Create issue ticket

考えれる113県の原因 播種性血管内凝固症候群, 正球性正色素性貧血

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    血清フェリチン値1,000ng/mL以上、輸血が40単位を超えた場合発症するリスクが高くなる 播種血管内凝固症候群 敗血症 ヘモクロマトーシス 心肥大・心不全・不整脈 糖尿病 末梢血塗沫標本検査 汎血球減少を来たす。 血算 色素貧血 : 作られる赤血球は正常な赤血球のため、(または大色素貧血を示す。[ja.wikipedia.org] 特有の自覚症状はない、進行すると肝障害や心不全などの臓器障害を引き起こす危険がある。血清フェリチン値1,000ng/mL以上、輸血が40単位を超えた場合発症するリスクが高くなる 播種血管凝固症候 敗血症 ヘモクロマトーシス 心肥大・心不全・不整脈 糖尿病 末梢血塗沫標本検査 汎血球減少を来たす。[ja.wikipedia.org] PNH血球検査 血清生化学検査 血清鉄、血中エリスロポエチン値、顆粒コロニー刺激因子 (G-CSF) などの上昇が見られる。 血液機能検査 鉄動態検査 : 鉄飽和率などの上昇が見られる。 骨髄シンチグラフィ 骨髄の111Inシンチグラフィでは骨髄への取り込み低下が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種血管凝固症候や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 急性膀胱炎

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種血管凝固症候や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

    不足: 播種性血管内凝固症候群
  • 薬物乱用の問題
    不足: 正球性正色素性貧血
  • 鉄欠乏性貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

    不足: 播種性血管内凝固症候群
  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血

さらなる症状