Create issue ticket

考えれる28県の原因 排尿時焼灼痛, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 排尿時焼灼痛, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp] 特に、 腎盂腎炎は、生死に影響する様な、重症化する状態(敗血症)となる可能性があるため、早期の受診が望ましいです。[ome-clinic.com]

  • 尿路疾患

    臨床症状 尿管結石の嵌頓のような急性尿路閉塞では激しい側腹部から下腹部にかけて疝痛とよばれる激痛を生じる.この痛みは尿管の走行に沿って放散し,肉眼的血尿や悪心,嘔吐といった消化器症状を伴うこともある.また腎盂腎炎を併発すれば発熱,悪寒を伴い,糖尿病などに罹患している場合は敗血症などへの進展に注意が必要である.慢性の不完全閉塞では徐々に水腎症[kotobank.jp]

  • 急性膀胱炎

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] また、細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がった場合(敗血症)、血圧低下(敗血症性ショック)、急性腎不全、多臓器不全となり命にかかわることがあります。 一方、慢性腎盂腎炎の場合、自覚症状がない場合も多く、あっても軽い腰痛や微熱、食欲不振などが現れる程度です。しかし、急激に症状が悪化した場合、急性腎盂腎炎のような症状が生じます。[tokushukai.or.jp] 早急に治療しなければ、敗血症になる場合があるので、必ず医療機関を受診してください。 膀胱炎は、背後に原因となる病気があって起こる「慢性膀胱炎」がありますが、これは比較的高齢の男性に多く、前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などが原因になります。[oka-clinic.jp]

  • 膣炎

    特に高齢者は、自覚症状や発熱などの症状が軽微なため、稀には敗血症にいたって初めて気がつき、治療するまもなく死に至るケースも時にみかけることがあります。 一方で、寝たきり高齢女性の性器感染症の原因は、必ずしも外部からの不潔な微生物混入だけではありません。[santamaria-med.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    また、感染がさらに進行し、細菌やその毒素が腎臓から全身に回ってしまうと敗血症を起こし、最悪の場合、命にかかわることもあります。 検査・診断 急性腎盂腎炎は、症状を問診するとともに、腰背部の叩打痛を確かめることによって診断をおこないます。[medicalnote.jp] 結石に伴う腎盂腎炎で結石のために感染した尿が排出されないと、 敗血症 や DIC(播種〈はしゅ〉性血管内凝固症候群) から死にいたることもあります。 これらの原因が不明の場合で腎盂腎炎をくり返す場合は、膀胱(ぼうこう)尿管逆流現象が疑われます。膀胱に入った尿は通常は腎臓のほうには戻りませんが、逆流してしまうことがあるのです。[medical.jiji.com] これらの尿路感染症で一番症状が強く、時には敗血症の原因となるのが急性腎盂腎炎です。 急性腎盂腎炎は通常膀胱で増えた細菌が尿管を通して腎盂まで達して発病します。 尿路感染症は尿道が短い女性で高い頻度に発症します。 急性腎盂腎炎を予防するために、免疫力を低下させうる薬を使用する際には色々な注意が必要です。[naoru.com]

  • 慢性前立腺炎

    亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤を 使用している患者 (7) 重度の肝機能障害患者(Child-Pugh スコア10 以上) (8) 中等度以上の腎機能障害を有する患者 (血清Cr 2mg/dl) (9) 重篤な心・血管障害を有する患者(例:重症不整脈、心不全、心筋梗塞、 不安定狭心症、心筋壊死、心筋炎、心筋線維症、壊疽、血管炎、血栓静脈[rctportal.niph.go.jp] 重症例では敗血症を生じ、生命の危険を伴うこともあるので注意が必要です。 (2)慢性前立腺炎 a.細菌性…通常は通院治療で十分対応できます。抗生剤は慢性炎症を生じた前立腺には到達しにくいので、長期間(数カ月)の投与が必要です。重い病態を示すことは、通常ありません。[yomidr.yomiuri.co.jp] 急性前立腺炎 急性前立腺炎は敗血症を起こすこともあり、点滴補液を行い,細菌に有効な抗菌剤を使用します。 慢性前立腺炎 慢性細菌性前立腺炎の治療は,長期間抗菌剤や抗炎症作用のある薬剤を内服する必要があります。長時間座位で作業する方に多いため、生活面での改善も必要でしょう。[kyorin-u.ac.jp]

  • 急性前立腺炎

    しかし炎症が激しい場合は、マッサージなどのような操作は細菌を血液中に押し込んで敗血症を併発したりする危険性があるため、このような診断は行なわない。膀胱炎を併発している場合には、尿の中に膿である白血球が認められるようになる [5] 。 超音波検査の場合、腫れた前立腺が認められ、時には膿が溜まっているのが見られる。[ja.wikipedia.org] 炎症が激しい場合には 敗血症 にまで進展し、この場合には 多臓器不全 などで 死亡 する事もある [3] 。 診断方法 [ 編集 ] 急性前立腺炎の診断方法として 直腸診 、尿と 精液 の検査、 超音波検査 の3つがある [4] 。 直腸診の場合、前立腺は直腸から触れることができるので、直腸から前立腺を触れて見る。[ja.wikipedia.org]

  • 尿道炎

    腎盂腎炎 尿路感染症で一番症状が強く、時には敗血症の原因となるのが急性腎盂腎炎です。 主に大腸からの細菌が尿道口から侵入し、膀胱から腎盂にまで上行して炎症を引き起こす細菌感染症です。 急性腎盂腎炎は20 40代の女性がよく罹ります。[togoshi-clinic.com] また、適切な治療を施さなかった場合は、細菌が血液中に侵入し、敗血症となって生命にも関わることがありますので、早めの診療が大切です。 尿道炎 尿道炎は、性行為によって起きる性感染症として知られていますが、その他にも大腸菌や腸球菌などの腸内細菌、皮膚や粘膜の常在菌、マイコプラズマやウレアプラズマが原因で発症することもあります。[tamada-clinic.com] 時に、敗血症に進展することもあります。 急性精巣上体炎 1.症状 陰嚢、精巣上体の発赤と腫脹、疼痛。発熱。ほとんど前立腺炎に合併しておこります。 2.検査 視診、触診で容易に診断されます。 3.治療 局所の冷罨法、抗生剤の投与を行います。鎮痛剤を使用します。 急性精巣炎 1.症状 ほとんどが急性耳下腺炎後に発生します。[takano-hospital.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    そのほとんどが重篤な合併症ではありませんが、まれに急性前立腺炎は敗血症となり集中治療が必要となることがあります。 前立腺針生検はあくまで組織サンプルを採取する検査ですので、がんの診断をすることができても、小さながんを完全に否定することはできません。[tachikawa-hosp.gr.jp]

  • 膀胱脱

    また、重篤な合併症として腸閉塞、敗血症、播種性血管内凝固、呼吸不全、ショック、感冒様症状、発熱等があります。また、メッシュを使用する術式では長期的にメッシュによる膣壁の潰瘍形成も否定できません。 4.メッシュ挿入治療前後の注意 退院後はふだんの日常生活は可能ですが、1ヶ月間は激しい運動、自転車、重い物を持つ、性生活などは控えてください。[info.fujita-hu.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状