 猫の血尿の原因で最も多いのが膀胱炎や尿路結石などの下部尿路疾患です。ま た、尿路疾患以外にも、食べ物の中毒などで血尿になることもあります。特にネギは溶血を起こす危険な食材なので、与えないようにしましょう。 猫の下部尿路疾患(FLUTD)とは?[nestle.jp] 血尿が見られたら、その原因は感染症ではなく、おそらく膀胱結石や尿道栓子の兆候であることが多いからです。犬の血尿は感染症の兆候であることが多いのですが、猫では若齢から中年に至るまで感染が原因となることはまれです。 猫下部尿路疾患はまた、尿路内の結晶や結石の形成を伴うこともあります。[hills.co.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    急性DICは、敗血症、外傷、急性白血病、常位胎盤早期剥離に合併した場合など、慢性DICは、腹部大動脈瘤、固形癌に合併した場合など。[ja.wikipedia.org] DICの症状として皮膚の紫斑、点状出血、血尿や下血などの出血傾向がみられます。また出血の部位や範囲、血尿の程度や下血の量などの観察も行いましょう。 重度の進行性DICの場合、静脈や動脈を穿刺した部位からの持続的な出血や重篤な消化管の出血を起こすことがあります。[kango-oshigoto.jp] 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。[noah-vet.co.jp]

  • 感染性心内膜炎

    死因は原疾患に伴う心不全、 感染性心内膜炎 、敗血症、多臓器不全など。 11例は、いずれも重症心疾患術後の症例。[m3.com] さらに 息切れ や呼吸困難、むくみなどの心不全症状、手足の麻痺や血流障害、血尿、呂律が回らないといった塞栓症状が伴えば、緊急の受診が必要です。心エコーやCT検査にて、感染性心内膜炎かどうかを確定して治療を開始します。[saiseikai.or.jp] 感染症状発熱 頭痛 全身倦怠感 脾腫など心症状心雑音: 疣贅や弁穿孔などによるもの 心不全 不整脈: 刺激伝導系の特殊心筋に炎症が及ぶことによるもの塞栓症状血尿 爪下線状出血 眼底のロート斑(Roth spots): 出血性梗塞により、中心部が白く見える ジェーンウェイ斑: 手掌や足底に見られる無痛性紅斑。 [ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 症状が長く続く時や繰り返す時、血尿が続く時、発熱を伴う時などには、前立腺肥大症、前立腺がん、膀胱結石、膀胱腫瘍、尿道の狭窄(きょうさく)、神経因性膀胱、膀胱異物など泌尿器科的な疾患が隠れていることもありますので、泌尿器科を受診してください。 (C)法研[yomidr.yomiuri.co.jp] また、細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がった場合(敗血症)、血圧低下(敗血症性ショック)、急性腎不全、多臓器不全となり命にかかわることがあります。 一方、慢性腎盂腎炎の場合、自覚症状がない場合も多く、あっても軽い腰痛や微熱、食欲不振などが現れる程度です。しかし、急激に症状が悪化した場合、急性腎盂腎炎のような症状が生じます。[tokushukai.or.jp]

  • 膀胱炎

    早急に治療しなければ、敗血症になる場合があるので、必ず医療機関を受診してください。 膀胱炎は、背後に原因となる病気があって起こる「慢性膀胱炎」がありますが、これは比較的高齢の男性に多く、前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などが原因になります。[oka-clinic.jp] 排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。 原因菌がはっきりしない段階で処方を行う際には ST合剤 ニューキノロン系 セフェム系などを用いる。[ja.wikipedia.org] 常に尿の中に細菌がいる状態で、普段はほとんど症状がなく、治療の必要はありませんが、急に悪化し腎盂腎炎や敗血症(血管内に細菌が入り込み、全身にまわる)を起こしたときは治療が必要です。治療は抗生剤だけでなく、ベースとなる病気をコントロールして全身状態を改善させることが重要です。[do-yukai.com]

