Create issue ticket

考えれる143県の原因 指の骨合指症

  • 硬結性骨化症 2型

    皮膚性または性の第2および第3により,硬結性はcraniotubular hyperostosisの他の型と鑑別される。 特徴的な骨格異常により本症を疑う(特に症を伴う場合)。典型的には,単純X線を施行する。X線の主な特徴は,頭蓋冠および下顎骨の大きな拡大および硬化である。椎弓根は密であるが,椎体は侵されない。[msdmanuals.com] エントリ 名称 概要 カテゴリ パスウェイ 病因遺伝子 H00484 多発性癒合症候群 近位(趾)は、指節間の関節が癒合している状態のことであるが、多発性癒合症症候群は、更に手根骨や足根骨、その他の関節の癒合も見られ、より重篤である。[kegg.jp] 主な臨床的特徴は顎および顔面の拡大で、二次的に顔の歪みや頭痛につながる頭蓋内圧の増加、脳神経絞扼が起こる。その他の症状として、と高身長が含まれる。本疾患は、LRP5/6 に結合してWnt シグナリングを阻害する SOST 遺伝子の機能欠失型変異によって起こる。[kegg.jp]

  • Tel-Hashomer屈指症症候群

    の部分症 第9章 その他(分類不能例を含む) 第10章 手の先天異常治療での合併症 1 母 2 他の型の多 3  4 対立運動が可能な三指節母指 5 三角状(三角指節骨を含む)による斜指 6 屈指症 7 風車翼手 8 短指症と横軸欠損 9 橈側列欠損 10 先天性橈尺骨癒合症 付録 A 先天異常の用語 B 先天異常における[store.isho.jp] 隣り合ったがくっついているもので、皮膚性合性合があります。頻度は多指症についで多いものです。中指 環指間の指がよく見られます。 手術は生後8ヶ月過ぎくらい以降に可能で指を分離します。隣接する3本以上の指の合指症では分離手術は2回以上に分けて行います。[plaza.umin.ac.jp] A (皮膚性,性) B 深い指間陥凹(指欠損を伴わない裂手症) C 中央列多指症 D 裂手症 E 尺側裂手症(第4指間の深い指間陥凹) F 手の低形成を伴う指列誘導異常(裂手症を含む) 第5章 過成長 A 巨指症 第6章 低成長 A 矮手症 B 短指症 C 斜指症(斜走指) 第7章 先天性絞扼輪症候群 第8章 骨系統疾患および症候群[store.isho.jp]

  • 脂肪浮腫

    (趾)・多指(趾)症など) 4.外傷 (1)頭部・顔面外傷:前頭部、眼窩、鼻骨、頬骨などの顔面骨折、眼瞼・涙道・耳下腺管・顔面神経などの深部損傷を含む顔面軟部組織損傷 (2)四肢外傷:切断指の再接着など手外傷、下腿複雑骨折損傷の再建術など (3)熱傷:初期治療、植皮などの手術、瘢痕拘縮の治療 5.再建術 (1)腫瘍(良性・悪性)切除後の[tdc.ac.jp] しわ 3.先天性異常(主に外表面) (1)頭部・顔面:眼瞼(眼瞼下垂症など)、耳介変形(副耳、耳瘻孔、埋没耳、折れ耳、立ち耳、小耳症など)、外鼻や口唇の変形(鞍鼻、斜鼻、口唇裂など)、頚部(頚嚢胞など) (2)体幹・四肢:乳房や胸郭変形(乳房欠損、漏斗胸など)、臍異常(臍ヘルニア、出臍)、外陰部異常(尿道下裂、外性器異常など)、手足異常([tdc.ac.jp]

  • 三角線維軟骨複合障害

    四肢先天異常手術 母、裂手に対する手術をはじめ、手短縮に対する仮骨延長法、足趾多趾症、足趾趾症手術、裂足症、足趾骨短縮症、絞扼輪症候群、その他、あらゆる四肢先天異常に対する手術を行なっています。[gmhosp.jp] […] diseaseなど)、舟状偽関節 、三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)、屈筋腱損傷 、手の先天異常(多など)、関節リウマチに伴う手の障害 、肘離断性軟骨炎(野球肘)、手の骨軟骨欠損など 手、肘の関節障害 母指CM関節症 中高年の方で、タオルを絞ったり、ビンのふたを開ける時など力を入れると親指(以下、母指と呼びます)の根元[u-tokyo-ortho.jp] 当科で取り扱う代表疾患 手の疾患 外傷(手指の骨折や脱臼、腱・血管・神経の損傷、手指切断)、手指の腱鞘炎、手根管症候群、加齢による手指の関節障害(変形性関節症)、デュピュイトラン拘縮、先天異常(母、母欠損・形成不全、 、屈指ほか)、リウマチによる手指変形、音楽家の手指の障害など 手関節の疾患 橈遠位端骨折とそれに伴う遺残変形[tsuchiya-hp.jp]

  • 足奇形

    過剰を切除すれば、健側と比較すると多少、細く小さいになります。 皮膚性のものと、性のものがあります。 手の場合はいずれにせよ分離手術を必要とします。癒合部分の長さによって手術法も多少変わります。分離に際しては局所皮弁や足の内側からの植皮術を行うことがあります。程度が軽い場合には植皮を行わない方法も可能です。[byouin.metro.tokyo.jp] 先天性肘脱臼 先天性肘変形 三角症候群 趾 (),詳細不明 合指症 合趾症 趾節癒合症 指節癒合症 上腕および前腕の先天(性)欠損,手の存在するもの 上腕単独欠損 手および指の先天(性)欠損 尺側列欠損 橈側列欠損 先天性指欠損 大腿および下腿の先天(性)欠損,足の存在するもの 大腿単独欠損 足および趾 足ゆび の先天(性)欠損[scuel.me] 変形 スペード様手 先天性ばち指 斜指症 膝の先天(性)変形 先天性膝関節脱臼 先天性反張膝 脛骨および腓骨の先天(性)弯曲 先天性脛骨弯曲 先天性腓骨弯曲 脚の長管骨の先天(性)弯曲,詳細不明 先天性長管骨弯曲 その他の明示された先天(性)筋骨格変形 上腕骨内反症 先天性肩脱臼 先天性肩甲骨変形 先天性鎖骨変形 先天性前腕変形 先天性橈頭脱臼[scuel.me]

