Create issue ticket

考えれる71県の原因 播種性アスペルギルス症

  • 侵襲性肺アスペルギルス症

    アスペルギルス B441 J998 QJ23 6 扁桃アスペルギルス B442 J998 R8RK 7 播種アスペルギルス B447 QTMH 8 アスペルギルス症性外耳炎 B448 H622 FJML 9 副鼻腔アスペルギローマ B448 J998 MG6A 10 アスペルギルス腫 B449 UQ27 11 アスペルギルス症 B449[dis.h.u-tokyo.ac.jp] (aspergilloma)(図4-14-2),④全身の諸臓器に播種する 播種 アスペルギルスなどがある.また,厳密な意味での感染症とは異なるが,拡張気管支内に腐生したアスペルギルスに対しアレルギー反応を生じて難治性 気管支喘息 , 好酸球性肺炎 ,無気肺などを繰り返すアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary[kotobank.jp] B44 アスペルギルス症 検索数: 11 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 侵襲性肺アスペルギルス症 B440 J998 NT20 2 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 B441 J998 D6F3 3 肺アスペルギルス症 B441 J998 GPDQ 4 肺アスペルギローマ B441 J998 QE0V 5 慢性壊死[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 播種性アスペルギルス症

    Vol.64 No.5 September 2016 症例報告 播種アスペルギルスに対し抗真菌薬の併用で病巣の縮小を得た1例 1) 独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院血液内科 * 2) 同 腫瘍内科 3) 同 病理診断科 要旨 播種アスペルギルスにvoriconazole(VRCZ)とcaspofungin(CPFG)の併用療法[journal.chemotherapy.or.jp] Summary・Abstract 過去10年間における当教室での仔牛の剖検例406例中に19例の深在真菌を認めた,そのうちアスペルギルスの1例の中枢神経,腎臓,心臓,気管支リンパ節および末梢神経に播種病巣が認められ,原発巣は肺が考えられた. さらに消化器系アスペルギルスおよびムコール症を伴っていた.[iss.ndl.go.jp] 同年9月末に再度高熱あり,CTで皮下組織を含む全身諸臓器に多発結節病変を認めた。皮下結節の生検より播種アスペルギルスの診断となった。VRCZとCPFGとを併用することによって全身臓器の播種病変は縮小し,それを長期に維持することができた。[journal.chemotherapy.or.jp]

  • アスペルギルス菌腫

    オクタロニー法は定着型の肺アスペルギロームでは強陽性,アレルギー性気管支肺アスペルギルス(ABPA)などのアレルギー型では弱陽性,組織侵入型アスペルギルス(アスペルギルス肺炎・肺膿瘍・播種アスペルギルスなど)では抗体が検出されないことが多い。[test-guide.srl.info] (aspergilloma)(図4-14-2),④全身の諸臓器に播種する 播種 アスペルギルスなどがある.また,厳密な意味での感染症とは異なるが,拡張気管支内に腐生したアスペルギルスに対しアレルギー反応を生じて難治性 気管支喘息 , 好酸球性肺炎 ,無気肺などを繰り返すアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary[kotobank.jp] カンジダ属に対する作用は殺菌的であり、アスペルギルス属に対しては発芽抑制及び菌糸の伸長抑制作用を示す [26] [27] 。 マウスの播種カンジダ、口腔・食道カンジダ播種アスペルギルス及び肺アスペルギルス症において高い防御又は治療効果を示す [28] [29] [30] [31] [32] [33] 。[kegg.jp]

  • 十二指腸憩室

    《続きを見る》 33 infliximab 17 二次腹膜炎、劇型溶連菌感染、単純ヘルペス、大腸癌、投与時反応、播種非結核性抗酸菌、気管支炎、深在性アスペルギルス感染、直腸炎、直腸穿孔、結核性多漿膜炎、結核性心膜炎、結核性頸部リンパ節炎、肺結核、肺結核再燃疑い、表在性真菌症、間質性肺炎、髄膜炎、サイトメガロウィルス感染症、adenocarcinoma[selimic.imic.or.jp] 《続きを見る》 9 rituximab 50 侵襲アスペルギルス、出血膀胱炎、好中球減少症、尿路感染症、帯状疱疹、急性肝不全、感染症、播種性帯状疱疹、敗血症、死亡、気道感染、皮下膿瘍、肺炎、肺膿瘍、胃腸炎、腋窩排膿、誤嚥性肺炎、貧血遷延、遅発性好中球減少症、遷延性血清IgG値低下、高血圧、鼠径部排膿、アスペルギルス胸膜炎、カテーテル[selimic.imic.or.jp] 《続きを見る》 45 tocilizumab 14 全身性エリテマトーデス皮膚炎増悪、全身浮腫、単純ヘルペス、壊死軟部組織感染、多臓器不全、急性腎盂腎炎、悪性関節リウマチ、感染疑い、播種アスペルギルス、敗血症、死亡、気管支炎、発熱性好中球減少症、白血球減少、細菌性腸炎、結核性多漿膜炎、肝障害、血圧低下、血球貪食症候群、鉄欠乏性貧血、サイトメガロウイルス[selimic.imic.or.jp]

