Create issue ticket

考えれる1,407県の原因 敗血症性血栓性静脈炎, 脱水

つまり: 敗血, , 血栓性静脈炎, 脱水

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] また、治療には十分な水分補給が必要ですが、高熱などの症状がひどい場合、脱水症状を起こす場合があるので入院して点滴と抗菌薬で治療を行います。 尿道炎 男性に多い尿道の細菌感染ですが、まれに女性も罹患します。 男性の急性尿道炎の原因は、ほとんどが性感染症(STD)と考えられています。 感染は、性行為の際に菌が尿道に入って感染します。[togoshi-clinic.com] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp]

  • イレウス

    絞扼性イレウスの場合は腸管壊死による敗血症性ショックを生じる前に緊急手術が適応される。 腸重積症 イレウス MSDマニュアル プロフェッショナル版[ja.wikipedia.org] また、絞扼性の場合は腸管の血流障害が生じ、壊死を招いて、敗血症や消化管穿孔などを起こし、救命に速やかな外科的処置が必要になります。 レントゲンとCTで診断 特殊な検査はなく、下記のような一般的な検査で診断ができます。 レントゲン 拡張した小腸にガス像を認めます。[tokushukai.or.jp] 腸管内容が吸収されないため、脱水症を生じる。聴診では腸雑音消失または蠕動微弱。 基本的にX線やCTといった画像検査を第一に行う。 X線 腸管のガスの貯留、鏡面像(air-fluid level, niveau;二ボー)の形成(基本的には立位で撮影する。無理な場合はfree airをみるため、左側臥位)。小腸のケルクリング皺襞。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    飲酒、脱水、外傷などが引き金になる。サイアザイド、ループ利尿薬、シクロスポリン、タクロリムス、低容量アスピリン、ニコチン酸、エタンブトール、ピラジナミドなどの薬剤も尿酸値上昇に寄与し痛風のリスクになる。発熱・腫脹・疼痛・熱感といった炎症徴候が強く、下肢関節炎では荷重時痛を訴えたり、触診を嫌がるほどの疼痛がみられる。[ja.wikipedia.org] その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。アルコール、ステロイド剤の摂取歴が重要となる。 神経原性関節症糖尿病患者などで認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 黄疸

    なお胆汁うっ滞の終末は感染症による敗血症や肝障害による肝不全である。 柑皮症:柑皮症では眼球結膜黄染が弱い。 加齢に伴う眼球の黄染:加齢に伴う眼球の黄染は脂肪組織の沈着によるもので、中心部分に強い。 黄疸:比較的早くから、眼球結膜の周辺部に、黄染が生じる。 高ビリルビン血症、黄疸に対する治療は現在存在しない。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    、Y病院の医師らの脱水症状の検査及び診断が不十分であったとは認められず、20日からプリンペランの静脈注射までの間において、Aが、点滴輸液が必要ないし不可欠な程度の脱水症状にあったとは認められないから、X1の対応をも併せ考察すると、脱水症状に対する治療についてY病院の医師らに過失を認めることはできない、と判示しました。[medsafe.net] 細菌性腸炎は実質臓器の細菌感染や敗血症と異なり、自然軽快傾向が強いからである。 代表的な止痢薬であるロペラミドは乳幼児では腸閉塞を合併しうるため使用に注意が必要であり、細菌性腸炎では病原体の排泄を遅らせ重症化させる危険があるため禁忌である。[ja.wikipedia.org] 【治療の方法】 細菌感染が原因の急性胃腸炎では、年長児では下痢による自然除菌も期待できますが、乳幼児では発熱など全身症状も強く、敗血症を併発している危険性もあり、抗生剤(ホスミシンなど)による治療を併用することもあります。止痢剤は、腸内にたまった細菌が増殖し、症状が悪化することがあるので積極的には使いません。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 大腸菌

    内毒素(リポ多糖)を産生するため、大腸菌による敗血症は重篤な内毒素ショック(エンドトキシンショック)を引き起こす。敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿路感染症であるが、大腸菌は尿路感染症の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org] 小児の慢性下痢症の原因とされ、水様性下痢、嘔吐、脱水症状、ときには発熱、血便がみられる。O44、O127、O128の血清型大腸菌。 大腸菌群は糞便 (ふんべん) 汚染の指標として、飲料水や食品、さらには海水浴場や公衆浴場などの衛生検査によく使われる。[kotobank.jp]

