Create issue ticket

考えれる47県の原因 持続勃起症

  • 急性膀胱炎

    急性膀胱炎 どんな病気? 女性に多い病気です。男性ではまれです。年齢を問わず罹りますが、若い方に多く見られます。 女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。 通常は菌が入っても膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、次の様な要因が重なると膀胱炎になります。 膀胱炎の要因は? ストレス、疲れ、体調不良(風邪を引いた後など)、冷え症、尿を我慢しすぎた、1日の尿量が少ない、性行為など どんな症状? 排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い 検査は?[…][knuc.jp]

  • 尿道炎

    概要 疾患のポイント: 尿道炎とは、パートナーに感染している原因菌が性行為により外尿道口から尿道内に侵入して発症する炎症で、性感染症(sexually transmitted infections、STI)の一種である。 男性の性感染症の年次推移: 図表 淋菌性尿道炎: 感染機会があり2 7日の潜伏期間の後、急激に発症し、強い排尿痛、多量の膿性尿道分泌物を認める場合、淋菌性尿道炎を疑う。 尿道分泌物または初尿沈渣のグラム染色鏡検法で、多数の白血球と白血球に貪食されたグラム陰性双球菌(淋菌)が確認される( 図表 )。分離培養法または核酸増幅同定法で淋菌陽性の場合に確定診断となる。淋菌性尿道炎の20[…][clinicalsup.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 陰茎骨折

    また、他の全身疾患(白血病・痛風など)に併発して持続勃起が起きることがある。勃起を支配する中枢神経系の腫瘍などの病的異常によっても起こる。前立腺や尿路などの炎症が勃起を誘発させる神経刺激を持続持続勃起を起こす場合もある。持続勃起は陰茎海綿体に血栓を引き起こす。[ja.wikipedia.org] 持続勃起は通常10日間以内とされるが、持続が更に長期に渡る場合は海綿体組織が繊維化し軟骨やカルシウム沈着によって骨に移行する例もある。持続勃起が発現した場合は、早期に受診し原因となる病気の究明がまず優先される。[ja.wikipedia.org]

  • 急性前立腺炎

    急性前立腺炎 (きゅうせいぜんりつせんえん)とは、 前立腺 が 細菌 に 感染 して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事である [1] 。正確には 急性細菌性前立腺炎 (きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる [2] 。 原因 [ 編集 ] 前立腺炎 は多くが原因が解明されていないが、この急性前立腺炎は原因が解明されている [1] 。 尿道 、 血管 、 リンパ腺 を通ってきた細菌が原因になるもので、多くの場合は尿道を通して感染が起こる。細菌としては 大腸菌 、 緑膿菌 等の 腸内細菌 が主なもので、その他には 腸球菌 や ブドウ球菌 のような 球菌[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄炎

    本文 このガイドラインを書籍として購入することができます。 詳細はこちら ※このガイドラインは、日本神経学会より許可を得て掲載しています。 ※書誌情報には、評価対象となった発行物の情報を記載しています。 ※著作権者の意向により、閲覧できる内容が評価対象となった発行物から変更になっている場合があります。 目次 執筆者一覧 神経疾患診療ガイドラインの発行にあたって 序 略語一覧 総論 1:中枢神経系炎症性脱髄疾患概念 1.概論 2.多発性硬化症(MS) 3.視神経脊髄炎(NMO) 4.バロー同心円硬化症(BCS) 5.急性散在性脳脊髄炎(ADEM) 6.急性横断性脊髄炎(ATM)[…][minds.jcqhc.or.jp]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    骨髄性増殖疾患は、骨髄内での造血幹細胞から血球細胞の前駆細胞、及び成熟血球細胞までが異常増殖を起こしてしまう骨髄家腫瘍疾患です。 主な骨髄増殖性疾患には「骨髄繊維症」や「新生赤血球増加症(真性多血症)」慢性骨髄性白血病」「本能性血小板血症」などがあり、それぞれの様々な症状が出ることがあります。 病気のことから治療法まで血液医療専門の 先生からわかりやすく解説して頂きます。 13:00 13:50 骨髄線維症の病態・診断・治療について 順天堂大学 血液内科 小松 則夫 先生 14:00 14:50 真性赤血球増加症と本能性血小板血症の病態・診断・治療について[…][cancerchannel.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    QLifePro 医療ニュース 医療 ギラン・バレー症候群に対する医師主導治験結果発表、新規治療の可能性示唆—千葉大ら 2018年04月25日 PM12:45 重症患者の治療が困難なギラン・バレー症候群 日本医療研究開発機構( AMED )は4月23日、千葉大学病院が重症のギラン・バレー症候群の患者に対し、ヘモグロビン尿症等の治療薬として市販されているエクリズマブを投与する臨床試験を行い、その結果を発表した。この研究は、同大大学院医学研究院・神経内科学の桑原聡教授、近畿大学内科学講座・神経内科部門の楠進教授らの研究グループによるもの。研究成果は、国際医学雑誌「The Lancet[…][qlifepro.com]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病

    ※本情報は一般に公開されている 治験 ・ 臨床試験 情報を引用・抜粋しております 治験名 新規に 慢性期 (CP)の フィラデルフィア染色体 陽性 慢性骨髄性白血病 ( CML )と診断された患者に対するニロチニブ(商品名:タシグナ)の 有効性 と 安全性 を検証する第Ⅲ相試験 治験の概要 本治験は、慢性期(CP)のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病(CML)患者に対してイマチニブ(商品名:グリベック)投与後に抵抗性あるいは 不耐[…][oncolo.jp]

さらなる症状