  • 感染性心内膜炎

    死因は原疾患に伴う心不全、 感染性心内膜炎 、敗血症、多臓器不全など。 11例は、いずれも重症心疾患術後の症例。[m3.com] さらに 息切れ や呼吸困難、むくみなどの心不全症状、手足の麻痺や血流障害、血尿、呂律が回らないといった塞栓症状が伴えば、緊急の受診が必要です。心エコーやCT検査にて、感染性心内膜炎かどうかを確定して治療を開始します。[saiseikai.or.jp] 感染症状発熱 頭痛 全身倦怠感 脾腫など心症状心雑音: 疣贅や弁穿孔などによるもの 心不全 不整脈: 刺激伝導系の特殊心筋に炎症が及ぶことによるもの塞栓症状血尿 爪下線状出血 眼底のロート斑(Roth spots): 出血性梗塞により、中心部が白く見える ジェーンウェイ斑: 手掌や足底に見られる無痛性紅斑。 [ja.wikipedia.org]

  • 腎盂腎炎

    腎臓は血液が豊富であるため菌血症、敗血症をきたしやすい。敗血症のマーカーとしてプロカルシトニンを測定する場合がある。 CTなどの画像診断によって水腎症が著明である場合は、緊急処置として腎瘻造設(経皮的に腎盂を穿刺して排膿)を行う事がある。[ja.wikipedia.org] 頻尿と血尿が特徴的な症状であり、尿中に多量の沈殿物を含みます。初期には突然の血尿、排尿後の努責を認めるにすぎず、一般状態は正常です(膀胱炎の時期)。経過が進むと尿中に粘膜上皮を混じ、頻尿、時に排尿困難となります。さらに経過が進むと、膿汁の排泄、発熱、貧血がみられます。[nichiju.lin.gr.jp] 尿管結石から腎盂腎炎に至りさらには敗血症にまで陥る可能性があるため,腎盂腎炎に起因する感染尿の排出を早期に行なうことが重要であると考えられた.[jstage.jst.go.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    また、感染がさらに進行し、細菌やその毒素が腎臓から全身に回ってしまうと敗血症を起こし、最悪の場合、命にかかわることもあります。 検査・診断 急性腎盂腎炎は、症状を問診するとともに、腰背部の叩打痛を確かめることによって診断をおこないます。[medicalnote.jp] 【1月19日】午前中、近所の少し大きめの病院に行くが血尿等の症状を伝えると、泌尿器科専門の所に行ったほうがいいとのことだったので簡単な診察と紹介状をもらい、午後に少し遠方の病院へ。[note.mu] 結石に伴う腎盂腎炎で結石のために感染した尿が排出されないと、 敗血症 や DIC(播種〈はしゅ〉性血管内凝固症候群) から死にいたることもあります。 これらの原因が不明の場合で腎盂腎炎をくり返す場合は、膀胱(ぼうこう)尿管逆流現象が疑われます。膀胱に入った尿は通常は腎臓のほうには戻りませんが、逆流してしまうことがあるのです。[medical.jiji.com]

  • 急性前立腺炎

    しかし炎症が激しい場合は、マッサージなどのような操作は細菌を血液中に押し込んで敗血症を併発したりする危険性があるため、このような診断は行なわない。膀胱炎を併発している場合には、尿の中に膿である白血球が認められるようになる [5] 。 超音波検査の場合、腫れた前立腺が認められ、時には膿が溜まっているのが見られる。[ja.wikipedia.org] 尿は濁って、排尿の終わりに血尿(けつにょう)(「 尿の異常のいろいろ 」の血尿)が出たり、尿道から膿(うみ)が出たりします。高熱をともない、食欲不振などの全身症状もおこります。 [検査と診断] 尿の中に細菌や膿が出ていないかを検査します。[kotobank.jp] 患者様に多く見られる症状・お悩み 尿が出にくい、出ない 尿に勢いが無い 尿の色が赤い(血尿) おしっこが近い、回数が多い 尿が残っている感じがする(残尿感) 夜中にトイレに起きる(夜間頻尿) 尿が漏れる 足がむくむ 腰や背中が痛む 腎臓の辺りが痛む 尿道から膿が出た 血尿やたんぱく尿など健診で指摘された など 男性の悩み 睾丸や陰嚢が腫れた[nagai-uro.net]

さらなる症状

類似した症状