Create issue ticket

考えれる57県の原因 拡大肝細胞

  • 門脈性肝硬変

    門脈域の緻密な線維化を認め、しばしば円形の線維性拡大を呈する。細胞の過形成像がみられ、時に結節状過形成を呈する。ただし、周囲に線維化はなく、肝硬変の再生結節とは異なる。 3)脾臓の肉眼所見:著しい腫大を認める。[nanbyou.or.jp] トップ 肝疾患最新医療 肝疾患最新医療 実施施設:大阪大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、関西医科大学附属滝井病院、大阪市立大学医学部附属病院 はじめに 近年の日本における移植の進展はめざましく、小児患者から成人患者へ、代謝性・ 先天性疾患からウィルス性肝硬変、 細胞癌へとその対象が拡大されてきました。[hosp.med.osaka-cu.ac.jp] 門脈域周囲、小葉内での巣状壊死による細胞の脱落、そして細胞の不完全な再生、線維化がさらに進行すると、小葉は大きく構造を変化させていきます。 肝硬変: 線維化の拡大や結節の増加などにより、肝小葉の虚脱とびまん的な線維性隔壁形成が起こります。慢性肝炎では肝小葉構築が保たれていますが、肝硬変になると基本的な肝小葉の構造は失われます。[ds-pharma.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    ) 第III相 国際共同治験 卵巣がん (適応拡大) 第III相 国際共同治験 前立腺がん (適応拡大) 第III相 国際共同治験 細胞がん (適応拡大) 第III相 国際共同治験 頭頸部がん(維持療法) (適応拡大) 第III相 国際共同治験 RG6268 固形がん [ NTRK 融合遺伝子陽性] 申請中 (18/12) エヌトレクチニブ[chugai-pharm.co.jp] 製品名未定 経口 ロシュ社 / Nerviano Medical Sciences ROS1/TRK阻害剤 非小細胞肺がん 第II相 国際共同治験 RG435 腎細胞がん (適応拡大) 第III相 国際共同治験 ベバシズマブ アバスチン 注射 ロシュ社 Avastin 抗VEGF(血管内皮増殖因子)ヒト化モノクローナル抗体 細胞がん ([chugai-pharm.co.jp] がん(アジュバント) (適応拡大) 第III相 国際共同治験 アレクチニブ塩酸塩 アレセンサ 経口 自社 Alecensa (ロシュ社) ALK阻害剤 GC33/RG7686 細胞がん 第I相 国際共同治験* codrituzumab 製品名未定 注射 自社 (ロシュ社) 抗グリピカン3ヒト化モノクローナル抗体 CKI27 固形がん 第I[chugai-pharm.co.jp]

  • アルコール性肝疾患

    肝硬変から細胞癌に至る一連のスペクトルが判明した以上は、NAFLDの概念をこれらを含めた全病態に拡大した方が分かりやすいかもしれません( 図2 をご覧ください)。その上で脂肪症を独立させて、NAFL(Non-Alcoholic Fatty Liver)と呼んでもよいのではないでしょうか? [tokumen.co.jp]

  • 遺伝性平滑筋腫症と腎細胞癌

    ストレス耐性に関する研究 移植技術を応用した拡大手術法開発に関する研究 の幹細胞と再生に関する研究 胆道癌の集学的治療に関する研究 肝移植に関する研究 胸部外科学 南谷 佳弘 呼吸器外科 食道外科 乳腺・内分泌外科 肺障害 外科侵襲 癌免疫 心臓血管外科学 山本 浩史 角浜 孝行 体外循環の安全性確立に関する研究 心筋保護法の改良に関[med.akita-u.ac.jp] 病態学 免疫・アレルギー疾患の病態・検査学と治療への応用 免疫・アレルギー疾患での好酸球・炎症細胞の細胞分子生物学的研究 医療情報学 次世代型病院情報システム,電子カルテシステムの研究 医療情報システムの相互運用性に関する研究 医療情報システム・ネットワークのセキュリティに関する研究 電子タグの医療応用に関する研究 消化器外科学 山本 雄造 [med.akita-u.ac.jp]