  • メイターナー症候群

    趾][趾]形成不全症 / 大理石骨症 / 先天性横隔膜ヘルニア / 臍帯ヘルニア / 腹壁破裂 / フォンレックリングハウゼン病 / 結節性硬化症 / ダウン症候群 ※傷病分類は、「第10回修正国際疾病、傷害及び死因分類」によるものです。[hoken.kakaku.com] 食道閉鎖 / 食道憩室 / 先天性肥厚性幽門狭窄 / 先天性食道裂孔ヘルニア / メッケル憩室 / ヒルシュスプルング病 / 胆道閉鎖症 / 先天性胆道拡張症 / 輪状膵 / 先天性膵のう胞 / 双角子宮 / 先天性膣欠損 / 停留精巣[睾丸] / 尿道下裂 / 仮性半陰陽 / 多発性のう胞腎 / 先天性股関節脱臼 / 先天性斜頚 / 多[hoken.kakaku.com]

  • 前頭骨骨髄炎

    形成再建外科の主な疾患と治療方法 切断(肢) 欠損の再建 顔面骨折 多指症 乳がん術後の乳房再建 下腿慢性骨髄炎 切断指(肢) 解説 指が切断された場合、切断された指(肢)の血行を再開させる再接着手術を早急に行わないと、壊死してしまいます。切断指は、まず湿ったガーゼで包んでからビニール袋に入れます。[kanden-hsp.jp] 診療実績 代表疾患 2015 2016 2017 母指多指症(三節母指 含む) 45 40 36 母形成不全 22 34 29 裂手・列誘導障害 21 20 13 13 13 11 先天性絞扼輪症候群 6 10 10 先天性橈尺癒合症 15 24 28 その他の上肢先天異常 40 40 11 肘周辺骨折 13 24 24 その[ncchd.go.jp] 皮膚と軟部組織だけが癒合している皮膚性合指と、まで癒合している性合に 分けられます。また、癒合の高さにより部分指と完全合指に分けられます。発生頻度は多指についで多く、手では第3-4指(中指―環指)間、足では第 2-3趾間に多く発生します。 治療方法 一般的には生後1歳前後にくっついている指の分離手術を行います。[kanden-hsp.jp]

  • 血管運動の不安定性

    診療実績 代表疾患 2015 2016 2017 母指多指症(三節母指 含む) 45 40 36 母形成不全 22 34 29 裂手・列誘導障害 21 20 13 13 13 11 先天性絞扼輪症候群 6 10 10 先天性橈尺癒合症 15 24 28 その他の上肢先天異常 40 40 11 肘周辺骨折 13 24 24 その[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全といった四肢の先天性欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] さらにO脚、X脚、片側肥大などの下肢のアラインメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全といった四肢の先天性欠損あるいは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp]

  • 変形治癒骨折

    診療実績 代表疾患 2015 2016 2017 母指多指症(三節母指 含む) 45 40 36 母形成不全 22 34 29 裂手・列誘導障害 21 20 13 13 13 11 先天性絞扼輪症候群 6 10 10 先天性橈尺癒合症 15 24 28 その他の上肢先天異常 40 40 11 肘周辺骨折 13 24 24 その[ncchd.go.jp] 他にも、O脚、X脚、片側肥大などの下肢のアライメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全といった四肢の先天性欠損ないしは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp] さらにO脚、X脚、片側肥大などの下肢のアラインメント異常、先天性の脛骨欠損症、腓骨欠損症、先天性下腿偽関節症、大腿骨形成不全といった四肢の先天性欠損あるいは形成不全、化膿性関節炎や骨髄炎、骨折などが治癒した後の遺残変形や成長障害に対する再建、、多指症、裂手症、橈側列形成不全(母指形成不全)などの手や足の先天異常や、四肢の骨折なども[ncchd.go.jp]

  • 多合指症

    手では中指と薬指に多くみられ、足では第2,3の間に生じる傾向にあります。皮膚のみくっついているもの(皮膚性合)およびや関節もくっついているもの(性合)があります。指の程度には、指の先端までくっついている高度なものから、指の間の水掻き目立つ程度の軽いものまであります。手術によりくっついた指を切り離します。[med.fukuoka-u.ac.jp] 単純型では軟部組織のみが癒合するが,複雑型ではも癒合する。複雑型はApert症候群(頭蓋縫合早期癒合症を伴う)でみられる。環指と小指の合指症は眼歯指異形成症でよくみられる。Smith-Lemli-Opitz症候群は,第2趾と第3趾ののほか複数の他の先天奇形を合併する。[msdmanuals.com] 過剰を切除すれば、健側と比較すると多少、細く小さいになります。 皮膚性のものと、性のものがあります。 手の場合はいずれにせよ分離手術を必要とします。癒合部分の長さによって手術法も多少変わります。分離に際しては局所皮弁や足の内側からの植皮術を行うことがあります。程度が軽い場合には植皮を行わない方法も可能です。[byouin.metro.tokyo.jp]

さらなる症状