Create issue ticket

考えれる26県の原因 拡大した髄管

  • 頭部外傷

    また、もともと頸椎椎間板ヘルニアや頸椎後縦靭帯骨化症で頸部脊柱狭窄がある場合は軽微な頭部外傷で頚損傷をきたすことがあります。頸椎前方・後方固定術や脊柱拡大術(椎弓形成術)を行うこともあります。 (文責:髙橋 伸明) 脳の病気一覧 脳神経外科 専門医のご紹介[fukuokanh.jp] また、もともと頸椎椎間板ヘルニアや頸椎後縦靭帯骨化症で頸部脊柱狭窄がある場合は軽微な頭部外傷で頚損傷をきたすことがあります。頸椎前方・後方固定術や脊柱拡大術(椎弓形成術)を行うこともあります。 (文責:髙橋 伸明) 脳の病気一覧 脳神経外科 専門医のご紹介 頭部外傷は日常生活でよく遭遇する出来事です。[fukuokanh.jp]

  • 先天性難聴

    例えば、内耳奇形、前庭水拡大症、蝸牛神経低形成、遺伝性難聴、胎生期の感染(先天性サイトメガロウイルス感染など)、ムンプス、麻疹、膜炎、脳炎、薬剤性などが挙げられます。音をシャープにすることができないので、音が聞こえたとしても明瞭度が悪く、言葉の弁別が難しい状態です。音を大きくするだけでよく聞こえるようになるわけではありません。[med.kobe-u.ac.jp]

  • 頸部脊柱管狭

    慶應義塾大学の脊椎・脊髄診療班は日本のパイオニアとして、片開き式頚部脊柱拡大術(ELAP)、経皮的核摘出術(PN)などオリジナリティーが高く、世界に広く用いられている手術術式を考案し、この分野で指導的役割を果たしてきました。現在7名の専門医(脊椎内視鏡下手術・技術認定医2名)を擁し、年間手術件数は500件を超えています。[keio-ortho.jp] 拡大椎弓切除術) 腰椎椎間板ヘルニア(内視鏡下ヘルニア摘出術) 腰椎椎間板ヘルニア(経皮的核摘出術) 腰椎椎間板ヘルニア(顕微鏡下ヘルニア摘出術) 腰椎変性すべり症・腰椎分離すべり症(腰椎固定術) 梨状筋症候群(梨状筋切開術) 肘部管症候群(肘部管開放術) 手根管症候群(手根管開放術) 足根管症候群(足根管開放術) 頸椎症性脊髄症―一塊椎弓形成法頸椎脊柱管拡大術[takasugihosp.org] 脊髄硬膜動静脈瘻・AVF 脊髄硬膜内腫瘍 脊髄外傷後および脊髄くも膜炎に伴う脊髄空洞症(空洞くも膜下短絡術SS shuntおよび空洞腹腔短絡術SP shunt) 脊椎腫瘍・脊椎外傷による不安定症・椎間板炎・椎体炎・脊椎のすべり症・変形性側弯症(脊椎後方固定術) 脊椎のケガ・脊髄のケガ・脊椎脊髄外傷 椎体圧迫骨折(経皮的椎体形成術) 腰部脊柱狭窄症[takasugihosp.org]

  • 棘突起骨折

    慶應義塾大学の脊椎・脊髄診療班は日本のパイオニアとして、片開き式頚部脊柱拡大術(ELAP)、経皮的核摘出術(PN)などオリジナリティーが高く、世界に広く用いられている手術術式を考案し、この分野で指導的役割を果たしてきました。現在7名の専門医(脊椎内視鏡下手術・技術認定医2名)を擁し、年間手術件数は500件を超えています。[keio-ortho.jp]

  • 腰部脊椎症

    慶應義塾大学の脊椎・脊髄診療班は日本のパイオニアとして、片開き式頚部脊柱拡大術(ELAP)、経皮的核摘出術(PN)などオリジナリティーが高く、世界に広く用いられている手術術式を考案し、この分野で指導的役割を果たしてきました。現在7名の専門医(脊椎内視鏡下手術・技術認定医2名)を擁し、年間手術件数は500件を超えています。[keio-ortho.jp]