  • 髄膜炎菌性髄膜炎

    しかし病原体が気道を介して血中に入り敗血症を起こしたり、さらに髄液にまで進入して髄膜炎を起こしたりする。 髄膜炎菌は敗血症や髄膜炎の他、肺炎・関節炎・骨髄炎等の原因菌になる。また、肛門・生殖器から分離されることもあり、尿道炎・子宮頚管炎・直腸炎の原因菌になる。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 例えば細菌性髄膜炎では脱水や 抗利尿ホルモン (SIADH)の 不適合分泌 、過度な 点滴静脈注射 などのいくつかの要因が絡んで 低ナトリウム血症 を来たす例が多い [4] [29] 。[ja.wikipedia.org] 敗血症例ではショック並びにDICを来し(Waterhouse-Friedrichsen症候群)、細菌性の関節炎を伴うこともある。世界各地に散発性又は流行性に発生し、温帯では寒い季節に、熱帯では乾季に多発する。本邦ではまれである。[pref.okayama.jp]

  • 血液量減少症

    血栓静脈、静脈血栓症、腫瘍、動脈瘤その他による外部からの静脈圧迫などにみられる浮腫、静脈瘤による浮腫がその例です。うっ血性心不全の肺うっ血も肺静脈圧が上昇するために起こります。乳癌や子宮癌の術後の浮腫はリンパの流れが悪くなった結果で、静脈閉塞と同様の機序によるものです。[niigatah.johas.go.jp] 脱水の種類を知る 脱水は、大きく分けて「高張性脱水」と「低張性脱水」の2種類があります。 高張性脱水について 高張性脱水は、水欠乏性脱水とも言われます。その理由は、体内の水分が多く失われると、高ナトリウム血症に陥るためです。しかし、細胞外液のナトリウム濃度が上昇すると、細胞内液から浸透圧により水分が血管内に引っ張られます。[kango-oshigoto.jp] 敗血症性ショック( 敗血症および敗血症性ショック )は細菌毒素,特に内毒素 (endotoxin)の作用があるため他の型のショックよりも炎症反応を促進する可能性がある。 敗血症性ショックでは,容量血管が拡張し,「相対的」循環血液量減少(すなわち,循環血液量で満たせないほどの血管容量の増大)が起こることで,血液の貯留および低血圧を来す。[msdmanuals.com]

  • つわり

    しかし,分娩時の破水や胎児の産道通過により約半数の新生児に菌が感染し,さらに感染した新生児のごく一部(約1%)に髄膜炎や敗血症などのGBS感染症を発生させます。 クラミジア感染 クラミジアは性行為により男女間で感染する病気ですが、女性の場合は症状がないかあっても帯下(おりもの)の増加程度であることが多く、自分では気づきにくい病気です。[fujito.clinic] このような理由から、嘔吐などによる脱水傾向のつわり妊婦さんには経口補水液はとても良いと思います。 ただし、これはちょっと喉が渇いたからゴクゴク飲むという代物ではありません。脱水状態でない人が摂取すると、逆に高ナトリウムを呈してしまいます。 あくまで、電解質状態を改善する目的のものですから、ジュース代わりに〜とかは注意が必要です。[slc.or.jp] 吐いてばかりだと脱水になってしまうので、スーフ 、果物など水分の多いものをとりましょう。一度に多くの水分をとると吐いてしまうことがあるので、氷をなめて水分補給するのも良いでしょう。外食だと意外に食べられることもあるようです。[pref.kyoto.jp]

  • サルモネラ感染症

    敗血症の疑いがある場合、腸管外感染症に進展する可能性がある場合には、速やかに抗菌薬を使用します。 予防 鶏肉の調理に際して、調理器具や手指による二次汚染の予防に注意し、十分に加熱し、早めに食べること。また乳幼児には加熱していない鶏卵を与えることは避けます。[kansensho.jp] 治療・予防 サルモネラのみならず細菌性胃腸炎では、発熱と下痢による脱水の補正と腹痛など胃腸炎症状の緩和を中心に、対症療法を行うのが原則である。強力な止瀉薬 は除菌を遅らせたり麻痺性イレウスを引き起こす危険があるので、使用しない。解熱剤はニューキノロン薬と併用禁忌のものがある上、脱水を悪化させる可能性 があるので、できるだけ使用を避ける。[niid.go.jp] ひな白痢では幼雛が灰白色粘稠性下痢、尻汚れを呈し、ほとんど敗血症となり死亡します。ときには3週齢以上のひなが同様に発症し、しばしば全眼球炎を起こして失明したり、関節炎で脚弱となります。家きんチフスは成鶏における類似の急性伝染病ですが、わが国での発生はありません。[nichiju.lin.gr.jp]

さらなる症状

類似した症状