Create issue ticket

考えれる67県の原因 排尿困難

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 膣炎

    膣炎(ちつえん、英語: Vaginitis)とは、女性の膣に炎症を生じた病態。 細菌性膣炎 カンジダ膣炎 トリコモナス膣炎 萎縮性膣炎(老人性膣炎)[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 良性前立腺肥大症

    前立腺肥大症では、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)、蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)がみられます。[asahikasei-pharma.co.jp] 肥大した前立腺による症状は、尿道閉塞に起因する排尿困難や膀胱の機能変化に起因するものなど様々である。 前立腺肥大症は溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)排尿障害による尿漏出の原因疾患でもある。 診断のためには、排尿障害の程度、前立腺の大きさ、前立腺癌との区別が必要になる。[ja.wikipedia.org] 排尿症状 排尿困難とは、尿が出にくい症状の総称ですが、「尿の勢いが弱い」、「尿が出始めるまでに時間がかかる(尿を出したくでもなかなか出ない)」、「尿が分かれる(尿線が分かれて出る)」、「排尿の途中で尿が途切れる」、「尿をするときに力まなければならない」などの症状があります。 蓄尿症状 前立腺肥大症では、多くの場合頻尿がみられます。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 子宮脱

    膀胱脱 ( 膀胱瘤 )や 直腸脱 ( 直腸瘤 )を併発する場合もあり、 尿道 のねじれを伴って排尿困難をきたす可能性がある。 なお、下記の家畜の例のように、出産に際して、靴下を脱ぐような原理で子宮が裏返しに陥没・下垂・脱出した状態は、人間では「 子宮内反症 」と呼ばれる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性前立腺炎

    症状 [ 編集 ] 主な症状として高熱、下腹部痛、会陰部痛、排尿困難、頻尿、膀胱炎とそれを併発した事による排尿痛、残尿感、筋肉痛、関節痛がある [3] 。 通常は40度前後の 高熱 が出て、 血液 中の 白血球 が増える。[ja.wikipedia.org] 頻尿、残尿感、尿閉、排尿困難排尿痛、射精痛に加え、下腹部の不快感、鈍痛などを伴うことがある。 尿検査により白血球の増加が見られるほか、尿道膀胱鏡検査、直腸診など。また造影剤を使用し腎臓、膀胱や尿の動きをX線で確認するなどの検査を行うこともある。 急性前立腺炎・慢性前立腺炎ともに抗生物質を使用した治療法が主流である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性前立腺炎
  • 乳房の悪性新生物
  • 子宮内膜症

    子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう、 英 : Endometriosis )は、 子宮内膜 やそれに類似した組織が 子宮 内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜症のデータ ICD -10 N80 統計 出典: 世界の患者数 約890万 人 (20xx年xx月xx日) 日本の患者数 約12万 人 (2006年) 子宮内膜症学会 日本 日本産科婦人科学会 世界 この記事は ウィキプロジェクト の 雛形 を用いています 概念 [ 編集 ] 子宮内膜 が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、 転移 や 浸潤 するなど 悪性腫瘍[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状