  • 頸部脊椎症

    拡大椎弓切除術) 腰椎椎間板ヘルニア(内視鏡下ヘルニア摘出術) 腰椎椎間板ヘルニア(経皮的核摘出術) 腰椎椎間板ヘルニア(顕微鏡下ヘルニア摘出術) 腰椎変性すべり症・腰椎分離すべり症(腰椎固定術) 梨状筋症候群(梨状筋切開術) 肘部管症候群(肘部管開放術) 手根管症候群(手根管開放術) 足根管症候群(足根管開放術) 頸椎症性脊髄症―一塊椎弓形成法頸椎脊柱管拡大術[takasugihosp.org] 脊髄硬膜動静脈瘻・AVF 脊髄硬膜内腫瘍 脊髄外傷後および脊髄くも膜炎に伴う脊髄空洞症(空洞くも膜下短絡術SS shuntおよび空洞腹腔短絡術SP shunt) 脊椎腫瘍・脊椎外傷による不安定症・椎間板炎・椎体炎・脊椎のすべり症・変形性側弯症(脊椎後方固定術) 脊椎のケガ・脊髄のケガ・脊椎脊髄外傷 椎体圧迫骨折(経皮的椎体形成術) 腰部脊柱狭窄症[takasugihosp.org]

  • 硬膜下血腫

    また、もともと頸椎椎間板ヘルニアや頸椎後縦靭帯骨化症で頸部脊柱狭窄がある場合は軽微な頭部外傷で頚損傷をきたすことがあります。頸椎前方・後方固定術や脊柱拡大術(椎弓形成術)を行うこともあります。 (文責:髙橋 伸明) 脳の病気一覧 脳神経外科 専門医のご紹介[fukuokanh.jp] また、もともと頸椎椎間板ヘルニアや頸椎後縦靭帯骨化症で頸部脊柱狭窄がある場合は軽微な頭部外傷で頚損傷をきたすことがあります。頸椎前方・後方固定術や脊柱拡大術(椎弓形成術)を行うこともあります。 (文責:髙橋 伸明) 脳の病気一覧 脳神経外科 専門医のご紹介 頭部外傷は日常生活でよく遭遇する出来事です。[fukuokanh.jp]

  • 脊椎転移

    慶應義塾大学の脊椎・脊髄診療班は日本のパイオニアとして、片開き式頚部脊柱拡大術(ELAP)、経皮的核摘出術(PN)などオリジナリティーが高く、世界に広く用いられている手術術式を考案し、この分野で指導的役割を果たしてきました。現在7名の専門医(脊椎内視鏡下手術・技術認定医2名)を擁し、年間手術件数は500件を超えています。[keio-ortho.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    ) 主な症状、特徴 脊髄中心拡大;20 30代の下部頚、上部胸髄に多い 解離性知覚麻痺( 温・痛覚は消失するが、深部覚、二点識別覚は残存) 梅毒(スピロヘータ)による脊髄後根・後索の変性病病変; 腱反射・瞳孔反射の消失、ロンベルグ徴候、電撃性の疼痛様疼痛、痛覚脱出 (一般 ) 筋委縮性側索硬化症(ALS) 主な症状 反射が亢進した四肢[studyblue.com] 出産時の仮死分娩が多い 錐体路系障害を主体とし、てんかんや知覚障害をともなうこともある;知能障害は運動障害の程度に比例 大脳基底核の障害による;知能の低下はなく、不随意無制御運動を特徴とする (一般 ) 脊髄性小児麻痺(急性灰白質髄炎) 病態 ポリオウイルスにより脊髄前角細胞が侵されて生じる小児麻痺 (一般 ) 脊髄性小児麻痺(急性灰白質[studyblue.com]

  • 硬膜外血腫

    また、もともと頸椎椎間板ヘルニアや頸椎後縦靭帯骨化症で頸部脊柱狭窄がある場合は軽微な頭部外傷で頚損傷をきたすことがあります。頸椎前方・後方固定術や脊柱拡大術(椎弓形成術)を行うこともあります。 (文責:髙橋 伸明) 脳の病気一覧 脳神経外科 専門医のご紹介[fukuokanh.jp] また、もともと頸椎椎間板ヘルニアや頸椎後縦靭帯骨化症で頸部脊柱狭窄がある場合は軽微な頭部外傷で頚損傷をきたすことがあります。頸椎前方・後方固定術や脊柱拡大術(椎弓形成術)を行うこともあります。 (文責:髙橋 伸明) 脳の病気一覧 脳神経外科 専門医のご紹介 頭部外傷は日常生活でよく遭遇する出来事です。[fukuokanh.jp]

さらなる症状