  • 総胆管瘻造設

    胆、膵(83) 病名 術式 症例数 細胞区域切除術 1 転移性肝腫瘍 肝切除術 3 胆嚢癌 拡大胆嚢摘出術(肝切除 胆嚢摘除) 1 胆管癌 膵頭十二指腸切除術 1 膵癌 膵頭十二指腸切除術(門脈再建を含む) 7 胆石症、胆嚢炎 腹腔鏡下胆嚢摘出術 52 開腹胆嚢摘出術 14 総胆管結石 胆嚢摘出、総胆管切開切石、チューブ留置術 4[tamagawa-hosp.jp] 1 腸閉塞 イレウス解除術(腸切除を含む)(開腹) 12 イレウス解除術(癒着剥離)(開腹) 8 イレウス解除術(癒着剥離)(腹腔鏡下) 13 肛門(15) 病名 術式 症例数 直腸脱 Altemier法 2 腹腔鏡下根治術 1 痔核 痔核根治術 6 痔瘻 痔瘻根治術 1 肛門周囲膿瘍 切開排膿術 3 肛門部腫瘍 経肛門的腫瘍切除術 2 [tamagawa-hosp.jp]

  • 中心静脈圧の上昇

    同意を得て採取した組織で,毛細胆管・Disse腔内の胆汁うっ滞,中心静脈・類洞の拡大細胞の融解性壊死,肝細胞萎縮などを認め,循環不全に伴うショック肝と診断した.肝線維化は軽度であり,類洞などへの血栓形成は認めず,炎症所見も乏しく,核内封入体や細胞質封入体は認めず,小葉間胆管の減少も認めなかった( Fig. 3 ).[jpccs.jp] 細胞死の基礎的な原因は,おそらく類洞血栓症が中心静脈と門脈分枝に拡大する結果,虚血が生じるためと考えられる。 大半の患者は無症状である。しかしながら,中等度のうっ血では右上腹部の不快感(肝被膜の進展による)および圧痛を伴う肝腫大が生じる。重度のうっ血では,巨大な肝腫大と黄疸が生じる。[msdmanuals.com]

  • 肝細胞癌

    除外事項がない細胞癌症例は、もともと数が限られますし、生体移植の健保適応を拡大することが検討されてもよいのではないでしょうか。生体移植が、唯ひとつの肝細胞癌根治手術である以上、その適否を決定することは、患者さんの生死を決める結果となります。[tokumen.co.jp] 僅かですがミラノ基準が拡大され、その結果移植を受けられる肝細胞癌症例が増加しました。勿論、ミラノ基準と同様な除外事項があります。20年以上にわたり肝移植療法をうけた肝細胞癌症例の中でUCSF基準とミラノ基準を満たした例の術後5年生存率に統計学的な有意差がなかったので、ミラノ基準をUCSF基準にまで拡大できる、と結論されています。[tokumen.co.jp]

  • 急性呼吸不全

    そのため肝臓への酸素供給量は低下し,低酸素血症も加わり細胞障害が引き起こされる。中心静脈圧上昇により洞様血管(sinusoid)が拡大され,周囲の細胞が物理的に圧迫されることも肝障害を増悪させる要因になる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性胆嚢炎

    癌の進行度によって胆管切除術のみの簡単な手術から肝切除術・膵頭十二指腸切除術までの拡大手術を行います。手術が困難な場合は化学療法や放射線療法を行います。 肝臓癌 肝臓癌には細胞癌・胆管細胞癌・転移性腫瘍・肉腫があります。わが国の肝細胞癌は年々増加しています。この肝細胞癌患者は肝になんらかの疾患を有し特に肝炎・肝硬変がみられます。[niigata-cc.jp]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    日本肝臓学会の「癌診療ガイドライン」[ 13 ]の治療アルゴリズムを図1に記載する。 (*クリックすると拡大表示します) 1.外科的切除 1)概論 移植とならび肝細胞がんにおける唯一の根治的治療であり、あらゆる肝細胞がんの患者において外科切除が可能かどうか検討されるべきである。[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状