Create issue ticket

考えれる1,020県の原因 排尿障害

  • 尿路感染症

    排尿障害や尿路結石、膀胱癌などが見つかることがあります。 腎盂腎炎(じんうじんえん)とは-原因・症状・診断・治療- 腎臓にばい菌が入り、熱と腎臓のはれが生じます。腎臓がはれることで、片側の横腹や腰が痛みます。熱は高熱になることが多く、ばい菌やばい菌の毒素が全身に回ってしまい、倒れてしまってから発見される方もおり、怖い病気です。[tyojyu.or.jp] 前立腺炎は急性の場合の多くは、尿中の細菌による感染で起こり、発熱や排尿困難、排尿痛や残尿感、頻尿などの症状を伴います。前立腺の腫れのために尿道が圧迫され、排尿障害や時には尿閉(尿が出なくなる)になることも少なくありません。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。炎症が強いと、入院加療が必要になるケースもあります。[nomura-hinyokika.com] 反復する膀胱炎 特に年長の女の子でたびたび膀胱炎を起こす場合は排尿習慣に問題があったり、排尿障害を伴っていたりすることがすくなくありません( 尿失禁 の項を参照)。エコーの検査と尿流量測定を行い膀胱の形態と残尿の有無をチェックします。問題があれば膀胱造影・ ウロダイナミクス検査 なども考えます。[twmu.ac.jp]

  • 膣炎

    排尿障害」としてまとめられます。[tsunoda-cl.com] 当クリニックのブライダルチェック 問診 内診 尿検査 子宮頸がん検査 超音波検査 血液型、性感染症(HIV、肝炎、梅毒、淋菌、クラミジア含む)検査 風疹抗体検査 トキソプラズマ抗体検査 貧血検査 肝機能検査 オプション/AMH検査(卵巣年齢検査) 排尿障害とは 尿が出にくい、尿がもれる、尿が出る回数が多い、排尿時に痛みがあるといった症状は、[tsunoda-cl.com] 過活動膀胱について 過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す排尿障害のひとつです。最近の調査で、この病気で悩んでいらっしゃる方が増加していることが分かってきています。[tsunoda-cl.com]

  • 膀胱炎

    複雑性膀胱炎 排尿障害のために残尿があるときや、尿道留置カテーテルなど膀胱内に異物がある場合など基礎疾患や背景因子があるときの膀胱炎は複雑性膀胱炎と呼ばれます。原因となる細菌も大腸菌以外にセラチア、緑膿菌、腸球菌、エンテロバクターなどが多く、感染を繰り返し抗菌剤に抵抗を示すことが多いです。[kyorin-u.ac.jp] 膀胱の他の病気(腫瘍、結石、間質性膀胱炎、排尿障害など)、婦人科系(子宮筋腫、卵巣腫瘍、膣炎など)、消化器系(便秘症、大腸の病気など)、冷え症など骨盤内の微少循環障害(漢方医学では於血という)が原因のこともあります。 *膀胱炎の治療は泌尿器科が良い?[knuc.jp] 前立腺肥大症 高齢男性にもっともよく見られる排尿障害の原因となる前立腺の良性腫瘍で、前立腺癌とは明らかに異なる良性疾患です。その有病率は高く、加齢とともに増加します。[ikegami-cl.jp]

  • 急性膀胱炎

    膀胱の他の病気(腫瘍、結石、間質性膀胱炎、排尿障害など)、婦人科系(子宮筋腫、卵巣腫瘍、膣炎など)、消化器系(便秘症、大腸の病気など)、冷え症など骨盤内の微少循環障害(漢方医学では於血という)が原因のこともあります。 *膀胱炎の治療は泌尿器科が良い?[knuc.jp] 女性泌尿器科 排尿障害の診断と治療 排尿障害とは、頻尿や排尿困難、尿失禁(尿もれ)などを含む、排尿に関するすべての悩み・症状です。 原因となる病気もさまざまです。 当院では、丁寧な問診や診断、適切な治療をこころがけています。 最近では、とても優れたお薬がたくさんあります。[nishino-cl.com] アステラス製薬の『排尿トラブル改善.com』は、過活動膀胱(OAB)や前立腺肥大、腹圧性尿失禁などの排尿障害にお困りの方のためのサイトです。治療法や予防法などの情報をご紹介しています。 間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群) 尿路感染や癌などはないのに、下腹部(膀胱部)の痛み・違和感があり、そのため頻尿になっていることが多い原因不明の病気です。[nishino-cl.com]

  • 膀胱脱

    通常、痛みはなく、命に関わるものではありませんが、放置しているとトイレが近くなったり、尿がでにくい排尿障害をおこして、腎臓に負担がかかったり、便が出にくくなるなど、日常生活に支障をきたすことがあります。 骨盤臓器脱の原因 骨盤臓器脱の最大の要因は 出産 です。胎児が腟を通る際に、骨盤底の筋膜・じん帯が損傷することがあります。[takeyama-clinic.or.jp] 脱状態になると排尿障害や歩行障害になることもあります。保存的治療としては、硬質プラスチック製のペッサリーを腟内へ挿入し、子宮を上にあげて固定する方法があります。最近では、やや軟らかい材質のペッサリーも使用されており、腟粘膜への刺激もより少なく、挿入・抜去も容易になっています。[mizuho-wcl.com]

