Create issue ticket

考えれる28県の原因 排尿痛

  • 尿路感染症

    頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱炎のほか、尿道炎の主症状である。 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    排尿、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。 原因菌がはっきりしない段階で処方を行う際には ST合剤 ニューキノロン系 セフェム系などを用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱炎のほか、尿道炎の主症状である。 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。 尿検査 尿定性で白血球反応陽性、亜硝酸塩陽性(必発ではない。尿中の硝酸塩は、腸内細菌が多いと還元されて亜硝酸塩になるため。[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ、ovarian cyst)とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称であり、腫瘍性のものを含め多種多様な疾患が包括される。 ヒトにおいては婦人科学の対象となる。 獣医学的には特に機能性嚢胞に分類されるものが重要である。牛、豚で主要な卵巣疾患であり、馬、羊、山羊にも発生する。卵胞嚢腫と黄体嚢腫に区別される。症状として無発情あるいは思牡狂を示す。 月経の過程に関係するものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 良性前立腺肥大症

    【監修】 名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 教授 後藤百万先生 前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。[…][asahikasei-pharma.co.jp]

  • 尿道炎
  • 痔の予防に大事なのは 日頃の習慣 正しいおしりのケアを身につけ、習慣づけておけば、痔の悪化を防ぐことにつながるだけでなく、痔になる確率はぐっと低くなります。実践してみましょう。 総合監修 岩垂 純一 先生 監修 黒川 彰夫 先生 監修 佐原 力三郎 先生 おしりはていねいに拭く おしりは、便のカスなどが残ったままにならないよう、普段からていねいに拭くようにしましょう。ただし、ゴシゴシこするのではなく、紙を押しあてるようにして優しく拭くようにしましょう。[…][borraginol.com]

  • 急性前立腺炎

    症状 [ 編集 ] 主な症状として高熱、下腹部、会陰部排尿困難、頻尿、膀胱炎とそれを併発した事による排尿、残尿感、筋肉痛、関節痛がある [3] 。 通常は40度前後の 高熱 が出て、 血液 中の 白血球 が増える。[ja.wikipedia.org] 発熱、排尿、頻尿、尿閉などが主な症状である。 前立腺の炎症が慢性的に続く状態をいい、非細菌性慢性前立腺炎、慢性細菌性前立腺炎、前立腺に分類される。頻尿、残尿感、尿閉、排尿困難、排尿、射精痛に加え、下腹部の不快感、鈍痛などを伴うことがある。 尿検査により白血球の増加が見られるほか、尿道膀胱鏡検査、直腸診など。[ja.wikipedia.org] また 膀胱炎 を併発したような場合には尿に膿が混ざるようになり、排尿、頻尿、残尿感などというような膀胱炎のような症状が出る [1] 。 炎症が激しい場合には 敗血症 にまで進展し、この場合には 多臓器不全 などで 死亡 する事もある [3] 。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性前立腺炎
  • 腎盂腎炎

    腎盂腎炎(じんうじんえん、拉: pyelonephritis)は、細菌感染を原因とする腎盂ならびに腎実質の炎症。臨床症状として血尿、混濁尿、膿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium renale)による感染が重要である。 発熱、腰背部痛、悪心、CVA叩打痛、白血球尿、細菌尿などを特徴とするが、この疾患の非常に恐ろしいところは容易に敗血症や播種性血管内凝固症候群 (DIC)、急性呼吸窮迫症候群 (ARDS)[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状