  • 播種性ブラストミセス症

    ヒストプラスマ (1-1) B407 播種ブラストミセス (1-1) B417 播種パラコクシジオイデス (1-1) B427 播種スポロトリコーシス (1-1) B447 播種アスペルギルス (1-1) B464 播種ムーコル ムコール 症 (1-1) D65 播種性血管内凝固症候群[脱線維素症候群] 【ツリー定義と日数[bone.jp] B44.0 - 侵襲アスペルギルス B44.1 - その他の肺アスペルギルス B44.2 - 扁桃アスペルギルス B44.7 - 播種アスペルギルス B44.8 - その他の型のアスペルギルス症 B44.9 - アスペルギルス症,詳細不明 B45 - クリプトコッカス症 B45.0 - 急性肺クリプトコッカス症 B45.1[medicalware.org] B44.0_侵襲アスペルギルス B44.1_その他の肺アスペルギルス B44.2_扁桃アスペルギルス B44.7_播種アスペルギルス B44.8_その他の型のアスペルギルス症 B44.9_アスペルギルス症,詳細不明 B45_クリプトコッカス症 B45.0_急性肺クリプトコッカス症 B45.1_脳クリプトコッカス症 B45.2[e-stat.go.jp]

  • アスペルギルス症

    (aspergilloma)(図4-14-2),④全身の諸臓器に播種する 播種 アスペルギルスなどがある.また,厳密な意味での感染症とは異なるが,拡張気管支内に腐生したアスペルギルスに対しアレルギー反応を生じて難治性 気管支喘息 , 好酸球性肺炎 ,無気肺などを繰り返すアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary[kotobank.jp] 中枢神経系感染は脳膿瘍を呈し、全身播種感染の部分である。副鼻腔からの直接感染は少ない。 画像検査、組織病理検査(生検)、検体の染色および培養等による。 アスペルギルス症の疑いがある場合には、確定診断を待たず適応菌種が広い抗真菌薬を投与する。病変部位が局所的な場合には、外科手術が行われる場合がある。[ja.wikipedia.org] 治療 (表4-14-1) 侵襲播種性は最も重篤であり,基礎病態への対応と並行して抗真菌薬の投与を行うが,予後は概して不良である.慢性壊死性肺アスペルギルス症では抗真菌薬が奏効した場合でも再発が多く長期間の治療が必要である.菌球型は軽快・増悪を繰り返しながら肺を破壊して進行する場合が多いため,切除が第一選択であるが,しばしば肺機能,全身状態[kotobank.jp]

  • 横隔膜下膿瘍

    コクシジオイデス B393 カプスラーツム播種ヒストプラスマ B407 播種ブラストミセス B417 播種パラコクシジオイデス B427 播種スポロトリコーシス B447 播種アスペルギルス B464 播種ムーコル ムコール 症 B59 ニューモシスチス症 J13 肺炎レンサ球菌による肺炎 J14 インフルエンザ菌による[bone.jp] 球菌性敗血症 A41 その他の敗血症 A481 レジオネラ症 在郷軍人病 B007 播種性ヘルペスウイルス疾患 B012 水痘肺炎 B052 麻疹,肺炎を合併するもの B250 サイトメガロウイルス(性)肺臓炎 B252 サイトメガロウイルス(性)膵炎 B371 肺カンジダ症 B376 カンジダ性心内膜炎 B377 カンジダ性敗血症 B387 播種[bone.jp]

  • 爪真菌症

    C.主な病型と病態 a.肺アスペルギローマ b.慢性壊死アスペルギルス(CNPA) c.侵襲アスペルギルス(IPA) d.播種アスペルギルス/侵襲性アスペルギルス症 e.副鼻腔アスペルギルス症 f.中枢神経(脳)アスペルギルス症 g.皮膚アスペルギルス症 h.アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA) D.検査医学的診査[nanzando.com] カンジダ腹膜炎その他の腹腔内・骨盤内・子宮内のカンジダ感染症 g.カンジダ心内膜炎 h.泌尿器系カンジダ症 i.下部消化管カンジダ症 j.食道カンジダ症 D.検査医学的診断 2.アスペルギルス感染症(アスペルギルス症) A.概念と発症メカニズム B.原因菌の特徴 a.菌種・生態 b.形態学 c.病原因子 d.抗原性 e.生化学 f.抗真菌薬感受[nanzando.com]

  • 侵襲性アスペルギルス症

    (aspergilloma)(図4-14-2),④全身の諸臓器に播種する 播種 アスペルギルスなどがある.また,厳密な意味での感染症とは異なるが,拡張気管支内に腐生したアスペルギルスに対しアレルギー反応を生じて難治性 気管支喘息 , 好酸球性肺炎 ,無気肺などを繰り返すアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(allergic bronchopulmonary[kotobank.jp] 治療 (表4-14-1) 侵襲播種性は最も重篤であり,基礎病態への対応と並行して抗真菌薬の投与を行うが,予後は概して不良である.慢性壊死性肺アスペルギルス症では抗真菌薬が奏効した場合でも再発が多く長期間の治療が必要である.菌球型は軽快・増悪を繰り返しながら肺を破壊して進行する場合が多いため,切除が第一選択であるが,しばしば肺機能,全身状態[kotobank.jp] では複数の診断基準が提唱されている.[kotobank.jp]

さらなる症状