Create issue ticket

考えれる220県の原因 擦過傷

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症を伴うもの。アトピー性湿疹(英語: atopic eczema)と呼ぶ方が適切である。アトピーという医学用語は、主にタンパク質のアレルゲンに強く反応する傾向のことであり、気管支喘息、鼻炎などの他のアトピー性のアレルギー疾患にも冠されることがある。アトピーである場合、典型的には皮膚炎、鼻炎、喘息の症状を示すことがあり、その内の皮膚炎(湿疹)のことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 接触性皮膚炎

    日常生活から考えられる原因 1 刺激や毒性のあるものによって起こるかぶれ 触れたものの強い刺激や毒性によって起こり、その物質に触れれば誰でもかぶれる可能性があります。強い酸・アルカリなどの化学物質が含まれている洗剤・髪染料・毛虫の毛や昆虫の毒などが原因で起こります。 2 アレルギーによって起こるかぶれ 特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によって、かぶれる場合があります。[…][takeda-kenko.jp]

  • 慢性腎不全

    現在地 : Pfizer co.jp ホーム 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 慢性腎不全に関する情報 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 疾患情報 成長相談室 お子さんの低身長や成長障害について解説しているサイトです。 自分でチェック 病医院検索 子どもはどうやって成長するの? 成長障害の治療ってどうするの? 身長の伸びがおそいかも? 成長ホルモンで治療中の方へ 身長が低い病気ってなに? Pfizer for Patients内にある関連する病気の情報を検索する SGA性低身長症 細菌性髄膜炎 ワクチン 血友病 このページの先頭へ[pfizer.co.jp]

  • 閉塞性黄疸

    解説1.胆道ドレナージによる予後の改善効果 閉塞性黄疸を伴う切除不能膵癌症例の多くは,化学療法を行うため胆道ドレナージによる減黄を必要とする。ただし,減黄術による予後の改善や臨床上の利点を述べた論文は少ない。胆道ドレナージによる予後への効果を記載した論文は,1960年代から1980年代に報告されている。いずれも画像診断が発達していない頃の論文で,黄疸症例に対し開腹術を施行し膵癌と診断され切除を行わなかった場合,胆道ドレナージ施行群と非施行群で予後を比較した論文が多い。Sarr らは,1965 年から1980 年までの報告から45論文8,[…][minds.jcqhc.or.jp]

  • 胆汁うっ滞

    TOP 疾患別 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC) 診断のポイント 新生児乳児胆汁うっ滞網羅的遺伝子解析 PFIC 乳児期早期に遷延性黄疸、新生児肝炎症候群などと診断された症例で、生後6か月以降も黄疸が持続して、しだいに 強い掻痒感をきたす ようになります。 1型と2型のPFICでは、閉塞性黄疸があるにもかかわらず γ-GTPが正常または僅かに高いといった範囲 に留まるのが特徴です。3型では、γ-GTP高値を示します。[…][jspghan.org]

  • 原発性硬化性胆管炎

    原発性硬化性胆管炎 原発性硬化性胆管炎 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 消化器学 ICD - 10 K 83.0 ICD - 9-CM 576.1 DiseasesDB 10643 MedlinePlus 000285 eMedicine med/3556 Patient UK 原発性硬化性胆管炎 MeSH D015209 原発性硬化性胆管炎 (げんぱつせいこうかせいたんかんえん、 英 : PSC; primary sclerosing cholangitis )とは 胆汁 のうっ滞をきたす成因不詳の胆管炎である。肝臓内・外ともに胆道・胆管に炎症性変化、線維化、狭窄を起こし、徐々に進行する。 目次[…][ja.wikipedia.org]

  • 2次性硬化性胆管炎

    原発性硬化性胆管炎 ここで先に、後々診断確定する 《原発性硬化性胆管炎》 について触れておきます。 原発性硬化性胆管炎(PSC:primary sclerosing cholangitis) は、肝臓内外の胆管に炎症が生じ狭窄し、胆汁の流れが滞る(胆汁うっ滞)ことにより様々な症状が発生する疾患です。 主だった症状には、だるさや皮膚のかゆみ, 黄疸がありますが、特に症状のないまま長期間経過する場合も多いです。 ・徐々に進行し、胆汁うっ滞から約10年 15年で肝不全 に至ります。 ・日本の総患者数は約1,200人程度と推計されています。 ・原因不明の肝疾患のため、治療は、現在のところ肝移植のみです。[…][storys.jp]

  • 蕁麻疹

    蕁麻疹(じんましん、Hives)は、急性皮膚病の一つ。痒みを伴う紅斑が生じる。蕁麻疹の一種に血管浮腫(クインケ浮腫ともいう)と呼ばれる病態がある。また、アナフィラキシーショックの一症状として蕁麻疹が出現することがある。 アレルギー性では、食物性、薬剤性がある。非アレルギー性には、寒冷により生じる寒冷蕁麻疹など温度や刺激によって生じるものや、日光蕁麻疹、ストレスを感じた時に生じるコリン性蕁麻疹がある。治療は一般に、第二世代抗ヒスタミン薬(第一世代より鎮静作用がない)が使われる。[…][ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 疥癬

    (2015年2月12日 改訂) 疥癬はヒゼンダニ(疥癬虫、 Sarcoptes scabiei )が皮膚の最外層である角質層に寄生し、人から人へ感染する疾患である。非常に多数のダニの寄生が認められる角化型疥癬(痂皮型疥癬)と、少数寄生であるが激しい痒みを伴う普通の疥癬(通常疥癬)とがある (表1) 。近年わが国では病院、高齢者施設、養護施設などで集団発生の事例が増加しており、疥癬感染防止対策マニュアルの作成が行われているが、予防、治療法などに混乱があり、医療および介護関係者の間で問題となっている。 通常疥癬 (普通に見られる疥癬) 角化型疥癬 (痂皮型疥癬) ヒゼンダニの数 数十匹以上[…][nih.go.jp]

さらなる症状