Create issue ticket

考えれる12県の原因 持続的減速-デルタ波, 錯乱

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 細胞外液中の主要な陽イオンはナトリウムであり体内の総ナトリウムの増減は細胞外液の増減を意味する. ナトリウム濃度の調節は腎におけるナトリウムの水の調節によってほとんど決定されており, 高ナトリウム血症はナトリウムよりもむしろ水の調節異常と理解するほうが実際的である. 低ナトリウム血症は, 絶対的なナトリウム欠乏の場合と, 相対的な水の過剰の場合がある. 治療に当たっては病態の正確な理解が必要不可欠である.[doi.org]

  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

  • 脳震盪
  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    側頭葉以外に起始場合には 凝視 を欠き、 歩行性自働症 、両側四肢の持続的運動および強直性の反体側への頭部、眼球の運動を特徴とする場合、あるいは転倒発作で開始され、 錯乱 と健忘を伴い、徐々に回復するタイプがある [12] 。[bsd.neuroinf.jp] 錯乱性覚醒 は覚醒後数十分間、 失見当識 や思考の緩慢さが見られる。これらの状態は 前頭葉てんかん との鑑別に重要である。 入眠時ミオクローヌス 入眠時ミオクローヌス とは、入眠期に起こる短い不規則な筋の収縮であり、発生機序は不明である。 ミオクロニー発作 、 単純部分発作 との鑑別に重要である。[bsd.neuroinf.jp] 夜驚症、夢中遊行、錯乱性覚醒 いずれも主に小児にみられ、 ノンレム睡眠 からの覚醒障害により生ずると考えられている。 夜驚症 は睡眠中に突然起きだし 恐怖 に満ちた叫び、外界からの刺激に反応せず、混乱、 失見当識 を示す。 夢中遊行 は睡眠中に起き上がり、開眼し歩き回る。その後布団に戻って眠ることが多い。[bsd.neuroinf.jp]

  • 髄膜脳炎
  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳腫瘍
  • 急性間欠性ポルフィリン症

さらなる症状

類似した症状