Create issue ticket

考えれる31県の原因 拡大肝細胞

  • 門脈性肝硬変

    門脈域の緻密な線維化を認め、しばしば円形の線維性拡大を呈する。細胞の過形成像がみられ、時に結節状過形成を呈する。ただし、周囲に線維化はなく、肝硬変の再生結節とは異なる。 3)脾臓の肉眼所見:著しい腫大を認める。[nanbyou.or.jp] トップ 肝疾患最新医療 肝疾患最新医療 実施施設:大阪大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、関西医科大学附属滝井病院、大阪市立大学医学部附属病院 はじめに 近年の日本における移植の進展はめざましく、小児患者から成人患者へ、代謝性・ 先天性疾患からウィルス性肝硬変、 細胞癌へとその対象が拡大されてきました。[hosp.med.osaka-cu.ac.jp] 移植の適応 肝移植の適応となる疾患には種々の原因による肝硬変、先天性胆道閉鎖症、原発性胆汁性肝硬変などの胆汁うっ帯性肝炎、先天性代謝性疾患、劇症肝不全やバッドキアリ症候群などがあります(表1)。[hosp.med.osaka-cu.ac.jp]

  • 遺伝性平滑筋腫症と腎細胞癌

    ストレス耐性に関する研究 移植技術を応用した拡大手術法開発に関する研究 の幹細胞と再生に関する研究 胆道癌の集学的治療に関する研究 肝移植に関する研究 胸部外科学 南谷 佳弘 呼吸器外科 食道外科 乳腺・内分泌外科 肺障害 外科侵襲 癌免疫 心臓血管外科学 山本 浩史 角浜 孝行 体外循環の安全性確立に関する研究 心筋保護法の改良に関[med.akita-u.ac.jp] 病態学 免疫・アレルギー疾患の病態・検査学と治療への応用 免疫・アレルギー疾患での好酸球・炎症細胞の細胞分子生物学的研究 医療情報学 次世代型病院情報システム,電子カルテシステムの研究 医療情報システムの相互運用性に関する研究 医療情報システム・ネットワークのセキュリティに関する研究 電子タグの医療応用に関する研究 消化器外科学 山本 雄造 [med.akita-u.ac.jp]

  • 肝細胞癌

    除外事項がない細胞癌症例は、もともと数が限られますし、生体移植の健保適応を拡大することが検討されてもよいのではないでしょうか。生体移植が、唯ひとつの肝細胞癌根治手術である以上、その適否を決定することは、患者さんの生死を決める結果となります。[tokumen.co.jp] 僅かですがミラノ基準が拡大され、その結果移植を受けられる肝細胞癌症例が増加しました。勿論、ミラノ基準と同様な除外事項があります。20年以上にわたり肝移植療法をうけた肝細胞癌症例の中でUCSF基準とミラノ基準を満たした例の術後5年生存率に統計学的な有意差がなかったので、ミラノ基準をUCSF基準にまで拡大できる、と結論されています。[tokumen.co.jp]

  • 脂肪肝

    顕微鏡で肝臓の細胞を見ると、細胞のなかに油の粒がパンパンに溜まっているのを確認できます(図1)。 非アルコール性脂肪(NAFL)の顕微鏡写真 弱拡大 線維を染める染色では,線維(青色)はほとんど見られません。 強拡大 細胞の中に油の粒がつまっています(白い丸いところ)。これが脂肪肝です。[kanen.ncgm.go.jp] 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の顕微鏡写真 弱拡大 線維を染める染色では,線維(青色)が網目状に見えます.肝臓が硬くなっている所見です. 強拡大 細胞が膨れて,中にもやもやしたものが見えます(風船化).一方,画面右下は脂肪化です.[kanen.ncgm.go.jp]

  • 急性呼吸不全

    そのため肝臓への酸素供給量は低下し,低酸素血症も加わり細胞障害が引き起こされる。中心静脈圧上昇により洞様血管(sinusoid)が拡大され,周囲の細胞が物理的に圧迫されることも肝障害を増悪させる要因になる。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性肝硬変

    顕微鏡で肝臓の細胞を見ると、細胞のなかに油の粒がパンパンに溜まっているのを確認できます(図1)。 非アルコール性脂肪(NAFL)の顕微鏡写真 弱拡大 線維を染める染色では,線維(青色)はほとんど見られません。 強拡大 細胞の中に油の粒がつまっています(白い丸いところ)。これが脂肪肝です。[kanen.ncgm.go.jp] トップ 肝疾患最新医療 肝疾患最新医療 実施施設:大阪大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、関西医科大学附属滝井病院、大阪市立大学医学部附属病院 はじめに 近年の日本における移植の進展はめざましく、小児患者から成人患者へ、代謝性・ 先天性疾患からウィルス性肝硬変、 細胞癌へとその対象が拡大されてきました。[hosp.med.osaka-cu.ac.jp] 近年の日本における肝移植の発展はめざましく、かつては小児患者のみしか施行し得なかった生体部分肝移植手術も成人患者へと応用され、その対象疾患も、代謝性・ 先天性疾患にくわえウイルス性肝硬変、細胞がんへとその適応が拡大されてきました。[www2.med.osaka-u.ac.jp]

  • 慢性胆嚢炎

    癌の進行度によって胆管切除術のみの簡単な手術から肝切除術・膵頭十二指腸切除術までの拡大手術を行います。手術が困難な場合は化学療法や放射線療法を行います。 肝臓癌 肝臓癌には細胞癌・胆管細胞癌・転移性腫瘍・肉腫があります。わが国の肝細胞癌は年々増加しています。この肝細胞癌患者は肝になんらかの疾患を有し特に肝炎・肝硬変がみられます。[niigata-cc.jp]

  • 肝臓疾患

    顕微鏡で肝臓の細胞を見ると、細胞のなかに油の粒がパンパンに溜まっているのを確認できます(図1)。 非アルコール性脂肪(NAFL)の顕微鏡写真 弱拡大 線維を染める染色では,線維(青色)はほとんど見られません。 強拡大 細胞の中に油の粒がつまっています(白い丸いところ)。これが脂肪肝です。[kanen.ncgm.go.jp] 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の顕微鏡写真 弱拡大 線維を染める染色では,線維(青色)が網目状に見えます.肝臓が硬くなっている所見です. 強拡大 細胞が膨れて,中にもやもやしたものが見えます(風船化).一方,画面右下は脂肪化です.[kanen.ncgm.go.jp]

  • 急性大動脈弁逆流

    13.肝胆膵外科手術における血管再建手技【Video・International】 日本では肝門部胆管癌や膵癌の局所進行例、あるいは門脈・下大静脈腫瘍栓を伴う細胞癌、転移性腫瘍の肝静脈根部浸潤例などに対し、血管合併切除・再建を伴う拡大切除が積極的に行われてきた。[jssoc.or.jp]

  • 術後膵臓炎

    新たな分子標的治療薬の開発のみならず、他の抗がん剤との併用療法の開発、手術あるいは局所療法と組み合わせた補助療法としての有効性など、その適応の拡大が多いに期待される。細胞癌治療における分子標的治療薬の現状と、治療戦略の今後の展望について討論して頂きたい。 7.[c-linkage.co.jp]

さらなる症状