Create issue ticket

考えれる85県の原因 播種性血管内凝固症候群, 正球性正色素性貧血

  • 自己免疫性溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] 前者はフィラリア症の大静脈塞栓症や弁膜症などにおいてみられるもので、後者は播種血管凝固症候(DIC)や溶血尿毒症症候群(HUS)など血管に微細な血栓が形成される疾患や血管肉腫や播種性癌転移のような異常な細血管塊が形成されるような疾患でみられます。[sanyo-amc.jp] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org] 播種血管凝固症候 (DIC) 特発性血小板減少性紫斑病 (ITP) (ICD-10: D69.3) 治療 大量免疫グロブリン静注 を行う。大量免疫グロブリン静注とは、大量の 免疫グロブリン を静脈内注射すること。 血栓性血小板減少性紫斑病 溶血性尿毒症症候群 (HUS) 病態 腸管出血性大腸菌感染症 に続発する。[ja.wikipedia.org] 末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン[kotobank.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性溶血性貧血

    前者はフィラリア症の大静脈塞栓症や弁膜症などにおいてみられるもので、後者は播種血管凝固症候(DIC)や溶血尿毒症症候群(HUS)など血管に微細な血栓が形成される疾患や血管肉腫や播種性癌転移のような異常な細血管塊が形成されるような疾患でみられます。[hearts-ac.jp] 貧血の定義はRBCやHbが年齢相応正常範囲内の値から低下した状態をいい、RBCの大きさや含まれるHb量から小色素貧血色素貧血、大色素貧血に分類されます。その原因は多様です。[tokushukai.or.jp] 検査 [ 編集 ] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素 貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 小球性貧血

    表.赤血球恒数による貧血の鑑別 分類 MCV MCH 主な疾患 小色素貧血 低値 低値 鉄欠乏貧血、サラセミア、鉄芽貧血 色素貧血 正常 正常 溶血貧血、急性出血、白血病、再生不良貧血、腎貧血、症候貧血色素貧血 高値 高値 正常 ビタミンB12や葉酸欠乏による巨赤芽性貧血、肝障害に伴う貧血、[crc-group.co.jp] 播種血管凝固症候 (DIC) 特発性血小板減少性紫斑病 (ITP) (ICD-10: D69.3) 治療 大量免疫グロブリン静注を行う。大量免疫グロブリン静注とは、大量の免疫グロブリンを静脈内注射すること。 血栓性血小板減少性紫斑病 溶血性尿毒症症候群 (HUS) 病態 腸管出血性大腸菌感染症に続発する。[ja.wikipedia.org] A)には再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、白血病、腎性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血などが、B)には遺伝球状赤血球症、赤血球酵素異常症などの先天の溶血貧血や発作夜間血色素尿症、播種血管凝固症候などが、C)には慢性の出血(痔疾、潰瘍、性器出血等)と急性の出血が、D)には膠原病や癌などでみられる二次性の貧血などが含まれます。[ohta-hp.or.jp]

  • ピルビン酸キナーゼ欠乏

    前者はフィラリア症の大静脈塞栓症や弁膜症などにおいてみられるもので、後者は播種血管凝固症候(DIC)や溶血尿毒症症候群(HUS)など血管に微細な血栓が形成される疾患や血管肉腫や播種性癌転移のような異常な細血管塊が形成されるような疾患でみられます。[hearts-ac.jp] 先天赤血球酵素異常 その他の明示された貧血 症候貧血 乳児偽白血病 白赤芽症 脾貧血 貧血,詳細不明 貧血 色素貧血 貧血 老人貧血 思春期貧血 色素貧血 本態性貧血 前のページへ戻る 診療科目 治療名・検査名 専門医 地域 路線・駅 専門外来 病名・病気 実績(治療名別) coming soon 実績(病名別[scuel.me] 前者はフィラリア症の大静脈塞栓症や弁膜症などにおいてみられるもので、後者は播種血管凝固症候(DIC)や溶血尿毒症症候群(HUS)など血管に微細な血栓が形成される疾患や血管肉腫や播種性癌転移のような異常な細血管塊が形成されるような疾患でみられます。[sanyo-amc.jp]

  • 遺伝性球状赤血球症

    ・高度の貧血が成長期に持続していると、発育が遅れて小柄となる傾向があります。 遺伝球状赤血球症の検査 色素貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。[byoutaieiyou.e840.net] A)には再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、白血病、腎性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血などが、B)には遺伝球状赤血球症、赤血球酵素異常症などの先天の溶血貧血や発作夜間血色素尿症、播種血管凝固症候などが、C)には慢性の出血(痔疾、潰瘍、性器出血等)と急性の出血が、D)には膠原病や癌などでみられる二次性の貧血などが含まれます。[ohta-hp.or.jp] 検査と診断 色素貧血、赤血球の形態観察で球状赤血球、網状赤血球の増加、黄疸(間接ビリルビン上昇)、脾腫、赤血球の浸透圧抵抗の低下などを総合して診断します。可能であれば、電気泳動により膜蛋白の異常を同定します。 なお、新生児期には形態、浸透圧抵抗ともに典型的な所見をとらないことも多いため、診断が難しいことがあります。[qlife.jp]

  • 後天性溶血性貧血

    悪性リンパ腫や多発骨髄腫の放射線照射適応例では、当院放射線科との密接な連携のもとに治療を進めております。 播種血管凝固症候 (DIC)、血栓性血小板減少性紫斑病 (TTP)、後天性血友病などの凝固異常症の診断・治療も行っております。[dokkyomed.ac.jp] 先天赤血球酵素異常 その他の明示された貧血 症候貧血 乳児偽白血病 白赤芽症 脾貧血 貧血,詳細不明 貧血 色素貧血 貧血 老人貧血 思春期貧血 色素貧血 本態性貧血 前のページへ戻る 診療科目 治療名・検査名 専門医 地域 路線・駅 専門外来 病名・病気 実績(治療名別) coming soon 実績(病名別[scuel.me] 検査 [ 編集 ] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素 貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    A)には再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、白血病、腎性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血などが、B)には遺伝球状赤血球症、赤血球酵素異常症などの先天の溶血貧血や発作夜間血色素尿症、播種血管凝固症候などが、C)には慢性の出血(痔疾、潰瘍、性器出血等)と急性の出血が、D)には膠原病や癌などでみられる二次性の貧血などが含まれます。[ohta-hp.or.jp] 色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org] 貧血の定義はRBCやHbが年齢相応正常範囲内の値から低下した状態をいい、RBCの大きさや含まれるHb量から小色素貧血色素貧血、大色素貧血に分類されます。その原因は多様です。[tokushukai.or.jp]

  • 上部消化管出血

    重篤な基礎疾患のためにDIC(播種血管凝固症候)を併発しているような例では内視鏡的止血法の限界と思われます。その他、内視鏡的止血法の合併症を認められた場合も手術適応になることが多いです。内視鏡的止血法の合併症とは 「潰瘍の拡大」、「潰瘍の深化、穿孔」、「腸管壊死、穿孔」 などです。[kango-oshigoto.jp]

さらなる症状