Create issue ticket

考えれる242県の原因 排尿頻度

  • 尿路感染症

    症状からたどる尿路感染症の診断 【膀胱炎】 単純性膀胱炎は性的活動期(10 50歳代)の女性に非常に多い疾患で、その頻度は全ての女性が一生の内に一度は罹ると言われているほどポピュラーな病気です。[info.fujita-hu.ac.jp] 症状は排尿痛(おしっこする時に痛みを感じる)、頻尿(おしっこの回数が多く、一回の排尿量は少ない)、残尿感(おしっこをした後でもすぐにトイレへ行きたくなる)、下腹部不快感、血尿(おしっこがピンク色をしている)、膿尿(おっしこが濁って匂いがきつい)などで、一般的には発熱を伴ないません。[info.fujita-hu.ac.jp]

  • 急性膀胱炎

    強い刺激物は、尿の量を増やさずに、排尿回数だけを増やしますから、頻尿の頻度がさらにひどくなります。 下腹部を冷やさないようにします。下腹部を冷やすと血行が悪くなり、膀胱炎を悪化させるおそれがあります。場合によっては、ひざ掛けなどを利用して下腹部を温めることも必要でしょう。[t-pec.co.jp] 今回は膀胱炎の中でも特に頻度が高い急性膀胱炎について述べます。 2.[aomorih.johas.go.jp] 回数だけでなく、1回の量や排尿姿勢を取ってからスムースにおしっこが出ているかなど見てあげてください。 ――なるほど。回数や頻度だけでなく、スムースにおしっこが出ているか、という点も大事なんですね。 また、寒い時期と太っている猫も注意が必要です。[axa-direct.co.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    排尿日誌 排尿日誌では、排尿時刻、排尿量、失禁量を記録することによって、症状の頻度、程度、生活への影響などの正確な評価が可能です。 排尿日誌 尿流量測定/残尿測定 尿流量測定は、尿が十分にたまった状態で専用尿器に排尿するだけの検査であるが、排尿障害を有する患者において排尿状態の客観的、定量的な評価に有用な非侵襲的検査です。[toms.med.hokudai.ac.jp] 前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。 肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されており、メタボリック症候群との関係についても、検討されています。[asahikasei-pharma.co.jp] 増加または著明な排尿後の膀胱内残尿。 外科的治療は、2 つの群、すなわち外科的療法と低侵襲治 療に分けられます。最も頻度が高いおよび標準外科療法は、 経尿道的前立腺切除術(TURP)です。[kidneyeducation.com]

  • 尿道炎

    ⑤ 女性の尿道狭窄症 女性尿道狭窄症の排尿時膀胱尿道造影 男性に比べて女性の尿道は短いため外傷や炎症などの影響を受けにくく、結果的に女性の尿道狭窄症の頻度は男性に比べて圧倒的に低いといわれています。しかし、下部尿路症状(蓄尿や排尿に関連する症状)を有する女性の2.7%から8%に尿道狭窄症が見られたという報告もあります 22 。[square.umin.ac.jp]

  • 膀胱脱

    以下のような方がTVM手術に向いています 心臓などに持病があり、長時間の手術に不安がある もともとそれほど活動性の高いほうではなく、術後の安静が守れる セックスの頻度は低い 子宮脱はなく、膀胱が主に脱出していて排尿障害が強い 以下のような方がLSC手術に向いています 仕事に家事に活動的な毎日で、臓器脱を治して退院したらすぐ元の生活に戻りたい[kohjin.ne.jp] 術後排尿障害も少なくなっています。頻度的には少ないのですが、メッシュを埋設して膣を縫合した部分からメッシュの一部が露出することがあります。メッシュびらんといいます。範囲が狭い場合には経過観察中に再度膣壁で覆われますが、時にメッシュの切除、再縫合を要することがあります。[kameda.com] *Am J Obstet Gynecol 180, 1990 主な骨盤臓器脱の症状 1.膀胱瘤 膀胱瘤は最も頻度が高い骨盤臓器脱頻度です。症状としては下腹部違和感、臓器下垂感、頻尿、残尿感、排尿困難など多岐にわたります。また膀胱瘤に悩んでいらっしゃる方は腹圧性尿失禁を合併していることもあります。[urogyne-himawari.jp]

  • 慢性前立腺炎

    ②加齢に伴う蓄尿障害 既述のように,下部尿路閉塞により排尿筋過活動が誘発される。しかし,前立腺肥大症患者における排尿筋過活動の出現頻度は閉塞より加齢と相関すること 45) から,排尿筋過活動の発生に加齢自体の影響が大きい可能性がある。[minds.jcqhc.or.jp] 膀胱の出口にある前立腺が加齢とともに肥大して尿道を圧迫、排尿障害を起こす前立腺肥大症や前立腺がんが良く知られています。前立腺の病気の中で頻度が高いのが前立腺炎で、若い年齢層に多くみられるのが特徴的です。[kitsukawa-clinic.jp] 症状からたどる尿路感染症の診断 【膀胱炎】 単純性膀胱炎は性的活動期(10 50歳代)の女性に非常に多い疾患で、その頻度は全ての女性が一生の内に一度は罹ると言われているほどポピュラーな病気です。[info.fujita-hu.ac.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 不安障害

    パニック障害・不安障害とは 「パニック障害」も「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、下図のように、「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつです。 図1 不安障害と下位分類 ここに示した分類は、米国精神医学会のDSM-IV-TRによっています。もうひとつの臨床でよく使われる分類基準であるWHOのICD-10では、パニック障害と恐怖症の関係がやや異なることと、一般身体疾患や物質によるものは不安障害からのぞかれている点が異なっていますが、他はほぼ共通しています。[…][mhlw.go.jp]

  • 前立腺癌

    は少ないが排尿および排便障害、性機能障害 外照射では、長期間(2ヶ月程度)の通院が必要 内分泌療法 長所: 侵襲無く治療可 ご心配な点がある方は、泌尿器科外来・他の下記スタッフに遠慮なくご相談ください。[takatsuki.aijinkai.or.jp] 頻尿・尿勢低下 70% 頻便・排便時痛 20% 排便時出血 13% 晩期合併症(照射終了後6ヶ月以降) 頻度は低いのですが一旦起こると難治性の場合が少なくありません。[radiotherapy.kuhp.kyoto-u.ac.jp] ほとんど症状が現れないことから、1時間おきにトイレに行くようになるほどまで程度は様々ですが、もっとも頻度が高い副作用です。 頻尿改善薬を使用することがあります。 排尿時痛 尿道の炎症が原因で、排尿時にひりひりするような症状が出ることがあります。重篤な症状になることはまれです。 軽度であれば経過観察、必要時は鎮痛薬の使用などで対処します。[cick.jp]

  • 前立腺腺癌

    *KGF: keratinocyte growth factor 病理組織学的変化の頻度 30歳代;10% 50歳代;約半数 60歳代;70% 70歳代;80% 1.臨床症状 最も代表的な症状は、排尿困難(Difficult voiding)で、夜間頻尿(Nocturia)、尿線細小化(Forceless thin stream)、 残尿感[home.hiroshima-u.ac.jp]

さらなる症状