Create issue ticket

考えれる32県の原因 接触性皮膚炎

  • 過敏症

    ツベルクリン反応、接触皮膚などがある。この種のアレルギーの皮内反応は、24 48時間後、発赤、硬結となって現れる。 代表的な疾患としては接触皮膚(いわゆる「ウルシかぶれ」は「アレルギー性接触皮膚」の一種である。)[ja.wikipedia.org] IVa型 Th1細胞とマクロファージによる反応でありツベルクリン反応、接触皮膚がこれに含まれる。 IVb型 Th2細胞と好酸球による反応であり気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蛋白誘発が含まれる。 IVc型 CD8 T細胞による反応であり接触皮膚が含まれる。[ja.wikipedia.org] プリックテストやRASTはI型アレルギーに対する試験であり、それ以外の機序で起こるアレルギーである、接触皮膚、薬剤熱、血小板減少症、スティーブンジョンソン症候群などでは全く役に立たない。さらにRASTは陽性であっても臨床的な症状と一致しないことが多いため注意が必要である(関係のない項目のRASTを行うと逆に混乱する)。[ja.wikipedia.org]

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー皮膚体質の人は一般に皮膚が弱く、子供の頃におむつかぶれを起こしやすかったり、各種の化粧品、塗り薬、洗剤などによる接触皮膚を起こしやすいことが知られている。アレルギー反応が強い箇所を中心に、結節を伴う痒疹(結節性痒疹)を生じることがある。慢性化、難治化することもある。円形脱毛症の合併も知られている。[ja.wikipedia.org] また、稀ではありますが、かぶれ(接触皮膚)を起こす方もいます。ですから漫然と自己流で毎日ステロイド外用薬を塗り続けることは好ましくありません。 Q3: ステロイドを長く使っていると体の中に蓄積して怖いことが起きると聞きましたが本当ですか? A3: ステロイドは蓄積して副作用が起こるのではありません。[kyudai-derm.org] ただし患者の敏感な皮膚は製品によっては接触皮膚を起こすこともあり、使用感がよく、かぶれを起こさない製品を選択することが重要である。いろいろ試して、自分に合う保湿剤を探索するのが良い。今後さらに具体的な使用法やセルフケアについてのエビデンスの蓄積が期待される。[ja.wikipedia.org]

  • 酒さ

    酒さ様皮膚は、酒さに適した医薬品の保険適応がないため脂漏皮膚接触皮膚として診断してステロイド外用薬やタクロリムス(局所カルシニューリン阻害剤)を処方し連用している最中に生じることがある。 紫外線防御策:日焼け止め、帽子など。 きっかけを避ける:極端な暑さ・寒さ、紫外線、香辛料、アルコール、運動など。 ステロイドの使用は避ける。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚炎

    苔癬化:炎症が繰り返されて、表皮が反応に肥厚した状態。湿疹の三角形には含まれないが、湿疹でみられるもの。 丘疹 結節 アトピー皮膚 脂漏皮膚 接触皮膚 貨幣状湿疹 痒疹(注意:正式な概念としては成立していないが、同じ症状・経過をもつ疾患群としてまとめることが可能であり別記とする) 湿疹に関しても急性と慢性の分類がある。[ja.wikipedia.org] 急性湿疹はかぶれである接触皮膚、赤ちゃんの顔にできる脂漏性皮膚炎、老人の下腿に好発する貨幣状湿疹が含まれる。これらは治癒の転帰をたどりやすい。アトピー性皮膚炎は慢性湿疹に分類され苔癬化の転帰をとりやすい。 湿疹と間違いやすい疾患としてページェット病、有棘細胞癌などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 接触性皮膚炎
  • 帯状疱疹

    臨床症状と経過で容易に診断できる事が多いが、時に虫刺され、接触皮膚、単純ヘルペス、水痘、自己免疫水疱症、熱傷などの疾患と鑑別を要することがある。帯状疱疹はどの部位にどの様な形で出るかも不明ということもあり、早めの兆候を見逃さず、症状を過小評価しないことが大切である。[ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    熱傷(やけど)(軽度のものから重症で植皮を要するものまで) 凍瘡(しもやけ) 凍傷 褥瘡(とこずれ) 放射線皮膚障害 虫刺症 動物咬傷 クラゲ刺傷 猫ひっかき病 アトピー皮膚 脂漏湿疹 接触皮膚(例:おむつかぶれ) 皮脂欠乏性湿疹 貨幣状湿疹 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎 自家感作性皮膚炎 しいたけ皮膚炎[ja.wikipedia.org]

  • 乳房の悪性新生物
  • 熱傷
  • 連圏状ひ糠疹

    熱傷(やけど)(軽度のものから重症で植皮を要するものまで) 凍瘡(しもやけ) 凍傷 褥瘡(とこずれ) 放射線皮膚障害 虫刺症 動物咬傷 クラゲ刺傷 猫ひっかき病 アトピー皮膚 脂漏湿疹 接触皮膚(例:おむつかぶれ) 皮脂欠乏性湿疹 貨幣状湿疹 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎 自家感作性皮膚炎 しいたけ皮膚炎[ja.wikipedia.org]

さらなる症状