Create issue ticket

考えれる1県の原因 拡大した近位大腿骨端

  • 代謝性骨疾患

    また、大腿では初期病変はに現れ、趾骨や尾骨の瘤状病変は瀰慢性骨増生病変の上に添加されるように生じていた。なお、関節には異常がなかった。病理組織学的には、著明な外骨膜性造骨が観察された。増生骨の成熟度は、一個体でも部位によって異なり、1本の骨でも新旧の増生骨が認められた。[spdp.jp] 経時的観察と初期病変の観察により、単純な皮質骨の外骨膜性肥厚に始まり、中期では肥厚した増生骨の中央に新たな髄腔の形成がおき、末期ではさらに髄腔が拡大し、皮質の二重化が明瞭となった。本来の髄腔の容積は変わらないか、あるいは拡大していた。[spdp.jp]

さらなる症状