  • 性感染症

    (Vol. 29 p. 239-241: 2008年9月号) わが国の性感染症(STD)サーベイランスは、性病予防法に加え、1987年以降感染症発生動向調査事業により実施されてきた( 資料1 およびIASR 19: 198-199, 1998 )。1999年4月の感染症法施行後は法に基づく感染症発生動向調査において、梅毒の全数届出が医師に義務付けられ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症がSTD定点から毎月報告されている(届出基準は[…][idsc.nih.go.jp]

  • 尿道炎

    前立腺は尿道を囲むようにあるため、肥大すると尿道が圧迫されて排尿障害を起こすことがあります。 症状 初期には夜中にトイレに起きる夜間頻尿、尿の勢いが弱くなった・尿が出にくい・排尿に時間がかかる・残尿感があるなどの軽い排尿障害を起こすことがあります。特に強い症状がないまま残尿が増え、慢性尿閉を起こしているケースもあります。[kidoclinic.jp] 前立腺肥大症 高齢男性にもっともよく見られる排尿障害の原因となる前立腺の良性腫瘍で、前立腺癌とは明らかに異なる良性疾患です。その有病率は高く、加齢とともに増加します。[ikegami-cl.jp] 急性前立腺炎 1.症状 軽い残尿感、排尿障害を伴うことが多いですが、38 以上の発熱を来たします。 悪寒、戦慄を伴うこともあります。発熱だけの症状のこともあり、原因不明の発熱として治療される事も少なくありません。ゴルフや山歩き、長時間の運転、サイクリングの後などに起こることがよくあります。精巣上体炎を伴うことも多いです。[takano-hospital.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    排尿障害 その他Q&A 生活習慣病 男性型脱毛症(AGA) 医療設備 サプリメント その他 以前の記事 2019年 03月 2019年 02月 2019年 01月 2018年 12月 2018年 11月 2018年 10月 2018年 09月 2018年 08月 2018年 07月 2018年 06月 2018年 05月 2018年 04月[aioi23.exblog.jp] 腫瘍性疾患・月経に伴う症状・排尿障害・骨盤臓器脱や骨粗鬆症・感染症・炎症性疾患・避妊・妊娠の診断・子宮がん検診などを診療しています。 検診 子宮がん検診・婦人科検診・ブライダルチェック・STDチェック(性感染症検査) *当院での分娩は行っておりません。 検査後、他施設をご紹介しております。[ogino-hp.or.jp] 進行すると排尿障害、頻尿、排尿痛や血尿などを生じますが、前立腺肥大症と区別することはできません。 診断に関しては、PSA(前立腺特異抗原)という血液検査が非常に有用です。自治体によっては住民検診がなされています。これはクリニックでも簡単にできる検査です。[irukaclinic.sakura.ne.jp]

  • 慢性前立腺炎

    そして感染すると、発熱や排尿困難、排尿痛や残尿感、頻尿などの症状がみられます。さらに前立腺の腫れのために尿道が圧迫され、排尿障害をはじめ尿閉(尿が出なくなる)になることも少なくありません。検査では、問診や検尿、前立腺の触診によって炎症の状態を調べます。急性前立腺炎と診断された場合は、抗菌薬の点滴もしくは内服薬での治療となります。[tamada-clinic.com] 感染症、血流障害排尿障害による影響等いろいろな話があります。 今なお議論が継続しており、学問的な話として充分では無いかもしれませんが、私見も述べます。 感染症の存在や影響は無視できない関係があると考えてよいと思いますが、 確かに排尿障害も影響している印象はあります。 実際に、慢性前立腺炎の患者さんでは若くても尿の勢いが弱い人もいます。[mat-iin.com] ⑤尿流量検査、残尿測定検査 前立腺炎の多くでは排尿障害も見られるため、排尿状態の確認を行ないます。 ⑥内視鏡検査 尿の溜まったときの痛みや下部消化管の痛みがある場合は、膀胱鏡検査や大腸カメラなどの内視鏡検査も考慮します。[kitsukawa-clinic.jp]

  • 慢性骨盤痛症候群

    ⑤尿流量検査、残尿測定検査 前立腺炎の多くでは排尿障害も見られるため、排尿状態の確認を行ないます。 ⑥内視鏡検査 尿の溜まったときの痛みや下部消化管の痛みがある場合は、膀胱鏡検査や大腸カメラなどの内視鏡検査も考慮します。[kitsukawa-clinic.jp] 現在では薬物療法(お薬での治療)が中心となっており、α 1 遮断薬が前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する第1選択薬となっております。一方、前立腺が大きい方や自覚症状が高い方は、将来的に排尿障害が増悪し、尿閉の併発や手術が必要になるリスクが有意に高くなります。[sakuma-cl.jp] 女性泌尿器科 排尿障害の診断と治療 排尿障害とは、頻尿や排尿困難、尿失禁(尿もれ)などを含む、排尿に関するすべての悩み・症状です。 原因となる病気もさまざまです。 当院では、丁寧な問診や診断、適切な治療をこころがけています。 最近では、とても優れたお薬がたくさんあります。[nishino-cl.com]

さらなる症状