Create issue ticket

考えれる287県の原因 攻撃行動

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    他に存在する病状の治療 ヘルスケア専門家の間での介護の調整 気分を良くするアクティビティへの参加 行動介入(攻撃性、睡眠障害、動揺のような一般的な変化を助ける) 疾病に関する教育 サポートを行う介護チーム作り トップに戻る 介護 アルツハイマー病およびその他の認知症患者を介護することは、やりがいがあることでもありますが、それと同時に困難を伴[alz.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    北海道の覚せい剤事犯検挙状況 平成26年中の北海道内における覚せい剤事犯の検挙人員は、498人で前年より増加し、そのうち暴力団などが310人で全体の約62%を占めています。 検挙人員のうち、年齢別では40代が187人と最も多く全体の約38%、初犯・再犯別では、再犯者が全体の約72%を占めています。 押収量は約26,945グラムと前年より大幅に増加しています。 また、道内における大麻事犯の検挙人員は、176人で前年より64人と大幅に増加しており、そのうち暴力団などが48人で全体の約27%を占めています。[…][city.tomakomai.hokkaido.jp]

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • せん妄

    英語名:delirium 独:Delirium 仏:syndrome confusionnel, confusion mentale 同義語:急性錯乱状態(acute confusional stateまたはdisorder)、急性脳症候群(acute brain syndrome) せん妄(譫妄)は急性の脳機能障害で、 意識狭窄 ・ 変容 の一型である。高齢者ではしばしばみられ、 器質性脳疾患 、身体疾患、薬物などが原因となる。短期間のうちに現れる軽度から中等度の 意識障害 に、特徴的な 幻覚 、 錯覚 、 不安 、 精神運動興奮 、 失見当識[…][bsd.neuroinf.jp]

  • アルコール性認知症

    具体的には、妄想やうつ状態、不安感、無気力といった感情障害が生じたりなどの精神症状と、徘徊、興奮、攻撃、暴力などの行動の異常が見られます。症状は人それぞれ異なり、また接する人や日時によっても大きく変わってきます。時として暴言・暴力、徘徊・行方不明などが家族内や社会的な問題になります。[aburayama-hospital.com] 逆に興奮しやすく攻撃的で暴力がみられたり、幻覚が見えたりする場合もあります。 行動に抑制が効かなくなり、欲しいと思うと盗ってしまったり、他人の食べ物などでも食べてしまうなど、思うままに行動してしまうなどの問題行動もみられます。[info.ninchisho.net] しかし、例えば自宅と職場を取り違えて、その違和感を解消するためにさまよっているなど、本人にとっては決して目的なく行動しているわけではありません。 暴言など攻撃的な言動 ご本人は若くして認知症になったショックや、仕事などを諦めなければいけない悔しさ、先行きが見えない不安、できていたはずのことができなくなった情けなさなどを抱えています。[kaigo.homes.co.jp]

  • 側頭葉てんかん

    東京都医学総合研究所(医学研)と富山大学は4月20日、てんかん発作により増加するたんぱく質「ニューリティン」が、別のたんぱく質である「FGF受容体」と結合することで軸索の異常分枝を促し、それにより側頭葉てんかん患者のてんかんを悪化させることを明らかにしたと発表した。 成果は、医学研 シナプス可塑性プロジェクトの島田忠之 主席研究員と同 山形要人 副参事研究員、富山大学の吉田知之 准教授らによるもの。研究の詳細な内容は、米国科学誌「The Journal of Neuroscience」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

  • 複雑部分発作

    ),回りくどく話の中心にたどりつかない(迂遠)などの行動特性が見られることがある。[kotobank.jp] 【ゲシュビント症候群Geschwind syndrome】 側頭葉てんかん患者の一部で,情動が不安定で,神秘的なものに関心を抱き,宗教的,哲学的な考えに傾倒しやすく,性的関心が低下し,細部にわたって強迫的に書く(書字過多),ささいなことにこだわり一つのことから離れられない(粘着性),ささいなことで攻撃的になり短絡的に衝動行為に走りやすい(爆発性[kotobank.jp]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    妄想性パーソナリティ障害(もうそうせいパーソナリティしょうがい、英語: Paranoid personality disorder ; PPD)とは、猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害とも呼ばれる、何ら明確な理由や根拠なく人から攻撃される、利用される、陥れられるといった不信感や疑念を抱き、広く対人関係に支障をきたすパーソナリティ障害の一類型である。 精神医学的障害の一種である。[…][ja.wikipedia.org]

  • アンフェタミン妄想症障害

    診断を支持する関連特徴 注射や吸人時に精神刺激薬は典型的にはただちに幸福、自信と多幸症の感情を生じさせる.精神刺激薬使用障害があると劇的な行動変化が急速に発現します。 混乱した行動、社会的孤立、攻撃行動、性機能不全は長期の精神刺激薬使用障害の結果としてみられます。[therapilasis.hatenadiary.jp] だが 麻薬取締局 によると、この薬は、深刻な副作用として精神病性の異常行動、抑鬱、不安、疲労、偏執症、攻撃性、暴力的行動、意識障害、不眠、幻聴、気分障害、妄想を招く怖れがある。フットボールの試合の前には選手たちの食卓にデキセドリンをたっぷり仕込んだパンチボウルが並ぶのが常だったが、こういった食物はかなり前に追放された。[wired.jp] 攻撃的あるいは暴力的な行動がしばしばみられ、 とりわけ高用量を吸入するか経口あるいは経静脈的に摂取されたときに生じやすい.パニック症や全般不安症に類似する強烈な一過性の不安、 統合失調症 に似た妄想様観念や精神病エピソードが、高用量の使用でみられます。[therapilasis.hatenadiary.jp]

さらなる症状